上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


数字を使うには「単位」が必要です。
現在は国際単位系(SI)というに統一基準が作られ、使用が推奨されています。

そのなかで決められている最大の単位が「Y」(ヨタ)=10の24乗です。
1ヨタ=1000000000000000000000000
可愛い名前です。

しかし、仏教の世界にはそんじょそこらのヨタとは比べ物にならないくらい大きな単位が出現します。

単位 SI接頭辞 大きさ
十 da(デカ) 101
百 h(ヘクト) 102
千 k(キロ) 103
万 104
M(メガ) 106
億 108
G(ギガ) 109
兆 T(テラ) 1012
P(ペタ) 1015
京(けい、きょう) 1016
E(エクサ) 1018
垓(がい) 1020
Z(ゼタ) 1021
秭(し)?(じょ) Y(ヨタ) 1024

ヨタ出てきました。まだまだ上があります。

穣(じょう) 1028
溝(こう) 1032
澗(かん) 1036
正(せい) 1040
載(さい) 1044
極(ごく) 1048
恒河沙(ごうがしゃ) 1052
阿僧祇(あそうぎ) 1056
那由他(なゆた) 1060
不可思議(ふかしぎ) 1064
無量大数(むりょうたいすう) 1068

ちなみに地球の重さは約60亥tで、1無量大数tの1600載分の1しかありません。

しかし仏教の世界には、この最大単位:無量大数ですらかすんでしまうほど大きな単位があります。
それが「劫」です。

劫には2つの考え方があり、それぞれがどれくらいの大きさかというと、

芥子劫
40里四方の大きい升に芥子粒(けしつぶ)を満たし、100年に1粒ずつ取り出していって、全部なくなった時点で「一劫」

盤石劫
40里四方の大きい石を置き、天女が100年に1度舞い降りてその羽衣で拭いていき、石が擦り切れて無くなった時点で「一劫」

サンスクリット語のカルパ (kalpa कल्प) の音訳「劫波(劫簸)」を略したものです。「億劫」「永劫」という言葉で知られるほか、落語『寿限無』でも「五劫のすり切れ」として登場します。仏教では具体的な値は与えられていませんが、ヒンドゥー教では43億2000万年と定義されているそうです。

気が遠くなる話です。

小さいほうにも単位はあります。

単位 SI接頭辞 大きさ
割 d(デシ) (10-1)
分 d(デシ) 10-1 (10-2)
厘(りん)、釐(り) c(センチ) 10-2(10-3)
毛(もう)、毫(ごう) m(ミリ) 10-3(10-4)
糸、絲(し) 10-4
忽(こつ) 10-5
微(び) μ(マイクロ) 10-6
繊(せん) 10-7
沙(しゃ) 10-8
塵(じん) n(ナノ) 10-9
埃(あい) 10-10
渺(びょう) 10-11
漠(ばく) p(ピコ) 10-12
模糊(もこ) 10-13
逡巡(しゅんじゅん) 10-14
須臾(しゅゆ) f(フェムト) 10-15
瞬息(しゅんそく) 10-16
弾指(だんし) 10-17
刹那(せつな) a(アト) 10-18
六徳(りっとく) 10-19
虚空(こくう) 10-20
清浄(せいじょう) z(ゼプト) 10-21
阿頼耶(あらや) 10-22
菴摩羅(あんまら) 10-23
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)(10-26の場合等諸説あり) y(ヨクト) 10-24

行き着くところまで行ってしまうと、心安らかになるようです。

小さいほうのSI接頭語にはまだ少し続きがあります。

ハーポ hr 10-27 harpo
グルーチョ gc 10-30 groucho
ゼッポ zp 10-33 zeppo
グモ gm 10-36 gummo
チコ ch 10-39 chic


