上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「*重要* クリスマス中止のお知らせ」

2008年12月25日に開催が予定されていたクリスマスは、金融危機による世界サンタクロース協会(WSA)の資金繰り悪化に伴い中止となることが決定 ― 11日付のロイター電子版が伝えた。

WSAの発表によると、昨年のサブプライムローン問題に端を発した金融危機により保有株式の減価が進行。さらに世界規模での景気悪化に伴って協賛企業からの寄付金も減少が続いており、資金繰りが急速に悪化していた。12月に入った時点でもサンタクロースの人数およびプレゼントの数量を確保するめどが立っておらず、今年度のクリスマス開催が困難になったという。

WSAの昨年度のクリスマス事業実績は総額420億ドル(約4兆2千億円)。金融危機で有価証券の評価損が膨らんだことにより今年度の収益は2兆8千億円に留まる見通しで、クリスマス事業の実施が困難との結論に至った。

2007年度クリスマス事業実績(単位:億円)

サンタクロース人件費・・・・・8000
そりレンタル代 ・・・・・・・・・・1000
赤いウールのスーツ・・・・・・1500
スーツにつけるファー・・・・・・500
例のブーツ ・・・・・・・・・・・・・1000
その他小物・・・・・・・・・・・・・1000
IT関連 ・・・・・・・・・・・・・・・・・2000
人材サービス費・・・・・・・・・・1000
ワイン代・・・・・・・・・・・・・・・・1,1000
トナカイ代・・・・・・・・・・・・・・・6000
プレゼント購入費用・・・・・・・1000
ホッホッホー・・・・・・・・・・・・・5000

昨年度予算の内訳を見ると、全体の約4分の1をサンタクロースのワイン代(1兆1千億円)が占めており、以下サンタクロース人件費(8千億円)、トナカイ代(6千億円)と続く。かねてから不透明だとの指摘がある「ホッホッホー」の費用は5千億円を計上している。
「毎年新しい衣装は必要ない」「プレゼントの優先順位が低すぎる」「酒飲んでそり乗るな」「ホッホッホー」などと今年も予算会議で議論が行われたが、最大会派であるサンタクロース民主同盟(SDU)内部の反対もあって実効性のある経費削減策を打ち出すことは出来なかった。

会議ではサンタクロースの個体数減少も議題となり、COP14を通じて温暖化対策の早急な実施を求めることで一致した。

クリスマス中止のお知らせ5


関連項目;
>>【クリスマス中止のお知らせ】
>>【バレンタインデー中止のお知らせ】
>>小ネタ集 [1]
>>世界最大の投資ファンド
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2008 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。