上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「You have two cows」

経済学の入門書などで「君は牛を二頭持っている」という話を見かけることがあります。
各体制の特徴を捉えたおもしろい政治ジョークです。


アナーキズム(無政府主義)
・君は牛を二頭持っている。君は隣人から牛を盗み、政府を無視する。

・君は牛を二頭持っている。君は牛のミルクを適正な価格で販売するが、隣人が君を殺して牛を奪いに来る。

・君は牛を二頭持っている。牛達は君がミルクを取る権利など無いと主張し、自分達の社会を作るために出て行ってしまう。

・君は牛を二頭持っている。隣人が君の頭をレンガでぶん殴り、牛を奪い、遊びで牛を射殺する。君はあとで彼らがナチであったことに気が付く。


民主主義
・君は牛を二頭持っている。牛は2-1で君との投票に勝ち、全ての牛肉・ミルクの販売を禁止する。

・アメリカ編:君は牛を二頭持っている。政府は主権者である国民の代表としてその権力を行使する。しかし多数派である国民は支配権を行使できない。なぜなら彼らの意見を代表して述べる議員が、合衆国憲法や権利の章典、50もある州憲法などにより数々の監視を受けて権力均衡の原則に縛られているためである。そのため、政府が君のもつ二頭の牛およびそこから取れるミルクをどのように扱うかは、行政・立法・司法権の相互チェック機能と権力のバランスにより決まる。

・アメリカ共和党編:君は牛を二頭持っている。隣人は持っていない。だから?


貴族社会
・君は牛を二頭持っている。君は二頭とも売り払い、一頭とても大きな牛を買う ― 血統書付きのを。

・君は牛を二頭持っている。君は二頭を剥製にしてロンドンの美術館に展示する。


官僚主義
・君は牛を二頭持っている。当初政府は牛に与える餌、ミルクをとる期間などを規制する。次に政府はミルクを取ってはいけないと言い出す。やがて政府は両方とも取り上げ、一方を撃ち殺し、もう一方からミルクを絞ってはドブに捨てる。そして牛の損失の責任について君に始末書を提出させる。
(官僚主義は無駄だらけ)

・君は牛を二頭持っている。牛を登録するためには17項目からなる登録証を3部作成する必要があり、ミルクを絞る時間など無い。

・アメリカ官僚編:君は牛を二頭持っている。政府は両方取り上げ、プエルトリコの牧場に移送する途中で一頭をどこかへやってしまい、もう一方のミルク絞りを忘れる。

・ソヴィエト編:君は牛を二頭持っている。政府は両方とも取り上げて集められたほかの牛と同じ牛舎に入れ、養鶏業者に世話をさせる。君は養鶏業者から取り上げられた鶏達の世話をする。君は政府の規則が定めた量の卵とミルクを与えられる。


資本主義
・君は牛を二頭持っている。君は一頭売り払って雄牛を買う。牛は繁殖して増え、経済が発展する。君はそれを売り、その収入で引退する。

・アメリカ編:君は牛を二頭持っている。君は一頭売り払って雄牛を買い、牛と雄牛はすばらしい愛の物語を紡ぐ。君はその映画製作権をハリウッドに売って不動産経営に乗り出す。

・香港編:君は牛を二頭持っている。君は義兄名義の銀行の信用状を使って政府系企業に三頭売り払い、会社組合の債権スワップを使って四頭を取り戻したことにし、五頭分の課税控除を申請する。六頭分の搾乳権はパナマの架空企業を通じて実質的に君の会社の筆頭株主が所有しているセイマン諸島の企業に委譲され、七頭分の権利が公営企業に売り渡される。会社の年次報告書では現在八頭の牛を所有しており、もう一頭追加的に所有することを勧告している。その間、君は風水師のお告げに従って所有している二頭を殺してしまう。
(香港は投機の中心地)


共産主義
・君は牛を二頭持っている。政府は両方取り上げ、ミルクの一部分を分け与える。

・君は牛を二頭持っている。地方政府が両方取り上げ、君にミルクの一部を分け与える..... 一回だけだけど。

・カンボジア編:君は牛を二頭持っている。政府は赤いバンダナを巻いた十代の少年を君のもとに送って牛を殺させ、少年は次に君を射殺する。

・中国編:君は牛を二頭持っている。政府は全てのミルクを取り上げるが、君は取り上げられたうちのいくらかを盗み出せばいい(ただし他の誰かが盗んでいく前に)。

・中国・毛沢東編:君は豚を二頭持っている。政府は、君が所有する豚を『善意で』都市部の労働者の食料として提供する運動を開始する。やがて政府は豚肉を作るために豚は必要ないと発表し、君と隣人達は小さな赤い本から正しいフレーズを引用することで、意志の力から豚肉を作り出そうとする。地方の党幹部は意志力による豚肉の創出に成功したと上層部に報告し、人民は飢える。

