上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


大型連休が始まったそうです。
普段休日の少ない社会人の方々にとっては非常に大きな意味を持つ休みなのでしょう。毎日が休日の大学生からするとありがたみを実感することは少ないのですが。というかむしろどこ行っても人が多くて、平日の昼間に出歩くという学生特権が意味をなさない期間でもあります。

今日はこのゴールデンウィークについてのお話です。
現在のゴールデンウィークの構成は、
・4月29日「昭和の日」
 1988年までは天皇誕生日、2006年までは「みどりの日」
・5月1日「メーデー」
 一般的に祝日にする動きが広がっている
・5月3日「憲法記念日」
・5月4日「みどりの日」
 2006年までは日・月以外なら国民の休日
・5月5日「こどもの日」
かなり休日を寄せ集めた期間になっています。間の平日に有給休暇を取れば、社会人の方は長めの休暇が取りやすいわけです。

これだけ国民の休日が集中しているのは偶然ではありません。
現に1985年以前で休日だったのは、4月29日の昭和天皇誕生日(現昭和の日、元みどりの日、1927~)、5月3日の憲法記念日と5月5日のこどもの日(1948~)だけでした。
日曜日を考えあわせても、間に平日が入る飛石連休になることが多かったようです。

しかし、連休が増えれば休暇に伴う支出が増えるという経済効果が期待できます。そこで1985年以降祝日法の改正が相次ぎ、今上天皇が代わっても天皇誕生日はみどりの日として残り、5月4日が新たに国民の休日となったわけです。また振り替え休日制の整備や週休二日制が広がったため、黄金週間は一気に拡大しました。

もともとゴールデンウィークという名前は、この時期に興行成績のよかった映画会社の大映が1951年以降使い出したものといわれています。連休を利用してもっと多くの人に映画を観てもらおう、ということで始めたキャンペーンだそうです。
連休中の需要創出策として次第に他の業界にも広まり、定着していきました。バレンタインデーと一緒ですね。気を良くした大映は続いて秋の文化の日を中心とした期間を「シルバーウィーク」と名づけて広めようとしましたが、こちらは定着しなかったようです。というか聞いたことすらありません。

ちなみに、NHKや一部の新聞を見ていると面白いことに気付きます。ゴールデンウィークという言葉は映画業界が作った言葉だったため、大概のマスコミは特定業界の宣伝にならないよう「大型連休」と統一して呼んでいます。こんど確かめてみましょう。

今年は2日ほど有給休暇を取れば、最大で9日も連休が続くそうです。ちなみに私は普段の状態でも1つゼミを休めば、2週間大学に行かなくていいという環境にいます。今は部活と院試に向けた勉強でかなり忙しいのですが、普通の学生は何して過ごしているのでしょうか。

追記:しばらく南の方に向かいます。探さないでください。

関連項目:
>>梅雨
>>南極
>>入国審査
>>Universcale
>>雀入大水為蛤
>>クリスマス中止のお知らせ
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


前回の記事:
>>1秒

1秒の正確さについての続きです。

次世代型原子時計の本命である光格子時計の誤差は100億年に1秒以内だといわれています。

思ったのですが、この「100億年に1秒」というのは何との誤差なのでしょうか。光格子時計はなによりも正確に時を刻む時計です(そういう風に作られています)。世界一正確な時計よりも正しい時計。平均太陽日時と同じように、仮想的な時計との差なのでしょうか。

残念ながらどこにも書かれていませんでした。時計の精度を語る上で非常に大事なことだと思うのですが。

私たちが普段使っている時計は、電気を動力にして調速機に水晶振動子を使ったクォーツ時計です。加工した水晶に通電することで1秒間に32768回振動させ(32.768kHz)、秒針に1秒を刻ませるためのテンプを動かしています。誤差は月に15秒程度です。
クォーツ時計が発明される1970年以前は、1日に数秒のずれが出る機械時計が主流でした。正確さをアピールするためにクォーツ時計発売の際には値札に「水晶腕時計」と大きな文字で書かれていたそうです。

1秒の話で思い出すのが去年のうるう秒です。
最初に作られた時刻系である世界時(UT1)は地球の自転と太陽の位置により決定されています。一方、普段私たちが使っている協定世界時(UTC)は原子時計に基づいて定められています。両者は根本的に異なる現象をもとに1秒の長さを定めているため、放っておけば差が出てきます。
そこでUTCとUT1のずれが0.9秒以内になるように調整するのがうるう秒です。

去年の1月1日を思い出してみてください。

2006年1月1日
8時59分58秒
8時59分59秒
8時59分60秒 ←うるう秒
9時00分00秒
9時00分01秒
ちょびっと長かったでしょう?

しかし、うるう秒にも問題があります。世界標準である世界協定時のほかにも、原子時計に基づく高精度な時刻系として国際原子時(TAI)があります。TAI は世界50ヵ国以上に設置されている約300個の原子時計が刻む時刻の加重平均です。
天文学を基礎にした世界時と、世界時との差を0.9秒以内に抑えるために原子時計をもとに作られた世界協定時。うるう秒を追加するたびに国際原子時との差はどんどん広がっています。去年のうるう秒の挿入で差は33秒まで拡大しました。

太陽の位置と時計が全然ばらばらとかも困るのですが、うるう秒で調整するたびに差は広がるばかり。「冬に海水浴~」とか嬉しいことばかりではなく、難しい問題です。

私は金属アレルギーのため腕時計を身に着けていません。
Rion君、じぇん君。私の遅刻癖にはこんなやむにやまれぬ事情があるのだよ。陽の高さや風向きで感じる時間と、UTCに差があるんじゃ仕方が無いね。


追記:天体の運行と時間がずれてくると困ることは多そうです。
南半球みたいにサンタさんはサーフボードでやってくるし、旧暦を基にした俳句の季語問題とかは超難問になることでしょう。

↓この記事がおもしろいと思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>世界最長の楽曲
>>LUCA
>>自己認識
>>シュレディンガーの猫
>>Universcale
>>ラプラスの悪魔
>>モンティ・ホール問題
>>テセウスの船
…………………………………………………………………………………………



| HOME | Next

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。