上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「Oパーツ:アンティキティラ島の機械」

アンティキティラ島の機械の使い方がわかったそうです。
今日は、この機械がなぜ「場違いな遺物(オーパーツ)」と呼ばれるのか。その理由をご紹介したいと思います。

この「機械」は1902年、ギリシャのアンティキティラ島沖水深40mの海底に沈む難破船で発見されました。
引き上げられた青銅製の4つの歯車は紀元前150~100年ごろに作られたと見られ、古代ギリシャ文字で暦や星座名が刻まれていました。

発見された歯車


しかし部品は断片的にしか見つからず、文字や数字も判別不能のものが多かったため、何のためにどうやって使われていたのかは長らく不明でした。

1973年になってX線による調査が行われました。
その結果、歯車の中には32枚の小さな歯車が組み込まれていることが発見されたのです。

しかも、発見された歯車は600年後に造られたものより遥かに優れた精度を持っていました。高度な数学と機械工学に基づいて作られる現代の歯車に匹敵するほどの出来だったといいます。

さらに、差動歯車機構という技術が使われていることもわかりました。
これは作動する部品に力を割り振ったり、動作の差を利用して回転数や回転速度を調節する技術です。
不思議なことに、この機構は1575年にドイツで造られた天文時計で初めて使われたと言われています。

そのうえ。
発見された差動機構の歯車の回転比を計算したところ、
「天動説における地球を中心とした太陽と月の公転比」=「19:235」
となっていることがわかったのです。

「太陽が地球の周りを19周すると月は地球の周りを235周する」
古代ギリシャの人々が高度な天文学的な知識を持っていたことがわかります。

アンティキティラ島の機械が天体観測装置であることは73年の調査でわかりました。しかし、どのようにして使うのかは謎とされてきました。

ごく最近の2004年に行われた調査でイギリスチームがついにその謎を解くことに成功しました。X線やコンピューターを使って数枚の歯車を復元したところ、古代バビロニアで開発されていた月と太陽の運行計算式をもとに月食と日食を予測する機械であることがわかったのです。

このバビロニアの天体運行計算式も紀元前1700年には考え出されていたそうです。いかに古代文明で天文学が発達していたかわかります。
それと同時に、アンティキティラ島の機械にはさまざまな「場違いな」技術が使われていることがわかったのです。

Oパーツは古代文明の技術の高さと、それらがどこかに消えてしまった不思議について考えさせてくれます。

「アンティキティラの機械」(復元品)
アンティキティラ島の機械

追記:アンテキティラの機械と似たもので「ビザンチームの日時計暦」というのもあります。

↓この記事がおもしろいと思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>LUCA
>>シュレディンガーの猫
>>世界最速のコンピューター
>>世界最速の鉄道
>>ガンダム00
>>世界最大の自走式機械
>>ルルドの泉
>>モンティ・ホール問題
>>ブロッケン現象
>>世界最速の鉄道
>>おもしろ自動販売機 [1] [2]
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。