上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


世界で最も有名な名探偵といえば、間違いなくシャーロック・ホームズの事を指します。
コナン・ドイルの生み出したこの名探偵は今も世界中で愛されています。

特に熱狂的なホームズファン=研究家のことをシャーロキアン(ホームジアン)と呼びます。作家・科学者のアイザック・アジモフ氏や、元米大統領フランクリン・ローズベルト氏などが有名です。

Sherlock Holmes

↑「最高のホームズ」と評されるベイシル・ラスボーンです。カッコいい!

私も相当なホームズファンなのですが、シャーロキアンの方々はかなり別の次元にいます。彼らはホームズを実在の人物とみなし、シャーロック・ホームズシリーズのことを正典(The Canon、聖典)と呼んで各種の研究を行っています。
キリスト教の聖杯(Holy Grail)を追い続ける人がいるように(ダ・ヴィンチ・コードはまさにそういった方々の話でしたが)、シャーロキアン達は聖書研究をパロディ化した行動をとり、その発想の面白さとこじつけ、屁理屈とユーモアを駆使してさまざまな研究「成果」を築き上げてきました。

今日はそんなシャーロキアンの方々がどのような研究を行っているのか、一部を紹介してみたいと思います。(ホームズをご存知の方なら特に楽しんでいただけると思います)

-作品の書き手について-
シャーロックには有力な相棒がいました。いまや助手・語り部の代名詞となったジョン・H・ワトスン医師です。
ホームズシリーズ全60編のうち、大体54編はワトスンが執筆したという体裁になっています。彼は読者と同じレベルの頭脳の持ち主なので、読者が感じるような疑問・質問を持ち、シャーロックに軽くあしらわれつつもその頭脳の鋭敏さを引き立たせる役を果たしています。そのためほとんどの場合、文章中の「私」は執筆者であるワトスン医師を指します。

もちろん本の著者はコナン・ドイルとなっています。しかし、シャーロキアンは実在するワトスンが実際に執筆して出版した、とみなします。世間で著者とされているドイルはワトスンのゴーストライターであるというのが彼らの考えです。
シャーロックが実在するなら、当然ワトスンも実在したわけです。

―ホームズの性別について―
実はシャーロックは女性だった、とする主張です。
原作では周りが「He」と呼んでいる上、「どんなに立派な女性でも100%は信用できない」などの発言しているため、間違いなくシャーロックは男性だと考えられます。
それでも、「いかに斬新な説を打ち立て、自説が正しいとこじつけるか」を楽しむシャーロキアンの間では盛んに研究が行われている分野です。

ちなみに、シャーロックは極端な女性嫌いで知られています。そんな彼の心を唯一動かしたのが、「ボヘミアの醜聞」に登場したアイリーン・アドラーです。彼女はホームズを出し抜いた数少ない人物の一人であり、シャーロックは彼女の話をする時だけ「あの女(ひと)」という言葉を使います。ロマンスの少ないホームズ作品の中にあって、彼女だけは非常に大きな輝きを放っています。


続きます
>>シャーロキアン 2
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


前回の記事
>>シャーロキアン

―アイリーンの正体について―
シャーロックが唯一心を寄せた女性、アイリーン=アドラーは、実はベーカー街221B(ホームズとワトスンの下宿先)の女主人・ハドスン夫人と同一人物ではないか、という主張です。
アイリーンが登場した「ボヘミア」の時だけ、なぜか下宿の主人がターナー夫人に入れ替わっていたことを根拠にしています。

一部のホームズ外伝ではアイリーンは後にシャーロックと結婚し、男児をもうけたことになっています。そしてその子どもが成長して父と同じ探偵を職業とするようになり、周りからはネロ・ウルフと呼ばれるようになった、というのです。
以前のネロについての記事を読まれた方なら「ええぇぇ!?」ってなるくらい大胆な説です。しかもネロシリーズの著者であるレックス=スタウトはこの説を否定しなかったそうです。
参照:>>安楽椅子探偵 ネロ=ウルフ

まさかアイリーンとシャーロックの子どもが「体重7分の1トンの巨漢」で、「新種の蘭の花以外のために外出しないと誓った」真性ヒッキーだとは.....アイリーンの美貌とシャーロックのフットワークはどこに消えてしまったのでしょうか。さいわい両親の頭脳は受け継がれているようですが。

―バリツについて―
ホームズが会得していた日本の武術・バリツというのが実際に何を指すのか、またどのような技を使ってモリアーティ教授とライヘンバッハの滝で闘ったのか、を研究しています。
通説としては柔道、他にも相撲などの説があります。シャーロックは他にもフェンシングやボクシングができたようなので、投げ技である柔道を体得していたと考えるほうが合理的だと思います。

―バスカヴィル家について―
短編「バスカヴィル家の犬」に登場するバスカヴィルホールというのが、どの屋敷かを特定する研究です。

―ワトスンのミドルネームについて―
ワトスンのミドルネームは「H」としか出てこないので、実際どんな名前だったのかを推測する研究です。

―『小惑星の力学』について―
ホームズの宿敵・モリアーティ教授が書いた論文『小惑星の力学』の内容に関する研究です。教授は元々は数学の研究者ですが、原子核反応、カオス力学、小惑星帯の起源、数学のアステロイド曲線など、さまざまな内容が考えられています。

ここまで代表的なシャーロキアンの研究の一部をご紹介しました。
どれも遊び心あふれる知的な娯楽だと思います。


追記:ホームズとワトスンが下宿していたとされるベーカー街221Bは実在します。現在はアビー・ナショナル住宅金融組合という会社が入っているそうです。
ベーカー街221Bのプレート
300px-Baker_Street.jpg

↓シャーロックがカッコよかったら↓
e_02.gif ブログランキング・にほんブログ村へ

関連項目:
>>だまし絵 [1]>>インテリジェント・デザイン
>>シチュエーションパズル
>>モンティ・ホール問題
>>スーパーマン
>>世界最大のクロスワード
>>ジキル博士とハイド氏
>>1=2の証明
>>社会的怠業
>>おもしろ法律 [1] [2] [3] [4]
>>小ネタ集 [1] [2] [3]
>>名言・格言集 [2] [4]
>>ゴールデンラズベリー賞
>>バター猫のパラドックス
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。