上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


先日は梅雨のはしりのような雨でした。
渇水が心配される地域には恵みの雨となったのでしょうか。

5月下旬に降る少しまとまった雨のことをはしり梅雨、あるいは卯の花腐し(くたし)と呼びます。

「はしり=先駆け」なので、梅雨を先取りしたような雨という意味になります。

一方「くたし」は聞きなれない言葉です。
詳しく解説している人がいなかったので、少し掘り下げてみたいと思います。
同時に古文の知識を掘り起こしてみたいと思います。(何年ぶりでしょうか)

「くたし」は古語の動詞「くたす(腐す)」の連用形です。
意味は「①(物を)腐らせる ②気落ちさせる」

「くさる」は物がいたんで変質し、ダメになるという意味です。
これと似たような意味を持つ言葉に「朽ちる」があります。

両者の違いは自動詞か他動詞かという点です。すなわち、
そのもの自身が腐って形を失うのが「朽ちる」
他のものを腐らせて形を失わせるのが「くたす」

ちょうどこの頃に咲くウツギ(空木)の花=卯の花をダメにしてしまうくらい降る雨。
そんな意味で「卯の花くたし」と呼ばれているようです。

卯の花
卯の花

また「卯の花」には卯月(旧暦4月)に咲く花という意味もあるので、もっと一般的に花が散ってしまうような雨ということなのかもしれません。
ちなみにこの時期の曇り空のことは「卯の花ぐもり」や「卯月ぐもり」と呼びます。


「万葉集」では春の相聞(したしみうた)に登場します。

 春されば卯の花くたし吾が越えし妹が垣間はあれにけるかも

(意)今の時期に盛りを迎える卯の花を散らせてしまうほどの雨で、愛しいあの人の家の垣間も荒廃してしまった。そんな風に二人の関係も疎遠になってしまったようだ。

↑は私の解釈なので、間違いがあるかもしれません。あしからず。

次に大阪で雨が降るのは、本格的な梅雨を迎えてからになるでしょうか。雨の日が続くと花だけでなく人も腐ってしまいそうになります。
そんな日にも古人の情緒あふれる言葉を思い出していただこうと思い、珍しく役に立ちそうなことを書いてみました。


追記:3月下旬から4月上旬までの雨の降りやすい期間を菜種梅雨と呼ぶそうです。

関連項目:
>>水の器
>>梅雨
>>桜の雑学
>>りすとどんぐり
>>暑い話
>>雀入大水為蛤
>>クリスマス中止のお知らせ
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


前回の記事
>>経済学的思考 2 経済学的思考 2-2

引き続きエセ経済学の話です。
一見正しそうに見える政策でも長期的な視点で見ると好ましくない結果をもたらすことがあります。

これは私の先生が言っていた言葉です。
「いろんなダイエットが流行するのは、ほんの少しの努力ですごい効果が得られるとうたっているからです。体重を減らしたい人は、適度な運動とカロリー制限が重要なことを本当は知っています。しかしそれらの対価を支払うことは誰も望んでいないため、流行の自称専門家たちの甘い言葉を信じてしまう」

「最低賃金を引き上げる」や「家を安く借りれるようにする」や「関税を上げて国内産業を守る」などは、非常に耳あたり(?)が良い言葉です。
流行の経済学者や政治家が口にするのは決まってこういった甘言です。彼らは一時的な支持率獲得のために本当は困難な問題に対する安易な解決策を求めています。

経済史的に見ると1980年代のアメリカがいい失敗例です。

当時大統領候補だったロナルド・レーガンが所得税率の大幅な一律引き下げを主張しました。
レーガンに減税政策を教えたのは少数の経済学者グループでした。彼らは「減税をすれば人々はもっとがんばって働くようになるから、税収が減ることはない」と進言したのです。

対立候補だったパパ・ブッシュや他の経済学者は楽観的過ぎるとし、「呪術的(ブードゥー)経済学」だと批判しました。
しかし「減税政策で支持を集めながら税収増まで出来る」という一石二鳥な政策提言はレーガンの心を捉え、国民も短期的な減税という甘い言葉に飛びつきました。

レーガンは当選し、所得税率の引き下げが実施されました。
しかし、流行のエセ経済学者のアドバイスを流行に乗っただけの大統領が実施しても望ましい結果は生まれませんでした。多くの経済学者が予想したように税収は大幅に減少し、アメリカ史上最大の財政赤字が続くことになったのです。

レーガンは税収増と支持率獲得という相反する課題を解決する安易な解決策を求めました。国民は短期的な減税に目がくらみました。これらをもたらしたのが流行経済学=御用経済学=エセ経済学です。

長い目で見たときに、現在主張されている良さげな政策がどのような結果を生むのか。
それを判断する国民の目が問われています。

これはN〇Kの放送で聞いた、とある御用経済学者の言葉です。
「所得税などの直接税は、みなさんから直接取っていく税金です。一人ひとり課税される額が違う上、働けば働くほどたくさん徴収されます。一方、消費税などの間接税は誰でも同じ額を支払います。100円のものなら5円、1000円なら50円。平等な税金なのです。日本は今まで不平等な直接税に頼っていました。これから平等な社会を作っていくためには、皆さんが平等に負担する消費税などの間接税が大事なのです」

水平的平等と垂直的平等を混同し、消費税の逆進性などには一切触れません。
甘い言葉には何とやら、です。

ダイエットには適度な運動と食事制限。少々つらいことはあります。
魔法のような解決策などはありません。
もし今度そんな甘い言葉を耳にしたときは、一度冷静になって考えてみてください。
自分にとって、日本の将来の子どもたちにとって、本当に必要なことは何なのか。
現在吸える甘い汁は、将来世代からの搾取ではないのか、と。


経済学的思考 [1] [2] [3]

追記:あまりにも耳を疑うような話が相次いだため、この記事を書きました。
今度はもっと楽しくなるようなお話を書きたいです。


関連項目:
>>史上最高額面の紙幣
>>片面紙幣
>>一枚9250円の5円玉
>>世界最大の投資ファンド
>>世界最大のダイヤモンド
>>2007年度世界長者番付
>>社会的怠業
…………………………………………………………………………………………



| HOME | Next

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。