上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


初めての投稿になります。
気になったこと、興味のあることについて不定期に、つらつらと書き綴っていく予定です。

珍しい生き物、物理現象、北欧神話から現代の世界経済まで。
ジャンルは広く、しかし深く。

素敵な無駄知識たちがあなたの脳内メモリーを優しく埋め尽くします。


というわけで第一回はいま流行りの昆虫、トゲアリトゲナシトゲトゲ(棘有棘無棘棘)です。

こんな名前の昆虫がいること自体、あなたの人生に何ら益することはありません。
でも、聞きたくなりませんか?

「あるのかないのかどっちだ!!」と。

少しでもこう感じてしまったあなた。
それだけで脳の中にはトゲアリトゲナシトゲトゲに関するファイルが作られ、少しづつ他の情報を喰い潰していきます。

それらをふまえたうえで続きをご覧ください。

この矛盾して破綻した名前は決してトゲアリトゲナシトゲトゲのせいではありません。
その生き物をどう呼ぶかは人間の勝手ですが、こんな哲学的で深遠な名前がつくまでにはいろいろな偶然と遊び心の連鎖がありました。

1.まず、ハムシというカブトムシの仲間の昆虫がいた
 (↓こいつはいっぱいいたから最初に発見された)
ハムシ

2.つぎに、トゲのあるハムシが見つかった
 (↓トゲのあるハムシでトゲハムシ、あるいはトゲトゲ
トゲハムシ

3.そのあとで、トゲトゲの仲間なのにトゲのないのが見つかった
 (これがトゲナシトゲトゲ

4.なのに、トゲナシトゲトゲの仲間なのにトゲのあるやつが見つかった
 (トゲアリトゲナシトゲトゲ完成)

日本語では先に来る言葉のほうが強い拘束力を持つので、結局のところトゲはあるという設定のようです。

生息域は本州と九州のススキ原とされています。もちろんトゲアリトゲナシトゲトゲは普通のトゲトゲを指すものなので、一般人には区別できません。

↓遊び心は大切だと思ったら↓
e_02.gif 


オマケ:「やぁ」
やぁ

関連項目:
>>世界一脚の数が多い生き物
>>世界一アゴの割合が大きな生き物
>>おもしろ法律 [1]
>>アノマロカリス
>>モンティ・ホール問題
>>プチプチをつぶす心理
>>大きくなると縮むカエル
>>ガンダム00
>>ラプラスの悪魔
>>ハムスター雑学
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。