・ソヴィエト編:君は牛を二頭持っている。君は牛の世話をするが、政府は全てのミルクを取り上げていく。やがて君は監獄に送られる。

・ソヴィエト編:君は牛を二頭持っている。よく数えてみたら四頭だった。もっとウォッカを飲み、もう一度数えてみると十六頭になっている。君はさらにウォッカを飲み、しばらくすると十六頭の牛が二頭になっていた。君はさらにウォッカのボトルを空け、消えてしまった十四頭分のことを忘れようとする。


中央集権主義
・君は牛を二頭持っている。そして牧場に集められた100,000,000頭の中からそいつらを探し出すのに苦労する。


ニューディール政策
・君は牛を二頭持っている。政府は両方とも取り上げ、片方を撃ち殺し、もう一方からミルクを取る。ミルクは全てシンクから流れ出ていくが、政府はどこかにミルクを貯める大きなタンクがあるんだと言い張る。


ファシズム
・君は牛を二頭持っている。政府は両方とも取り上げ、牛の世話のために君を雇う。そして君にミルクを売りつける。

・君は牛を二頭持っている。君は政府にミルクを献上し、政府はそれを売って儲ける。

・君は牛を二頭持っている。政府は片方を取り上げ、軍役につかせる。


イギリスイズム
・君は牛を二頭持っている。両方ともへタレ牛である。君はそれらをヨーロッパに売りつける。

・君は牛を二頭持っている。片方はBSEに感染している。君はもう一方を検査し、わが国にはBSEなどないと発表する


オーストラリアイズム
・君は牛を二頭持っている。君は一頭をビーチに連れて行ってサーフィンを教え、もう一頭をつぶしてバーベキューをし、VBを飲み、牛がサーフィンをしているのを見て笑う。
(VB:オーストラリアで人気の野菜ジュース。おいしくない)


バーレーンイズム
・君は牛を二頭持っている。政府の高官が一頭取り上げ、ミルクを売って利益を得る。政府は牛が一頭しかいないため人々を養うだけのミルクが足りないと説明し、人々は失業と飢えからイラクの旗を掲げて叛乱を起こす。議会は11ヶ月間も審議を行った後、雇用を確保するために10人のバーレーン人を雇い、一頭の牛から10人同時に乳絞りを行わせる。
(かつての絶対君主制下での民主化運動を取り上げて)


エジプトイズム
・君は牛を二頭持っている。両方ともムバラクに投票するんだってさ!
(高い支持率を誇るエジプト大統領です)
参照:小ネタ集 [4]


企業
・アメリカ企業:君は牛を二頭持っている。一頭を売り払って、もう一頭から四頭分のミルクを絞る。そして牛が死んでしまうのに驚く。

・ドイツ企業:君は牛を二頭持っている。君は牛を改良し、寿命百年、食事は月に一回、自分でミルクを絞る牛を開発する。

・フランス企業:君は牛を二頭持っている。君は三頭欲しいと言ってストを張る。
(ストライキはフランスの風物詩。特に運輸関係)

・日本企業:君は牛を二頭持っている。君は技術革新により、通常の十分の一のサイズでありながら二十倍のミルクを生産する牛を開発する。そして『ウシモン』という賢いウシを主人公にしたアニメを作り、世界中で売りさばく。

・イタリア企業:君は牛を二頭持っているが、どこへやってしまったかは知らない。

・ロシア企業:君は牛を二頭持っている。数えてみると五頭いる。もう一度数えなおすと四十二頭だった。さらにもう一度数えたら十二頭になっている。君は減った牛の数を元に戻すため、もう一本ウォッカのボトルを空ける。

・スイス企業:君は牛を五千頭持っている。しか君の所有している牛はいない。君は牛を預かることで金を得ている。

・中国企業:君は牛を二頭持っている。三百人の人が牛からミルクを絞っている。君は完全雇用と高生産性を達成したと発表し、実態を報じようとした記者を逮捕する。

・インド企業:君は牛を二頭持っている。君は彼らを崇拝している。

・イスラエル企業:ここに二頭のユダヤ教徒の牛がいる。いいね?彼らはミルク工場を建て、アイスクリーム屋を作り、映画の製作権を販売する。そして彼らは自分の子牛を医者にするためにハーバードに留学させる。ここに、人間が入り込む余地なんてあるかい?


関連項目:
>>マーフィーの法則 [1]
>>シチュエーションパズル [2]
>>1=2の証明
>>おもしろ法律 [1]
>>経済学的思考
>>世界最大のクロスワード
>>バター猫のパラドックス
>>インテリジェント・デザイン
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


最高を称える賞があれば、最低を表彰する賞もあります。
以前ご紹介したゴールデンラズベリー賞は、映画界最高の賞・アカデミー賞のパロディでした。同じように、世界で最も栄誉ある賞の1つ・ノーベル賞にも、その対極に位置する賞・イグノーベル賞があります。
参照:ゴールデンラズベリー賞

イグノーベル賞は、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる」一風や二風変わった研究に対して送られる賞です。
何のためにやってるのかわからないおかしな研究が受賞することもあれば、日のあたることの少ない地道な科学研究に対して送られることもあります。

