Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「偉大なる知性vs空飛ぶスパゲッティ・モンスター」

副題だけを読むと「管理人ついにとち狂ったか」という声が聞こえてきそうです。が、今回はアメリカの公教育の場で問題となっているインテリジェント・デザイン説についてです。

生物の誕生とその進化の過程を知ることは人類にとって大きなテーマのひとつです。
日本においては、
「最初に単純な生命が発生し、長い年月をかけて徐々に高等な生物に進化してきた」
という進化論が最も一般的な理解だといえるでしょう。この最初の生命をLUCAと言い、全ての生物の共通祖先だと考えられています。

進化論を採用する場合、各種宗教における創造論の立場が危うくなることが簡単に想像できます。例えばキリスト教・ユダヤ教・イスラム教では、神様がこの世界と「現存する」生物を作り、最後に人間を作ったと教えています。仏教やヒンズー教でも世界の創造という似たような考え方がみられます。

神による「現存する」生物の創造という考え方は進化論とは全く相容れない性質のものに見えます。生物は進化によって現在の姿形を獲得したのではなく、神様が現在見られる生き物を世界の始めのほうで既に作り出してしまっているからです。

このことは西洋キリスト教国において大きな問題となりました。科学の発展に伴って進化論が無視できない程の力を持つようになり、西洋社会の根底にあるキリスト教思想と鋭い緊張関係に立つようになったのです。

「神による世界の創造」という聖書の記述に科学性を認める立場を創造科学といいます(ただし実証不可能な論証を数多く含むため、厳密な意味での科学とは呼べないかもしれません)。創造科学者にとって、近代科学を取り入れて日々その力を増大させる進化論と、自らの信奉する神による創造という世界観との間で、一定の折り合いをつけることは避けて通れないものとなりました。

そのすり合わせの結果生まれたのがインテリジェント・デザイン(ID)説です。

ID説の最大の特徴は、宗教色を薄めた創造論を展開している点にあります。
創造科学の段階では「神」による世界の創造を前提とし、聖書の記述を出来るだけ”科学的に”説明することを目標としていました。
しかしID説では、「偉大なる知性」が宇宙や生命を創造した、と捉えています。
そして「原始的な生命が高等な生物に進化してきた」という進化論を一部取り入れつつも、そのような生物の進化の過程は「偉大なる知性による操作の結果である」と主張しているのです。

生物の精巧な身体の造りや、絶妙なバランスの上に成り立つ生命システムはまさに”Devine(神の為せる業)”です。現代の科学技術をもってしても人体の細胞と同じ働きをする機関ひとつ作り出すことは出来ません。

このような精妙なシステムが現在のように機能するには「偉大な知性による設計(Intelligent Design)」が必要であり、まさに世界の自然の仕組みの存在自体が神の如き偉大なる知性の存在を証明している、というのがID論者の発想です。この考えはカントの言う「神の自然神学的証明」とほぼ一致します。

さて。ここまで見てこれば明らかなように、偉大なる知性が進化を主導した、という考え方に対して論理的な反論を行うことは非常に困難です。「操作が実際にあったから現在のような世界が存在する」と主張するID論者に対して、これを反駁するには(1)偉大なる知性が存在しないことを立証する、あるいは(2)操作がなかったことを証明する、いずれかの方法しかないからです。

(1)は思想・信条の世界に属する事柄であり、科学的な証明にはなじみません。(2)も「全ての進化の過程において操作の痕跡が残っていない」という事を示さなければなりません。悪魔の証明(追記参照)もいいとこです。

このように、ID説は「神」という表現を避けることで見た目上の宗教色が薄くし、また否定も肯定も出来ないという性質を持っています。そのため聖書信仰が薄れている一般のキリスト教徒だけでなく、非キリスト教徒に対しても受け入れを求めることが可能であり、また政教分離の原則を回避しやすくなっています。進化論に押されて権威の揺らいでいた創造科学者・保守的キリスト教主義者にとって、自分達の力を盛り返す非常に魅力的な道具と映りました(彼ら自身は創造論を信じているので、一般大衆への浸透という意味において、です)。

こうして、ID説を普及させることは組織の再統制を目指すキリスト教右派にとって非常に重要なテーマのひとつとなりました。中でもID論者が最も熱心に求めた事の1つが、公教育への採用でした。


