上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


今日は世界最大のダイヤにまつわるお話です。

ご存知のようにダイヤモンドは天然で存在するいちばん硬い物質です。4月の誕生石で、石言葉は「永遠の絆・純潔」。

ステキですなー。
誕生石が石英な私からすると、4月生まれの人がうらやましいです。

ダイヤモンドは炭素でできています。
つまりあんなものは鉛筆の芯です。炭です。ひがみです。
本来は黒い塊である炭素の結晶が、地球内部の高温高圧によって分子の配列が変化し、キレイなダイヤモンドの結晶になるわけです。

ダイヤはダイヤモンド原石として発見されます。

今回ご紹介するのは、いままで発見されたいちばん大きなダイヤモンド原石についてです。

その名前は「カリナン」。
1905年に南アフリカで発見されました。

カリナンはカット前の原石で3106カラット=621.2グラムもありました。
大きさは101mm×63.5mm×50.8mm。
それまで世界最大だったエクセルシオール(995.2カラット)と比べると、いかに型破りの大きさだったかがわかります。

いきなり3倍超の大きさですからねー。
野球で言うと球速500キロ超えるルーキーが現れたようなもんです。

そのあまりの大きさのために当初はダイヤの原石だと信じてもらえなかったとか。

非常に大きく高価だったため、買い手が現れないまま2年間ほど美術館で展示品として過ごしています。

最終的には南アフリカ政府が買い取り、当時のイギリス国王エドワード7世に贈呈されました。そして国王からアムステルダムのI.J.アッシャー社(ロイヤルダイヤモンドアッシャー社)にカットが依頼されたのです。

そのカットを任されたのが勤続20年の研磨職人、アンリ・コーでした。
コーは当時世界最高の技術を誇っていたアッシャーの中でも最も優秀な職人で、それまでにも多くの有名なダイヤを研磨してきました。

しかし、さすがのコーも史上最大のダイヤ原石を前に非常に苦悩します。彼は何日も不眠不休で、原石をどのようにカットすべきか考えました。

結果、まず原石を大きく二つに割ることになりました。

そしてついにカットの日。

いざ割る段階になってみると彼は急に怖くなって、なかなか刃を入れることができません。

そしてようやく原石を割る一撃を加えた瞬間、彼は極度の緊張とプレッシャーで気を失って倒れてしまいました。

しばらくして目を覚ましたコーは、原石がキレイに二つに割れているのを見て再び失神してしまいます。

こうして無事に割れたカリナンは、アッシャー社が用意した特注の機材と3人の研磨職人による1日14時間×8ヶ月の努力によって、世界一有名なダイヤモンドになります。

ちなみに作業を担当したコーさんはダイヤが完成してからストレスによる神経衰弱にかかり、原石が発見された南アフリカで療養生活に入っています。
ご苦労さまです。

気になるカットの成果ですが、合計1063カラット=212.6グラム、9つの大きい石と96個の小さな石、計105個もの宝石が生まれました

すごいなー1063カラットかぁ、さすがコーさん、
105個もできるなんてすごいなぁ。。。すごいなぁ。。。

・・・合計1063カラット?

原石3106との差分2043はいづこに?

2043カラットの行方も気になりますが、当時の人は大らかだったのでしょうか。完成した大きな9つの石にはそれぞれカリナンⅠ世~Ⅸ世の名前が与えられ、Ⅰ世とⅡ世はエドワード7世に献上されています。

105個のうち最も大きいものがカリナンⅠ世=「ザ・グレート・スター・オブ・アフリカ(偉大なアフリカの星)」です。530.2カラットもあります。

カリナンⅠ世はカットされたダイヤモンドとしては長らく世界一の大きさを誇っていました。

現在、カリナンⅠ~Ⅸ世はイギリス女王エリザベス二世が所有しているとされています。「ザ・グレート・スター・オブ・アフリカ」はロンドン塔内に展示されており、見学することができます。

現在世界最大の研磨済みダイヤモンドは「ザ・ゴールデン・ジュビリー」で、545.67カラットあります。しかもこのダイヤの原石はカリナンと同じ南アフリカのプレミア鉱山で発見された「名もない褐色の石」なので、カリナンとは兄弟の関係と言えます。タイのプミポン国王の治世50周年を記念して1997年にタイ王室に献上されたそうです。

追記:コー氏の逸話は作り話で、気絶したのは横で見学していたアッシャーの社長だ、という説もあります。

↓ブリリアントカットのダイヤモンド
20070316110205.jpg
ダイヤモンドの名は、ギリシア語の"adamas" (征服できない)に由来します。

↓コーさんは偉い!と思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>世界最大のクロスワード
>>世界最古の計算機
>>世界一脚の数が多い生き物
>>ペンギン将棋倒し
>>世界最大落差の滝
>>口紅
>>世界最大の自走式機械
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


久しぶりに知的好奇心を刺激するようなことを書いてみようと思います。
(以前にそんなのあったか?というツッコミは却下)

今回は「ドッペルゲンガー」についてです。

よく知られているように、ドッペルゲンガー現象とは「自分が違う自分を見る、あるいは第三者が違うところで自分を見る」というものです。
平たく言えば自分の分身が出歩いているところを見てしまうこと。

