上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


世の中にはさまざまな分野にそれぞれの専門家がいて、みな自分の領分についての深い知識を持ち合わせています。そしてそんな専門家達を困らせる最も簡単な方法のひとつが、「あなたの専門としている分野とは一体どのようなものですか?」という単純な質問をすることです。
数学者に「数学って何?」と聞いてみたり、警察官に「警察ってなんなの?」と無邪気に尋ねる。子どもの純粋な残酷さを真似てみるだけで、たいていの場合しばらくの間相手が考え悩むさまを見て楽しむことができます。

専門家にとって専門とする分野は空気と同じようなものであり、その存在そのものについていまさら考えてみるような気はなかなか起きない ― こんなことを言ったのがアインシュタインだったか寺田寅彦だったかははっきり覚えていませんが、言わんとしている事はよくわかります(もっと別の人だったかもしれない)。

振り返って「経済学」とはなんなのかを考えてみると、意外にも明確な答えが用意されています。
すなわち経済学とは、「有限である資源の最も効率的な分配方法を考える」学問だ、というのが現在最も広く知られている定義です。
あらゆる問題についてハッキリした答えを出すことにきわめて消極的な経済学ですが、なぜかここだけはちゃんと断言しています。経済という言葉から連想されるお金儲けの方法だのGDPがどうのというのとは少し違った感じを受けます。

”経済”のイメージ
経済


経済学の前提となるのは、
(1)人間の欲望は無限である
(2)欲望は財・サービスによって満たすことが出来る
(3)しかし財・サービスの生産に必要な資源は有限である(希少性を持つ)
という考え方です。
人間の欲望を満たすために必要な財を、希少性を持つ資源を使っていかに効率的・合理的に生産し、配分するのか。そのために人はどのような行動をとるのかを考える。これが経済学だといわれています。

しかし、何か引っかかるところがあります。
ここで問題とされているのは財の効率的な生産方法と配分方法だけです。”社会的な存在”である人間の持つ道徳や価値判断などは一切考慮されていません。同じ人口で同じ量の資源があれば、どこであっても同じ生産・分配方法(総称して経済活動)が観察される、と主張しているわけです。

当然のことですが、経済学が扱うのは「人の」経済活動です。そこに人の心理が反映されていないはずがありません。それなのに、人間が本来的に持っている、また各社会によって異なっているはずの、道徳や価値判断という重要な要素が、経済学の取り扱う範疇からすっぽり抜け落ちてしまっているのです。

人間は一人一人違って当然だが、総体として見れば「平均的な個人」の合計になる。
経済学のこういったものの捉え方は、「合理的経済人(強い個人)」という仮定にもっとも顕著に現れています。

合理的経済人とはかの有名なアダム=スミスが発表した人間のモデルで、自己の利益を最大化することだけを目的に行動する存在です。合理的経済人は自らの欲望を最大限満たす(効用を最大化する)ために合理的な判断を行い、それに従って行動します。
詳しい話は省きますが、最も単純な合理的経済人のモデルでは、1つの数式だけで集合としての人の行動を表すことができます。

しかし実際のところ人はそれほど合理的でもなく、また効用を最大化するために必要な計算に通じているとも限りません。他の人の判断に影響されない、合理的な強い意志を持った個人で社会が成り立っているという前提の時点で、現実世界からの解離は明らかです。
そもそも尺度となるべき効用=幸せというのも数値化できないものであり、人の判断が合理的であったかどうかを判定することも現実には不可能な話なのです。

このように、「資源の効率的な配分方法」を考えるうえで、人は合理的な判断と行動を行う存在として捉えられてきました。しかし近年、それだけでは現実の人間活動を反映させるにはあまりにも不十分だということが指摘されるようになって来ました。
現在は従来の経済人モデルに心理学を加え、実際の人間の行動を捉えようとする行動経済学が研究されています。
その内容はまた別の機会に。

人間を対象とするにもかかわらず、現在のところ中身に人間味の乏しい経済学の定義が変わる日も、そう遠くないのかもしれません。


経済学的思考 [1] [2] [3]


追記:それでも合理的経済人の仮定が経済学のモデルにおいて広く用いられてきたのは、それが計算を容易にするという運用面での理由だけでなく、現実の個人が複雑すぎるため、計算式に落としこんでモデル化するという作業が困難を極めるという技術上の限界があったことにも留意しなければなりません。