続きます
>>インテリジェント・デザイン説 2


追記:「悪魔の証明」
 ある物の存在の有無を争う場合、「存在しない」とする消極的事実の立証の方が、「存在する」という積極的事実を立証するよりもはるかに困難です(1つでも証拠を挙げればいい積極側に対して、全ての場合において不存在の根拠を示さねばならない)。これが俗にいう「悪魔の証明」というやつです。悪魔の証明を相手に要求すること自体、議論の方法すら理解していない不勉強で不誠実な人間だという証明になります。
(例)
・「ポルノは性犯罪の危険性を高めない」(議論)
←「ポルノへの暴露が性犯罪のきっかけとならない証拠を見せろ」(不存在証明の要求)

・「死刑制度の存在は犯罪抑止力にならない」(議論)
←「死刑がない事によって防げる犯罪を挙げてみろ(不存在証明の要求の裏返し)

この悪魔の証明を逆手にとって議論を行おうとする人もいます。
(例)
・「性犯罪予防のため性犯罪者の情報を公開すべき」
→実際に防げる犯罪は不可視。逆に出所者が被る被害は現実。
  しかし「防げる性犯罪を見せろ」とは要求できないため、利益考量が恣意的になる。
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


>>インテリジェント・デザイン説

進化論に押されていた創造論を再構成し、一般社会への浸透を通じて組織と信仰の引き締めを図る。インテリジェント・デザイン説に課せられた使命は非常に重大なものとなりました。

日本から見ると、アメリカは緩やかな政教分離を採用している国に見えます。大統領ですら就任する際、聖書に左手を置いて宣誓を行うくらいです。政教分離原則の違憲審査基準は厳格じゃないか!という声が聞こえてきそうですが、もともとの立ち居地が違う等々議論があるので割愛します。ちなみに宣誓の内容もかなり宗教的・政治的に偏っているといえます。

とはいえ、さすがに聖書にその基盤を持つ創造論を公教育で教える事は避けられてきました。それらはいずれも教会や各家庭で教わるべきものとして期待されていたのです。

しかしキリスト教右派からすると、教育現場で聖書の内容を取り上げないことが教会への忠誠心を削ぎ、ひいては進化論などという聖書を否定する思想の台頭を許した元凶だという思いがあります。少しばかり宗教色は薄まったとしても、「偉大なる知性による世界の創造」という考え方が広まることが”アメリカ人の倫理観”の再生につながる、としてID説の公教育への採用を求める運動が起きました。

最も有名なのがディスカバーリー・インスティチュートによる「Teach the Controversy(進化論の反対論を教えろ)」という運動です。進化論もいつか覆る可能性を持っているため、対立する議論の存在も平等に教えるべきだ、という主張です。ここでID説の見た目上の非宗教性、否定も肯定も出来ない実証不可能な内容、という特徴が効いてきます。政教分離に違反するとして排除することも、科学的に誤りだからと否定することも容易にはできないのです。

では、「進化論の不備及びその可能性」を理由として、ID説を教えることの必要性・許容性はあるのでしょうか。

たしかに、進化論は時代の中に現れた進化の過程を説明するひとつの考え方に過ぎません。当然ながら全ての科学と同じように、後に誤りが発見され、別の理論に取って代わられる可能性があります。

しかし、それは全ての科学に妥当する一般的な限界でしかありません。

科学というのは簡単に言えば説明の体系です。仮説を立て、それが「現在のところ」現実をうまく説明できていれば、十分に科学的だと言われます。
そのため自然科学だろうと社会科学(この呼び方は好ましくないのですが)だろうと、新しい事実によって否定されるという限界を抱えています。
学校の物理で習うニュートン力学ですら、現代ではきわめて正確な近似として捉えられていることを思い出してみてください。数々の歴史的『事実』が後の研究によって塗り替えられてきた経緯などは言うに及びません。

このように、科学は暫定的な説明の体系であり、新しい事実によっていつでも覆るという内在的な制約を抱えています。しかし、それをもって科学教育を不必要だという人はいません。現在のところ最もうまく世界を説明できていればそれで十分であり、またそれしか出来ないからです。

しかし、ID説のような疑似科学になると話は違います。
観念に属する事柄は肯定も否定も出来ないばかりでなく、将来に亘ってそれが新しい事実により裏付けられる、あるいは否定されるという可能性を持ち合わせてはいません。

ID論者は進化論の不備の可能性を理由に公教育への採用を訴えます。しかし、その理由は科学自体の性質上の限界を述べているに過ぎず、とても説得的とはいえません。ニュートン力学が私達のサイズにおける正確な近似に過ぎないという理由で、物理の授業から排除する学校がどこにあるでしょうか。よって許容性なし。
またその科学性というものを考えた場合、ID説は進化論とは同じ土俵で争う資格すら持ち合わせていないシロモノだということがわかります。よって必要性なし。