受賞内容を見てもらえば早いかと思います。
受賞者の名前の横にあるのは受賞の際につけられた二つ名です。

■1991年
・化学賞 ジャック=ベンベニスト(多作な宗教勧誘者にして、学術誌『ネイチャー』への熱心な寄稿者)
 水、H2Oが知能を持つ液体であるということをしつこく発見し続けたことと、水は物事の痕跡が完全に消え去った後でも、その出来事を長い間記憶することができるという彼の満足するような結果を導いたことに対して。
(ネイチャー誌に『信じられないような出来事を信じる時が来た』という再現性のない実験を羅列した論文を掲載した事を指しています)

・教育賞 J=ダンフォース=クエール(時間の浪費者にして空間の占領者、あとは米国副大統領)
 科学教育の必要性を誰よりもよく立証したことに対して。
(パパ・ブッシュの時の副大統領。文法の破綻した意味不明の発言や簡単な単語のつづり間違い、基礎的な教養の欠如で有名)

■1992
・医学賞 F=カンダ、E=ヤギ、M=フクダ、K=ナカジマ、T=オオタ、O=ナカタ
 先駆的な研究である「足の臭いの原因物質の解明」、特に「自分の足が臭いと思っている人の足は臭く、思っていない人の足は臭くない」という結論に対して。

・文学賞 ユーリ=ストルチコフ(モスクワ有機元素化合物研究所の、誰にも止める事の出来ない執筆者)
 1981年から1990年の間に948報、平均で3.9日ごとに1報以上の割合で科学論文を発表し続けたことに対して。

■1993
・数学賞 ロバート=フェイド
 ミハイル=ゴルバチョフが反キリスト教徒である正確な確率(710,609,175,188,282,000分の1)を導き出したことに対して。
(ゴルビーは当時のソビエトの最高指導者にして最後の大統領。ちなみに本物のノーベル平和賞受賞者)

・文学賞 E=トロパル、R=カリフ、F=ヴァンドワーフ、P=W=アームストロング、他972名
 論文のページ数の100倍以上も著者がいる論文を執筆したことに対して。その他の著者の出身国は以下の通り(15カ国、省略)。

・医学賞 ジェイムス=F=ノーラン、トーマス=J=スティルウェル、ジョン=P=サンズ=ジュニア (慈愛に満ちた医療者)
 彼らの痛々しい研究論文、『ジッパーに挟まれたペニスの緊急処置法』に対して。
(是非とも国から補助k)

■1995
・心理学賞 シゲル=ワタナベ、ジュンコ=サカモト、マスミ=ワキタ
 ピカソとモネの絵画を見分けられるようにハトを訓練し、成功したことに対して。

・文学賞 デイヴィッド=B=ブッシュ、ジェイムズ=R=スターリング
 研究論文『直腸内の異物:事例報告と世界の文献の総説』に対して。論文では以下のものについての事例が報告されている。
「電球7つ、ナイフの砥石、懐中電灯2つ、ばね、かぎタバコ入れ、ストッパーのついたオイル缶、11個の異なる種類の果物や野菜や食べ物、宝石職人用のこぎり、凍ったブタのしっぽ、ブリキ製カップ、ビールグラス、さらにある特筆すべき患者は、メガネ、スーツケースの鍵、タバコ入れ、雑誌を一度に収納していた」

■1996
・生物学賞 A=バーハイム、H=サンドヴィク(諾、ベルゲン大学)
 彼らの研究、『エール、にんにく、およびサワークリームが、ヒルの食欲に与える影響』に対して。

・物理学賞 R=マシューズ(英、アストン大学)
 彼の行ったマーフィーの法則についての研究、特にトーストはほとんどの場合バターを塗った面を下にして落下するということを実証したことに対して。
参照:バター猫のパラドックス

・生物多様性賞 C=オカムラ(岡村長之助)(名古屋、岡村化石研究所)
 恐竜、馬、ドラゴン、その他1000以上の、どれも全長0.25mm以下の絶滅した「小さい種」の化石を発見したことに対して。
(東北地方を中心とする地域の3億年前の地層からミニ原人やミニ動物を多数『発見』したと発表し、自著を世界中の大学や研究機関に送りつけるなどしてなど古生物学界に混乱を巻き起こした人物。主な著書に『人類および全脊椎動物誕生の地-日本』など)

・文学賞 『ソーシャル・テキスト』誌の編集者
 著者の言っていることには全く意味が無く、さらには全く根拠もないような論文を、自分達では理解もしないまま熱心に出版したことに対して。
(当時の哲学者や社会学者が、科学用語をしっかり理解しないままに引用して自著の権威付けに使っていた事を批判するため、物理学者アラン=ソーカルがでたらめな数式や用語を羅列したインチキ論文を作成して権威ある雑誌に投稿したところ、見事に掲載されてしまったというソーカル事件を指しています)
参照:>>ソーカル事件

続きます
>>イグノーベル賞 2
…………………………………………………………………………………………



| HOME | Next

Powerd by ratato
Copyright © 2008 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。