追記2:子どもの純粋な疑問、と書いていて思い出すのは、「子どもしつもん教室」です。毎回、「どうしてむしはしゃべらないのですか」「どうしてシャチはしろとくろなのですか」「ながれぼしはもえているときいたのですが、どれぐらいのはやさでもえているのですか」など、思わず答えに窮するような鋭い質問が飛び交っています。

関連項目:
>>世界最大の投資ファンド
>>社会的怠業
>>史上最高額面の紙幣
>>ゾウを冷蔵庫に入れる方法
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………


米グーグル社が新ブラウザソフト「Google Chrome(クローム)」の配布を開始しました。
検索市場で急成長を遂げた同社が、業界で圧倒的なシェアを握る米マイクロソフト社の牙城を切り崩すことができるのか。大きな注目を集めています。

世界におけるマーケットシェアは、2008年2月時点でマイクロソフトのInternet Exploror(IE)が約75%、モジラ社のFirefoxが約17%、アップル社のSafariが約6%、Operaが1%弱となっています。2006年にはIEが85%を占めていたことを考えると他のブラウザの躍進には目を見張るものがありますが、それでもIEの寡占状態は依然として続いていると言えます。

現在のマイクロソフトによる寡占状態は、90年代に繰り広げられた第一次ブラウザ戦争の時に築かれたものです。米ネットスケープ社の製作したNetscapeとIEとの覇権争いは苛烈を極め、先行していたNetscapeに対抗するため、マイクロソフトは自社OS・WindowsとIEの抱き合わせ販売を行い、市場の大部分を掌握することに成功しました(これはOfficeなどのソフトでも同様)。

しかし以上のような経緯からもわかるように、IEの圧倒的なシェアは他のソフトとの競争を勝ち抜いた優秀性に由来するというよりも、「最初から入ってるから」という理由で使い続ける人が多いことに拠るといわれています。
特に近年ではFirefoxやOperaなどの軽量・高速型ブラウザソフトが高い評価を得ており、IEの動作性の悪さ、セキュリティの脆弱性などが目立ってしまっています。実際のところ私もIEの重さに辟易して、Firefox、Sleipnirなどを使うようになった一人です。

今回配布が開始されたChromeですが、最大の目玉はなんと言っても処理速度の速さ。グーグルの行ったベンチマークテストでは、Chromeが他のブラウザを圧倒的に凌駕するという結果になりました。

chrome_500x387.jpg
ただし今回のテストは一部の性能に的を絞ったものであり、全ての面において勝っているというわけではないようです。

Chromeのベータ版を使ってみたのですが、シンプルなデザインや操作自体はFirefoxに最も近いと思われます。動きもかなり軽快です(全体的にFirefox3.0.1、Opera9.5よりも速いかと)。ただし一部のサービスでは「サポートされていないブラウザ」として警告が表示されたりもしました。また現時点では軽さ以外に特筆すべきところがない、というかむしろ他のブラウザをカスタマイズして使っている人には機能性の面で見劣りするところが目に付いたりと、まだベータ版なのでメインで使うには物足りないかなというのが率直な感想です。
↓具体的にどこらへんが足りないかなどはRion君の記事を参照
閑寂な草庵 http://kanjaku.blog.shinobi.jp/Entry/335/

マイクロソフトという巨人の陰に隠れていた他のブラウザソフトですが、もう一方の雄・グーグルが本格的に参入したことにより、IE以外のブラウザの存在も広く認識されるようになると思われます。一時は市場を制圧したIEが他のソフトにこれだけの巻き返しを許したのは、過去に築き上げた名前の上に安穏としていたからではないでしょうか。開発競争の激化は多くの場合ユーザーの利益に貢献するものであり、その流れを加速させることになるであろうグーグルの新規参入は、大きな変革の端緒となるかもしれません。

・Google Chrome http://www.google.com/chrome/?hl=ja&utm_source=ja-wh
・Firefox http://mozilla.jp/firefox/
・Opera http://jp.opera.com/
・Safari http://www.apple.com/jp/safari/download/


追記:ちなみにこのブログをChromeで表示するとものすごくレイアウトが崩れてしまいます。テンプレートをかなりいじっているからかもしれません。


関連項目:
>>パソコンの性能を調べてランキング
>>グラハム数
>>世界最大のクロスワード
>>1秒
>>1=2の証明
…………………………………………………………………………………………



| HOME | Next

Powerd by ratato
Copyright © 2008 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。