上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「世界最大の自走式機械 バケットホイールエクスカベーター」

巨大機械といえばまずロケットや宇宙ステーションなどが思い浮かびます。
しかし、人類は地上でも超巨大な機械を生み出してきました。

現在稼動しているなかで最も大きな自走式機械は、ドイツ製露天掘り用採掘機:バケットホイールエクスカベーター(Bucket Wheel Excavator=BWE)です。
とくにMAN Takraf社が製造したRB298は地上最大の自走式機械としてギネスブックに認定されています。
Bucket Wheel Excavator


気になるその大きさですが、
全長  240m
全高  96m
総重量 1万3500t
消費電力 16メガワット
(キロワットではない!)

これは1978年に完成した有名なクルップ社製のBagger288のデータです。設計に5年、建造にさらに5年、総工費130億円をつぎ込んだ高価な走る採掘機です。
この大きさになると製造ではなく「建造」なのですね。

初代ガンダムは全高18m、総重量43.2t、ジェネレーター出力1380kwという設定でした。
しかしこのBWEはガンダムの13倍強の大きさと312倍の重さを誇り、出力に至ってはガンダム120機分に相当する電力を食いつぶしています。
参照:>>ガンダム00

しかもその巨体に似合わず自走式=牽引ではなく内蔵されたモーターで稼動しているので、12本のキャタピラを駆使して分速10mの速度で移動することができます。ただし操作には巨大な外部電力(ガンダム120機分)と5人の作業員が必要になります。
そのためトイレ、風呂、台所完備です。なんなら住めます。
↓走ってます
バケットホイールエクスカベータ2

名前の由来は、ホイールについているバケット(入れ物)。
直径21.6mのホイールには容積各6.6m318個のバケットが付いていて、地面に押し当てることで削り取るようにして採掘を行います。
ガリガリ削っていく部分


あまりにも巨大なため、Google Mapでも映っています。

2001年2月にドイツのHambach炭田を掘りつくした際には、22キロ先のGarzweiler炭田まで3週間かけて自力で移動したそうです。70人の作業員と1500万マルク=1.3億円の費用をかけたとか。

スターウォーズやマトリックスでも登場した巨大機械。
なんだかSFの世界の話ですが、今日もBWEは世界のどこかで大地を削っています。

↓大きな機械ってスゴイ!と思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>世界最長の生物
>>世界最大のクロスワード
>>世界最速のコンピューター
>>世界最大落差の滝
>>史上最高額面の紙幣
>>世界一長い楽曲
>>世界最古の計算機
>>芝刈り機レース
>>世界最大のダイヤモンド
>>大きすぎて絶対に書き表せない数
>>世界最大の投資ファンド
>>世界最速の鉄道
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


来る8月30日。(※注)
今後2度と見れないかもしれない、貴重な花火が打ち上げられる予定です。
その名も宇宙花火
億単位の金をつぎ込んだ高価な打ち上げ花火は、西日本各地で観測できるそうです。

※注 8/31追記
悪天候により打ち上げは延期となりました。最短の打ち上げ可能日時は、8月31日時点で9月2日です。以下、新しいリチウム放出予定時刻等を載せています。

宇宙花火の正体は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などのチームが宇宙と大気圏との境界=電離圏の様子を観測するために使うリチウムの雲です。

電離層は宇宙から飛来するさまざまな宇宙線によって地球の大気成分が分解され、イオンとなって集まっている層です。今回は電離圏のうち、とくに高度100km~300kmの中緯度熱圏が調査の対象になっています。

この100~300kmの熱圏というのは、気球で到達するには大気が薄く、人工衛星が周るには遠心力が不足する中途半端な高度にあたります。そのため実際の観測データは不足していました。

今回の実験では観測ロケットS-520-23号機を高度250kmまで打ち上げます。最高高度から落下する途中に気体のリチウムを放出し、リチウム雲の形状の変化を観測することで電離圏の大気の様子を探るという計画です。
WINDロケット実験
OSK200708230043.jpg
8月31日時点での新しいリチウムの放出予定時刻と高度は、
9月2日午後7時26分13秒 ―  250km
      7時26分53秒 ―  200km
      7時27分34秒 ―  150km
となっています。
リチウムは太陽光を受けて赤く発光する予定です。光は近畿、東海、四国、九州などから見えるそうです。

放出してから数秒間は月と同じくらいの大きさ、明るさになると考えられています。
今後二度と見れないかもしれない貴重な宇宙花火。
皆様お誘いあわせの上、ご覧になってはいかがでしょうか。

関連項目:
>>空に向かって落ちる雷
>>宇宙の地平線
>>太陽最大の謎
>>太陽系の端
>>Universcale
>>世界最大のダイヤモンド
…………………………………………………………………………………………



| HOME | Next

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。