上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


大阪は6月14日に梅雨入りしました。
翌日には真夏日を記録するほど晴れたのですが、今日はようやく梅雨らしい天気になっています。

梅雨の語源としてはいくつかの説があります。
中国では元々湿度が高く黴(かび)が生えやすい時期の雨という意味で「黴雨(ばいう)」と呼んでいました。しかしカビでは語感が良くないため、同じ読みの「梅」をあてて「梅雨」になった、という説が有力です。
他にも梅の実が熟す頃に降る雨だから「梅雨」、「毎日」のように雨が降るため、「毎」に「梅」をあてた、という説もあります。

中国から伝わった「梅雨」という言葉を、日本語で「つゆ」と読むようになった理由もよくわかっていません。
水滴の「露(つゆ)」に由来しているという説や、梅の実が熟し潰れる時期であることから、「潰ゆ(つゆ)」と関連付ける考え方もあります。
どちらにせよ季節の特徴をよく表していると思います。




「早くじめじめした季節が終わって欲しい!」という方も多いでしょう。面白いことに、梅雨入りはあっても、梅雨明けが来ないことがあります。

春と夏の境目ごろには、大陸の冷たい高気圧と太平洋の暖かい高気圧が日本上空でぶつかります。性質の異なる2つの気団が接触した面の大気の状態は不安定になり、また高気圧同士は互いに押し合うため動きの遅い停滞前線=梅雨前線が発生します。この前線が日本に梅雨をもたらします。

通常は太平洋高気圧の勢力のほうが強いため前線は次第に北に押し上げられていき、7月中には日本に影響を与えなくなります。しかし何らかの原因で太平洋高気圧が弱かったりすると、梅雨前線が日本上空に長期間停滞することがあります。梅雨前線がかかったまま立秋(8月7日頃)を迎えると、その地域の梅雨明けは発表されなくなります。
梅雨入りはしたものの、梅雨明けが来ない状態です。

その年の梅雨入り・明けは、5~8月の天気を総合的に判断して9月頃に決定されます。立秋を過ぎても梅雨前線がある地域は梅雨明けが「特定せず」になります。過去に東北地方で何度かあったそうです。

ただし梅雨明けが特定されない場合でも、翌年はまた別の梅雨が改めて梅雨入りするそうです。

↓わざわざ梅雨入りしなくても...と思ったら↓
e_02.gif 

関連項目
>>水の器
>>卯の花くたし
>>桜の雑学
>>暑い話
>>雀入大水為蛤
>>バレンタインデー中止のお知らせ
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。