上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「世界最大の自走式機械 バケットホイールエクスカベーター」

巨大機械といえばまずロケットや宇宙ステーションなどが思い浮かびます。
しかし、人類は地上でも超巨大な機械を生み出してきました。

現在稼動しているなかで最も大きな自走式機械は、ドイツ製露天掘り用採掘機:バケットホイールエクスカベーター(Bucket Wheel Excavator=BWE)です。
とくにMAN Takraf社が製造したRB298は地上最大の自走式機械としてギネスブックに認定されています。
Bucket Wheel Excavator


気になるその大きさですが、
全長  240m
全高  96m
総重量 1万3500t
消費電力 16メガワット
(キロワットではない!)

これは1978年に完成した有名なクルップ社製のBagger288のデータです。設計に5年、建造にさらに5年、総工費130億円をつぎ込んだ高価な走る採掘機です。
この大きさになると製造ではなく「建造」なのですね。

初代ガンダムは全高18m、総重量43.2t、ジェネレーター出力1380kwという設定でした。
しかしこのBWEはガンダムの13倍強の大きさと312倍の重さを誇り、出力に至ってはガンダム120機分に相当する電力を食いつぶしています。
参照:>>ガンダム00

しかもその巨体に似合わず自走式=牽引ではなく内蔵されたモーターで稼動しているので、12本のキャタピラを駆使して分速10mの速度で移動することができます。ただし操作には巨大な外部電力(ガンダム120機分)と5人の作業員が必要になります。
そのためトイレ、風呂、台所完備です。なんなら住めます。
↓走ってます
バケットホイールエクスカベータ2

名前の由来は、ホイールについているバケット(入れ物)。
直径21.6mのホイールには容積各6.6m318個のバケットが付いていて、地面に押し当てることで削り取るようにして採掘を行います。
ガリガリ削っていく部分


あまりにも巨大なため、Google Mapでも映っています。

2001年2月にドイツのHambach炭田を掘りつくした際には、22キロ先のGarzweiler炭田まで3週間かけて自力で移動したそうです。70人の作業員と1500万マルク=1.3億円の費用をかけたとか。

スターウォーズやマトリックスでも登場した巨大機械。
なんだかSFの世界の話ですが、今日もBWEは世界のどこかで大地を削っています。

↓大きな機械ってスゴイ!と思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>世界最長の生物
>>世界最大のクロスワード
>>世界最速のコンピューター
>>世界最大落差の滝
>>史上最高額面の紙幣
>>世界一長い楽曲
>>世界最古の計算機
>>芝刈り機レース
>>世界最大のダイヤモンド
>>大きすぎて絶対に書き表せない数
>>世界最大の投資ファンド
>>世界最速の鉄道
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。