ちなみに、オーストラリアの先住民族アボリジニの人たちは数字を「1」と「2」しか持たず、それ以上の数はすべて「たくさん」なのだそうです。

どっちにしろ極端な話ですね。

英語には無量大数よりも大きな単位があります。

one(ワン) 1
ten(テン) 10
hundred(ハンドレッド) 102
thousand(サウザンド) 103
million(ミリオン) 106
billion(ビリオン) 109
trillion(トリリオン) 1012



trigintillion(テュリギンティリオン) 1093
googol(グーゴル) 10100
cenntillion(センテュリオン) 10303
milliillion(ミリリオン) 103003
millimillion(ミリミリオン) 103000003
nanillion(ナニリオン) 103000000003
picillion(ピキリオン) 103000000000003
mecillion(メシリオン) 103000000000000000000000000000000003
triacontillion(テュリアコンティリオン) 103…0が90個…3
googolplex(グーゴルプレックス) 103…0が100個…3
hectillion(ヘクティリオン) 103…0が300個…3
killillion(キリリオン) 103…0が3000個…3
megillion(メギリオン) 103…0が3000000個…3
gigillion(ギギリオン) 103…0が3000000000個…3
terillion(テリリオン) 103…0が3(0が12個)個…3
mekillion(メキリオン) 103…0が3(0が33個)個…3
twentillion(テュウェンティリオン) 103…0が3(0が60個)個…3
googolduplex(グーゴルデュプレックス) 101…0が1000個
hundrillion(ハンドリリオン) 103…0が3(0が300個)個…3
thousillion(サウジリオン) 103…0が3(0が3000個)個…3
googolplexplexplex(グーゴルプレックスプレックスプレックス) 101…0が10000個

最後のグーゴルプレックスプレックスプレックスを言葉で表すと「10の10乗の10乗の10乗の100乗」となり、1の後に0がひたすら続いていきます。

この上には無限があり、グラハム数などがあります。

↓この記事がおもしろいと思ったら↓
e_02.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

関連項目:
>>シュレディンガーの猫
>>1秒
>>LUCA
>>Organ2/ASLSP
>>テセウスの船
>>誕生日のパラドックス
>>クロニック・デジャヴ
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


西アフリカのナミブ砂漠には奇想天外という植物が生息しています。

名前だけでも十分楽しいのですが、その生態は名前どおり相当変わっています。

まずこの植物、数百年生きます。
葉っぱは2枚しかありません。
そしてその長い寿命のなかで、ただひたすらこの2枚の葉が伸び続けるという非常に地味な成長の仕方をします。

奇想天外
奇想天外
こいつが横に向かって伸びる伸びる・・・
しまいには幅1m、長さ8mにまでなる個体もあるとか。

なんだかものすごく健気な植物ですね。
植物学的にも興味深い点が多いらしく、盛んに研究されています。

キソウテンガイ(奇想天外)
ヴェルヴィッチア科
学名:Welwitschia mirabilis
和名:サバクオモト(砂漠万年青)
生息地:西アフリカのアンゴラ、ナミビア

1科1属1種の裸子植物で、1859年オーストリア人医師F.ウェルウィッチがアンゴラ南西部で発見。葉はベルト状の2枚だけ。他の砂漠植物のような貯水組織を持たず、地下に10m以上も細かい根を張っている。なかには1500年以上生き続けている個体もあると考えられている。

150日以上も雨が降らない日が続くこともあるナミブ砂漠でたくましく生きています。そんな丈夫なキソウテンガイですが、人が栽培しようとするとなぜかすぐに枯れてしまうそうです。
過保護がいけないのでしょうか。

↓私は影から奇想天外たちを応援しています↓
e_02.gif 

追記:日本では1995年に7株ほど育てることに成功した例があるそうです。

関連項目:
>>世界最長の生き物
>>だまし絵 [1] [2] [3] [4]
>>世界一長い楽曲
>>日本一長い名前の植物
>>Universcale
>>長いタイトル
>>梅雨
>>水の器
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。