上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


前回の記事 社会的怠業

フリーライダー現象とは、「共同で作業をおこなう時、集団の人数が増えるにつれて一人当たりの努力する量は減っていく」という現象です。リンゲルマン効果とも呼ばれます。

代表的な例が学校の掃除や合唱のときです。
男性の方なら、小学生の時に「ちょっと男子!ちゃんと掃除してよ!!」と言われたことがあるのではないでしょうか。(特に私は異常なまでに掃除に対して不真面目でした)

社会的手抜きが実際にどういったものであるかを調べたのが、ドイツの心理学者・マクシミリアン=リンゲルマンの行った綱引き実験です。

彼は集団で綱引きをする場合に、各人がどれだけの力を出しているかを調べました。
その結果、1人で引いたときの力を100%とすると、
・2人の時は93%
・3人の時は85%
・8人の時は49%しか出さない
ということがわかりました。
集団の規模が大きくなると、誰しも「自分ひとりくらいは」と思うようになるというのです。

綱引きという運動の特性を考慮した場合、人数が多くなるほど力をこめるのが難しくなるとは思います(綱引きの選手でもない場合)。しかし、この考え方もダーリーとラタネによる傍観者効果の実験で「共同作業に伴う作業のロスではない」ということが立証されています。

リンゲルマン効果、傍観者効果が現れる原因としては以下の3つが考えられています。

1)責任の分散:個人の努力量が明らかになりにくいため良い結果に対する評価が得られない。また悪い結果の責任は分散してしまう。

2)評価懸念(聴衆抑制):自分が他の人がしない何かをした時、他人からマイナスの評価をもらうのではないか、ということが気になる。

3)多数の無知:自分が努力しないのは評価懸念のためであるが、他の人が努力しないのはその必要がないからだと皆が知っているからだ、と思い込むこと。

傍観者効果も集団が大きくなるほど、また自分よりも有能な人が多いときほど顕著になります。
先日特急車内で女性が暴行を受けた事件の際にも、周りの乗客は助けるどころか通報すらしなかったそうです。ここでもリンゲルマン効果と傍観者効果、「自分の周りで異常なことが起きるはずがない」という正常性バイアスが働いていたのだと考えられます。(個人的に『絶望先生』の風浦可符香は正常性バイアスを誇張した性格だと思っています)


~本読みの最中~
「なんで誰も大声を出さなかったのかな?」
「めんどーやから!」
「王子さまがキライだったから!」
「だってな、ゆうながな、声出さんかってな、ほかの人がな、さけんでるもん!」

子ども達は楽しんでくれていたように思います。
純粋に楽しむのもいいですが、耳にした話からなにかを汲み取る力を育てることも大切です。
何故ドロシーは黄色いレンガの道をたどるだけでは帰り道を見つけられなかったのか。いつかこの子たちにもわかるようになってほしいな、と思いながら読みました。

↓ドロシーが悪い魔女を倒すのは銀の靴↓
e_02.gif 

関連項目:
>>考える人
>>テセウスの船
>>ゾウを冷蔵庫に入れる方法
>>ピーターラビット
>>経済学的思考
>>史上最高額面の紙幣
>>シャーロキアン
>>インドの魔術師
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2008 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。