上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


小ネタ集 [4]

2008年1月22日、イラクの新しい国旗が定められました。

リビア国旗が緑色の理由
リビア(正式名称:大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国)の国旗が緑一色というシンプルなデザインになったのには深い理由があります。
1972年、エジプト、シリア、リビアの3国がアラブ共和国連邦として連携協定を結び、エジプト国旗の共用を開始します。しかし77年にエジプトがリビアなどイスラム諸国と敵対関係にあったイスラエルと国交を樹立したため、これに激怒したリビアの最高指導者であるカダフィ大佐(正式な日本語表記は『リビア国革命指導者カダフィ閣下』)は即刻エジプトとの国交断絶を決定します。国旗の共用も停止され、大佐の部下が新しい国旗のデザインに取り掛かります。しかしあまりにも急な決定で十分な時間がなかったため、イスラム教を示す色である緑一色という簡素なデザインになったそうです。

 アラブ共和国国旗    エジプト国旗
   アラブ共和国国旗           エジプト国旗

 シリア国旗    リビア国旗
     シリア国旗              リビア国旗

参照:ヘンペルのカラス


イラク国旗の変遷
イラクは1921年の独立以来、5つの国旗が導入されてきました。

1)ハーシム家王政期(1921~1958年)
旧イラク国旗1
イギリスの委任統治領と。2つの七芒星は14の州を表す。

2)イラク共和国期(1958~1963年)
旧イラク国旗2
クーデターで王政を倒したカセム政権が共和制を樹立。黒と緑は汎アラブ主義、黄色い太陽は少数派のクルド人、赤い星は同じく少数派のアッシリア人を表す。

3)バース党政権期(1963~1991年)
旧イラク国旗3
クーデターでバース党政権成立。上のアラブ共和国国旗との類似性が特徴。

4)サダム・フセイン元大統領期(1991年~2008年1月)
旧イラク国旗4
フセイン大統領直筆とされる「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」が入れられる。

4.5)暫定政府による新国旗案(2004年4月26日採用)
イラク新国旗案
暫定政府が採用を決定するも、伝統とかけ離れたデザインだったため不評。

5)新イラク国旗(2008年1月22日~)
新イラク国旗
フセイン元大統領直筆部分の文字を通常のクーフィー体に変更。

今回採用された国旗が、イラク国民の総意以外の理由で変更されることがないことを祈っています。
注)全ての国旗は画像の都合上縦横比2:3にしました

小ネタ集 [1] [2] [3] [4] [5]

関連項目:
>>世界最大の投資ファンド
>>おもしろ法律 [1]
>>社会的怠業
>>トゲアリトゲナシトゲトゲ
>>経済学的思考
>>世界最大のクロスワード
>>経済学的思考 2
>>考える人
>>ハムスター雑学
…………………………………………………………………………………………


ガンダム00名言集 [5]


「まさか君と共に、フォーメーションを使う日が来るとは思ってもみなかった」
「オレもだ」
― ティエリア=アーデ、刹那=F=セイエイ

「そんな時間が与えてもらえると!思っているのか!!」
― ティエリア=アーデ
(スローネ同士のドッキングを阻止しながら)

「ヴェーダとリンクする機体を全て制御下に置く。これがガンダムナドレに与えられた真の能力:ティエリア=アーデにのみ与えられたガンダムマイスターへのトライアルシステム!」
― ティエリア=アーデ

「君達はガンダムマイスターにふさわしくない。そうとも、万死に値する!!」
― ティエリア=アーデ
(ガンダムスローネに対して)

「これで3対3だ。フェアプレーの精神で行こうぜ」
― ロックオン=ストラトス

「貧しきものは神に縋り、神の代弁者の声に耳を傾ける。
 富や権力を求める、浅ましい人間の声をな」
― ロックオン=ストラトス

「けどなぁ、その中でどうしても世界は歪む」
「だがその歪みに巻き込まれ、俺は家族を失った。失ったんだよ」
― ロックオン=ストラトス

「人を殺め続けた罰を、世界を変えてから受ける」
― ロックオン=ストラトス

「神を信じ、神はいないことを知った」
― 刹那=F=セイエイ

「俺が撃てばできなくなる」
「かまわない。替わりにお前やってくれれば。この歪んだ世界を変えてくれ」
― 刹那=F=セイエイ

「宇宙(そら)で待ってて。すぐに追いつくから。 宇宙で」
― ルイス=ハレヴィ
(見舞いに来た沙慈に対して)

「戦いを戦いで否定し、平和を勝ち取る。これがあなたの求める世界だというの、刹那」
― マリナ=イスマイール

「私はフラッグでガンダムを倒す。ハワード=メイスンの墓前にそう誓ったのだよ」
「しかし隊長、フラッグの性能ではガンダムに」
「男の誓いに、訂正はない」
― グラハム=エーカー

「少尉、いま世界は大きな変革期を迎えようとしている。
 そのことについて何か考えることはないのか」
「はい、ないです!」
「…まったく、放っておけん男だ」
― カティ=マネキン、パトリック=コーラサワー

「人間のプリミティブな衝動に準じて生きる、最低最悪の人間ですよ」
― アリー=アル=サーチェス
("primitive=原始的な"。自分が戦争屋であることを指して)

「リボンズ、君はまさしく私のエンジェルだよ」
― アレハンドロ=コーナー

「私はイオリア=シュヘンベルグの提唱する理念に従う者。
 それ以上でもそれ以下でもありません」
― 王留美

「それほどまでに、今の世界がお嫌いですか」
「ええ。変わらないのなら、壊れてもいいと思うほどに」
― 王留美

「なんという性能だ。やはりこの機体、すごい!」
― セルゲイ=スミルノフ
(GN-X(ジンクス)でスローネの砲撃をかわしながら)

もはやガンダムなど、恐るるに足らず!!
― セルゲイ=スミルノフ
(スローネドライと交戦しながら)

「機体が私の反応速度についてくる。これが、ガンダムの力!!」
― ソーマ=ピーリス
(スローネツヴァイと交戦しながら)

「少尉は始めて味わうのだったな。これが、勝利の美酒というものだ」
― セルゲイ=スミルノフ
(トリニティを撃退して)

「こんなにも世界が変わっていく。その向こうには、一体何があるのかしら」
― 王留美


ガンダム00名言集 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]


関連項目:
>>A10神経
>>シュレディンガーの猫
>>考える人
>>心の理論
>>社会的怠業
>>ラプラスの悪魔
>>猫のオスカーのある一日
…………………………………………………………………………………………



Prev | HOME | Next

Powerd by ratato
Copyright © 2008 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。