以上のように、ID説を教育へ採用することには必要性も許容性も認められません。宗教を教育に取り入れるなどという邪な思惑を抱えていない限り、冷静に判断すれば上の議論は容易に受け入れることが出来るものです。

しかし2005年、アメリカのカンザス州ではID説が勝利を収めようとしていました。高校の生物の授業で進化論(曰く「問題の多い議論」)に取って代わる決定が州教育委員会によってなされたのです。

当然、ID説の採用に対しては各地で反発も起きました。
そんな中、上で挙げたような反ID説の議論を取り入れ、ユーモアと皮肉を込めて作られたのが空飛ぶスパゲッティー・モンスター教(Flying Spaghetti Monsterism)です。

FSMはID説を皮肉るために作られたパロディ・カルトです。
そのため教義内容もID説に準じたものとなっています。

■FSMの主な教義
・空飛ぶスパゲッティ・モンスターにより世界は創られた
・全ての証拠が進化はモンスターのヌードル触手によって引き起こされたことを示している

800px-Touched_by_His_Noodly_Appendage.jpg
スパゲッティー・モンスターによる世界の創造

ここまでの話の流れを見てこればわかるように、FSMはID説と全く同じ「非宗教性、反証不可能性」を持ち合わせています。そのため、FSM信者は「ID説を公教育に取り入れるなら、平等のため同じくFSMも学校で教えるべきだ」「ID説のいう『偉大なる知性』とはスパゲッティ・モンスターのことであり、ブッシュ元大統領をはじめとするID説の信奉者はFSMを教育に取り入れるために戦ってくれている」と主張しています。

Flying_Spaghetti_Monster_bumper_sticker.jpg
空飛ぶスパゲッティー・モンスター教のシンボルマーク

この議論の仕方は「見えざるピンクのユニコーン(IPU)」と良く似ています。ID論者が熱心にその公教育への採用を訴えるほど、FSMの正当性が自動的に強化されてゆくからです。そして「ID論者が正当化しようとしている議論はこれだけ馬鹿らしいものだ」ということを強調するため、その他の教義内容は非常にくだらないものが選ばれています。

■反IDとはあまり関係のない教義
・古代人の背が低いのはモンスターの触手が頭を押さえつけていたからであり、現代人の背が高いのは人口増加により触手の数が足りなくなっているからである
・海賊は神聖なものである
・男性の乳首は痕跡器官ではなく、海賊だった時に気温・風向きを計るために使っていた
天国にはストリップ劇場とビールの火山が約束されている。地獄はビールの気が抜けていてストリッパーが性病持ちであるという事以外天国と同じである。

FSM公式ホームページ
http://www.venganza.org/


「人力以上のものを希求するから、そこに人為以外の何ものかにたよることになるのである。これを宗教的なものといわないで、何を宗教的というべきであろうか。」
(津地鎮祭訴訟  藤林益三裁判官の反対意見)

宗教や特定のイデオロギーを信奉することの強みは、『客観的な正しさ』の基準があらかじめ決められていることです。
これに対して、民主主義の基本は『何が正しいかわからないため、全員で議論して物事を決めよう』という発想です。
このような視点から考えると、大人と比べて批判能力を欠く子ども達に対し、宗教的・イデオロギー的な思想を吹き込むような真似だけはなんとしても避けなければなりません。教育の宗教性が問題になる可能性が低い日本においても、後者が教育の現場に入り込む可能性は十分ありえます。藤林裁判官の言葉からは現代の日本社会にも通じる鋭い示唆を読み取ることが出来ます。


追記:ある時、有名なID論者が「進化論の正しさを証明できた人がいたら25万ドル支払ってみせる」と言って挑発しました。これに対してFSMは、「イエスがスパゲッティ・モンスターの息子でないことを証明できた人に25万ドル支払う」と見事なユーモアで切返したというエピソードがあります。ちなみに、現在賞金は「インテリジェントにデザインされた通貨100万ドル分」に値上げされています。


関連項目:
>>犯罪の凶悪化
>>君は牛を二頭持っている
>>経済学的思考 2
>>イグノーベル賞
>>社会的怠業
>>世界最大の投資ファンド
…………………………………………………………………………………………



| HOME | Next

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。