上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「史上最高額面の通貨は1,000,000,000,000,000,000,000ペンゲー紙幣」

日本の金融政策を主導するのは日本銀行です。現在日銀が最も恐れているのは、インフレーションの発生です。
簡単に言えばインフレとは「物価が持続的に上昇すること」です。物価の上昇は人々の生活に多大な影響を与えます。たとえば、いまあなたが銀行に預けているお金。物価が上昇すれば、同じ額のお金で買える財(品物)の量は減少してしまいます。
ここから、インフレが起こればお金の価値が減少することがわかります。


インフレにより紙屑同然となった紙幣を暖炉の燃料にする女性

以上のことを念頭において、1946年にハンガリーで発生した史上最悪のインフレと、同時に発行された10垓ペンゲー紙幣の関係のお話をしたいと思います。

経済成長とインフレはトレード・オフの関係にあります。
超簡単に表せば、
経済成長→財が良く売れる→品薄感→物価上昇=インフレ→インフレ抑制=貨幣流通量抑制策→みんな手元にお金持ってない→財が売れない→経済成長鈍化
経済成長を促す政策をとればインフレが発生し、インフレを避ける政策をとれば経済成長は鈍化します。これがインフレと成長のトレード・オフの関係です。

経済成長とインフレが進行するスピードのバランスが取れていれば問題はありません。物価が持続的に上昇しても、それに見合うだけの紙幣の量と所得の拡大があれば、国民の生活は安定しています。

しかし、時にインフレは経済成長以外の外的要因により発生することがあります。例えば何らかの政策により急に通貨の発行額が増えたり、重要な財の価格が上昇したりした場合などです。代表的な例が第一次大戦後のドイツ、第二次大戦後のハンガリーです。


1946年のハンガリーでは第二次世界大戦による混乱が続き、通貨の発行量が急激に増大しました。物価の統制は完全に政府の手を離れ、暴走を続けます。その結果、物価は16年間で1垓3000京倍に上昇=貨幣価値は1垓3000京分の1になりました。

これがどれくらいスゴイことかというと、1991年に110円だった缶ジュースが、2007年現在で143垓円(1垓=1の後ろに0が20個)=日本の国家予算の1787万5千年分に上昇する割合に匹敵します。ジュース飲むのも一苦労です。
世界最大の投資ファンド・アブダビ投資庁の運用額100兆円ですら小さく見えます。
参照:世界最大の投資ファンド

紙幣の減価が急激に進行したため、それまで発行されていた紙幣は紙屑以下になりました。そこで上昇した価格に対応するため、新しい紙幣が発行されました。それが冒頭に出てきた10垓=1,000,000,000,000,000,000,000ペンゲー紙幣です。

史上最高額面の紙幣
10垓ペンゲー紙幣
しかし紙幣の減価が進んでいた当時では、この10垓ペンゲー紙幣ですら0.2アメリカドルの価値しかなかったそうです。

この紙幣は「史上最悪のインフレーションの際に発行された史上最高額面の紙幣」としてギネスブックに記録されています。ただし紙面上には10億兆ペンゲーと表記されています。
子ども単位ですね。「1億万円あげる!」みたいな。

ハンガリー政府はこのハイパーインフレを収束させるため、さらに新しい紙幣を発行しました。それが新通貨フォリントで、1フォリント=40兆京=40穣=4×1029=400,000,000,000,000,000,000,000,000,000ペンゲーで交換されました。こうしてペンゲーはまさに「持ってるだけ損」な紙幣としてその役目を終えました。

経済は生き物です。その手綱を握るのは日銀であり、政策を実行する政府を選出する国民です。50年後も安心して缶ジュースが買える日本であるよう、国民は経済政策を注意深く見極める必要があります。

↓ジュースは120円でいい、と思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>経済学的思考 2
>>一枚9250円の5円玉
>>片面紙幣
>>経済学的思考
>>世界最大の投資ファンド
>>大きすぎて絶対に書き表せない数
>>世界最大の自走式機械
>>おもしろ法律 [1]
>>2007年度世界長者番付
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。