上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


バージェス・モンスターに新種が加わりました。
「オルソロザンクルス・レブルス」と名づけられたこの新種もまた、モンスターの名に恥じない形態をしています。

オルソロザンクルス・レブルス
オルクロザンクルス・レブルス

カナダ・ブリティッシュコロンビア州の山中に、バージェス頁岩というカンブリア紀中期の化石が見つかる地層があります。この頁岩は非常に奇妙な形状をした生き物たちが数多く見つかることで有名です。見つかった生き物たちは「バージェス・モンスター」と呼ばれています。

アノマロカリス、ハルキゲニア、マーレラ、ディキソニア、etc..
みな非常に個性的な、というかなぜこんな形になったのか理解に苦しむような、そんな姿形をしています。宇宙生物に似てると言ったほうが通りがいいかもしれません。私はとくにマーレラのデザインが気に入っています。

マーレラ
マーレラ

バージェス動物群が現れる少し前、5億4200~3000万年前にはカンブリア爆発という生物群の大発生が起こっています。この時期に現生生物の分類群が全て出揃った、と言われるほど多種多様な生き物たちが突如出現たのです。

しかし、時とともにそのほとんどが姿を消していきます。

突如起こった新種生物の大発生。
それとともに生存競争が激しさを増し、多くの種が淘汰されていく。

カンブリア爆発は、生命が形をもつ生物として進化していく過程で行われた壮大な実験なのかもしれません。

追記:バージェス動物群は当初「奇妙奇天烈動物群」などと呼ばれ、カンブリア紀や他の時代の動物相との異質性が指摘されていました。しかし後に現生動物との関連が明らかになったため、この不名誉な名前は取り消されました。

↓デザインの独創性がおもしろいと思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>アノマロカリス
>>世界三大奇虫 ヒヨケムシ編
>>世界一脚の数が多い生き物
>>世界最長の生き物
>>LUCA
>>世界最古の計算機
>>奇想天外
>>ヘンペルのカラス
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。