上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


だまし絵 [2]

錯覚を引き起こすだまし絵part2です。


■AB>BC?
だまし絵 1
定規を当ててみましょう。


エーレンシュタイン錯視
エーレンシュタイン錯視
交差する部分が左では明るく、右では暗く見えます。


■何色
だまし絵 2
使われているでしょうか。答えは3色です。
参照:共感覚


■円?螺旋?
だまし絵 3
ぱっと見螺旋に見えますが、全て円です。


ヘルマンの格子
だまし絵 4
追いかけると黒が逃げていきます。
参照:テセウスの船

だまし絵 [1] [2] [3] [4] [5] [6]


↓目がちかちかしたら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>おもしろ法律 [1] [2] [3]
>>クロニック・デジャヴ
>>考える人
>>ゾウを冷蔵庫に入れる方法
>>1秒
>>モンティ・ホール問題
>>プチプチをつぶす心理
>>経済学的思考
>>長いタイトル
>>シュレディンガーの猫
>>FBIの電話代
>>1=2の証明
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


ガンダム00名言集 [4]
グラハムくん(27歳、独身)の名言集・まとめはこちら→>>ガンダム00名言集 [7]

「俺たちはフラッグファイターだ。矜持を見せろよ」
― ハワード=メイスン
(『矜持(きょうじ、きんじ)』:自分の優秀さを誇りに思う気持ち。自負)

「やっほう!すげえ!さっすが兄貴!!やることがえげつねえぜ!」
― ミハエル=トリニティ

「堪忍袋の緒が切れた!許さんぞ、ガンダム!」
― グラハム=エーカー
(エイフマン教授の死を聞いて)

「なぁに、すぐ済むさ!破壊して蹂躙して、殲滅してやる!!」
― ミハエル=トリニティ

「見せてやる、ガンダム! これがフラッグの力だ!!」
― ハワード=メイスン
(スローネツヴァイに攻撃を仕掛けながら)

「このままではやられる…わけねぇだろ!!」
― ミハエル=トリニティ
(ハワード機を破壊しながら)

「私の顔に何度泥を塗れば気が済むのだ、ガンダムッ!」
― グラハム=エーカー

「アレルヤじゃないが、世界の悪意が聞こえてきそうだぜ」
― ロックオン=ストラトス

「あれが、ガンダムのすることなのか」
― 刹那=F=セイエイ

「しかし、これで世界が変わるというなら」
― 王留美

「彼は私以上にフラッグを愛していたようだな。
 ならばハワード=メイスンに宣誓しよう。
 私、グラハム=エーカーは、フラッグを駆ってガンダムを倒すことを」
― グラハム=エーカー
(ハワードの墓前で)

「あんたら わかってないでしょう。世界は変わろうとしてるんだよ?」
― ネーナ=トリニティ

「君に譲れないものがあるように、僕にも譲れないものはある」
― ビリー=カタギリ
(グラハムに対して)

「そんな道理、私の無理でこじ開ける!!」
― グラハム=エーカー
(単独出撃を諫められて)

「どれほどの性能差であろうと!
 今日の私は阿修羅すら凌駕する存在だ!!」

― グラハム=エーカー
(スローネアインを圧倒しながら)

「戦争根絶だかなんだか知らないけど、戦えば人が傷つく。
 私たちが必死に怪我を治しても、心までは治せないわ」
― 看護師

「お前達のその機体が ガンダムで あるものか!!」
― 刹那=F=セイエイ
(ガンダムスローネに対して)

「あいつはガンダムそのものになろうとしている。紛争根絶を体現するものにな」
― ロックオン=ストラトス

「ドウスル!ドウスル!」
「ぶっちゃけ撃つ気満々だ!」
― ロックオン=ストラトス
(ハロにスローネを撃つ気かと聞かれて)

「ホンロン、私はね、この世界が変わりさえすればいいの。どんな手段を使ってでも」
― 王留美


ガンダム00名言集 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

名言・格言集 [1]


追記:ガンダムスローネ3機が登場しました。スローン(Throne)は天使の階級のうち上から3番目・座天使を指します。司るのは尊厳と正義。ただし英語での主な意味は「王座」、スラングでは「便所」の意味になります。私はもっぱら便所の意味でしか使ったことがありません。「座天使」の名を冠するだけあって、強力な機体のようです。次にエクシアたちの機体刷新があるとしたら、残りはセラフィム(熾天使)とケルビム(智天使)だけです。
参照:>>ガンダム00 天使の階級

ガンダムスローネの機体名はそれぞれドイツ語で1、2、3を表すアイン、ツヴァイ、ドライ。マイスターであるトリニティの名前も、ドイツで最も一般的な人名であるヨハンにミハエル。いままで偏りの少なかった登場人物の出身地をはっきり示した格好になりましたが、何かの布石なのでしょうか。

というかまた普通の機体じゃ相手にならないようなガンダムが出てきて、パワーバランスが一段と崩れてしまった感があります。私はあんな化け物を相手に戦うグラハム君(の恋路)を応援しています。

あとトリニティは英語で三位一体のことです。人類初の核実験として悪名高いトリニティ実験もここから来ているとされています。英語圏では普通に河や山の名前として耳にすることが多いありふれた名前です。


関連項目:
>>1秒
>>ラプラスの悪魔
>>LUCA
>>ジキル博士とハイド氏
>>テセウスの船
…………………………………………………………………………………………



| HOME | Next

Powerd by ratato
Copyright © 2007 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。