ただしこの場合、分身はなにか邪悪なものを含んでいるという扱いになります。

もともとはドイツの伝承で、直訳すると「二重に歩くもの」になります。
その中では自分の分身を見ると死期が迫っている証だとか。

でも実際に自分の分身に会うという現象は起こりうるのでしょうか。

分身=同じ顔の人
と考えれば簡単に計算できます。

地球の人口は現在約65億人です。遺伝学的に考えると65億人の中には自分と同じ顔のつくりをした人が3人はいると言われています。

ではあなたと同じ顔の人が日本にいる確率を求めてみましょう。

日本の人口は1億2000万人なので、

地球上で日本人になる確率
1.2÷65=1/54

3人のうち誰か一人でも日本にいる確率
1-53/54×53/54×53/54=5.5%

あなたと同じ顔の人間が日本にいる確率は5.5%です。
思ったより高いですね。

ただしこれは年齢や環境、性別を考えていない数字です。年齢や生活の差によって、もともとは同じ顔でも違って見えることは十分考えられます。

でも100人のうち5人くらいはどっかで同じ顔を見る可能性があるわけで・・・

ただ、伝承におけるドッペルゲンガーと遺伝学的な確率で考えられる同じ顔の人間とは別のものだ、と考えたほうがいいかもしれません。

藤縄昭「自己像幻視とドッペルゲンガー」(臨床精神医学76年12月号)という総説によれば、典型的なドッペルゲンガーは、

・目の前数十センチないし数メートルのところ、あるいは側方に、はっきりとした自分自身の像が見える
・多くは動かないが、ときには歩行、身振りに合わせて動作する
・全身像は少ない。顔、頭部、上半身などの部分像が多い
・一般に、黒、灰色、白などモノトーンであることが多い
・平面的で立体感を欠き、薄いという場合もあれば、ときにはゼラチン様ないしガラス様に透明な姿で見えることもある
自己像は自己自身の姿とかならずしも似ておらず、表情が異なったり、衣服が異なったり、さらには若かったり甚だしく老けて見えたりすることもある

その他の特徴として、

・周囲の人間と話をしない
・本人と関係のある場所に出現する

などがあります。

どう考えても分身は「生きてる血の通った人間」ではないですね。

ここで重要なのは、そこに見えた像がどれだけ自分と異なっていても、見えた本人が「あれは自分だ」と確信するということです。

ここにドッペルゲンガー最大の特徴があります。
ただ「似ている」と感じるだけではなく、「あれは自分だ、自分がそこにいる」と認識してしまうところに、えもいわれぬ恐怖があるのです。


ドッペルゲンガーはドイツの伝承だと書きましたが、中国や日本でも似たような現象が記録されています。

代表的なのが、中国の「捜神後記」に出てくる「離魂病」、日本の江戸時代に書かれた「奥州波奈志」で語られている「影の病」です。

両方の話で分身を見た人は程なくして亡くなっています。私が面白いと感じたのは、両方で自分の分身を見ることを「病」として扱っている点です。

さらに。
表題にあるとおり、ドッペルゲンガー現象に出会ってしまうような病が存在するのです。

これは心理学・精神医学では「オートスコピー」(Autoscopy)と呼ばれ、昔から研究の対象になっています。

残念なことに以前ドッペルについて調べたとき読んだ医学書があまりにも難解だったので、少々不正確なところがあるかもしれません。

理解できたこととしては、
・自身の像を見てしまうような「像幻視」は精神病の中でもかなり重篤なものだということ
・症例の内容としては「自分の身体と周囲の境界があいまいになり、自分の身体が外部の視覚空間に投影される」
ということです。
(ネット上で「自分の身体意識が外部に投影される現象」と表記しているところもありました)

他にも脳腫瘍を患ったことにより自分の姿を外界に投影視するという症例も報告されているとか。

これらの「ドッペルゲンガー=病気説」なら、分身を目にした人の死期が近いということを簡単に説明できます。

ただしこれらはいずれも自分が自分を見るというものです。
第三者により他の場所で自分(の分身)が目撃されるという現象の説明にはなっていません。

やっぱり同じ顔の人間が偶然近くにいた、という方が説明つくような気が...でもそうなるとドッペルを見ると死期が近いということは説明できないし...

ドッペルゲンガーが何なのか考えてもわかりそうもないので、別のこと考えてみます。

ドッペルゲンガーの直訳は上に上げた「二重に歩くもの」ですが、伝承の中では「生きている人間の霊的な生き写し」という意味で使われています。

自分の生き写し=自分に限りなく近い分身

その存在がなぜ恐怖になるのでしょうか。

いちばん知っている自分自身なのに。そこにいるのは自分だとわかっているのに。
やはり、自分の心の中の、自分の意識の支配下にない部分がそこに具現化しているように感じるから、人は恐怖を感じるのではないでしょうか。自分なのに自分じゃない部分というか。
頭がそんな存在を理解することを拒否しようとするのは容易に想像できます。そしてそこに幻覚だの病気だのとラベルを貼ることで、少しでも安定を取り戻そうとしているのかもしれません。

古くから語られている伝承にも学ぶべきことが多くあると感じました。


関連項目:
>>シュレディンガーの猫
>>A10神経
>>考える人
>>モンティ・ホール問題
>>LUCA
>>1秒
>>ルルドの泉
>>ブロッケン妖怪
>>心の理論
>>共感覚
>>プチプチをつぶす心理
>>ジキル博士とハイド氏
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。