上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


ガンダム00名言集 [7]

ガンダム00で人気を博するユニオンのグラハム・エーカー上級大尉(27歳独身、乙女座)の名言集です。

第一期

好意を抱くよ。興味以上の対象だということさ
(ガンダムエクシアに対する第一印象)

グラハム=エーカー!君の存在に心奪われた男だ!!
(刹那に対して)

「よもや君に出会えようとは。乙女座の私には、センチメンタリズムな運命を感じずにはいられない」
(刹那に対して)

「私もそこまで万能ではないよ。因縁めいたものを感じてはいるがね」
(刹那に対して)

MSの性能の差が、勝敗を分かつ絶対条件ではないさ
c.f. シャア=アズナブル「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる!」

「人呼んで、グラハムスペシャル!!」
(デュナメスの砲撃をかわして)

敢えて言わせてもらおう!グラハム=エーカーであると!!
(ロックオン「何者だ!?こいつ!」に対して)
c.f. ギレン=ザビ・ジオン公国総帥「敢えて言おう!カスであると!!」
   (宇宙要塞ア・バオア・クーにおける演説、地球連邦軍に対して)

「身持ちが堅いな!ガンダム!!」
(デュナメスに焦れて)

「さっ、何故かな。口が滑ったとしか言いようがない」

「括目させてもらおう、ガンダム」

抱きしめたいな!ガンダム!!まさに、眠り姫だ
(デュナメスを鹵獲した際)

「堪忍袋の緒が切れた!許さんぞ!ガンダム!!」
(エイフマン教授の死を聞いて)

「私の顔に何度泥を塗れば気が済むのだ…ガンダムッ!」

「彼は私以上にフラッグを愛していたようだな。
 ならばハワード・メイスンに宣誓しよう。
 私、グラハム=エーカーは、フラッグを駆ってガンダムを倒すことを」
(ハワードの墓前で)

「そんな道理、私の無理でこじ開ける!!」
(単独出撃を諫められて)

「どれほどの性能差であろうと!
 今日の私は阿修羅すら凌駕する存在だ!!」

(スローネアインを圧倒しながら)

「私はフラッグでガンダムを倒す。ハワード・メイスンの墓前にそう誓ったのだよ」
「しかし隊長、フラッグの性能ではガンダムに」
「男の誓いに、訂正はない」
(新型のGN-Xに搭乗するよういわれて)

「私は我慢弱い」
(グラハム専用フラッグのロールアウトが遅れていることに対して)

「会いたかった、会いたかったぞ!ガンダムッ!!」
(最終決戦に際して)

「やはり私と君は、運命の赤い糸で結ばれていたようだな。
 そうだ、戦う運命にあった!!」

君の圧倒的な性能に私は心を奪われた。この気持ち、まさしく愛だ!!
だが愛を超越すれば、それは憎しみとなる!
(ガンダムエクシアとの一騎打ちで)


第二期

「そうか、現れてくれたか。自分が乙女座であったことをこれほど嬉しく思ったことはない」
(ガンダムが4年ぶりに姿を見せたことについて)

「なんという僥倖!生き恥を晒した甲斐があったというものだ!!」
(ガンダムと再び相見えた際)

興が乗らん!
(反政府軍基地の掃討作戦に際して)

「ドライブ二つのガンダムは任せますよ、Mr.ブシドー」
「望むところだと言わせてもらおう」

「それでこそだ少年!!」
(刹那の射撃の腕を見て)

「ガンダム!引導を渡す!!」


ガンダム00名言集 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]


関連項目:
>>北斗の拳名言集 [1]
>>A10神経
>>テセウスの船
>>クロニック・デジャヴ
>>ラプラスの悪魔
>>世界最大の自走式機械
>>心の理論
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2008 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。