上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


前回の記事
>>猫のオスカーのある一日

ドーズ医師はオスカーについて、「彼は普段から人懐っこいわけではありません。エサをやったりすれば寄ってきますが、その程度です」と語っています。
では一体何が、オスカーを命の尽きかかっている人のそばにつなぎとめているのでしょうか。

「動物は、人が普段感じることのできない微細な化学反応の変化に対して非常に敏感だと考えられる」とリンカーン大学のダニエル=ミルズ教授は言う。
「死を間近に控えた人の体内では体が最期の蘇生を試みるために新陳代謝が活発になり、体温が上昇します。猫はこの変化を察知しているのではないでしょうか」

臭いの化学物質やホルモン、脳波から人の死が近いことを直感的に理解している、と主張する人々もいます。マサチューセッツ州サレムに住む「現代の公認魔女」(?)ローリー=カボット氏は、「オスカーは『人の親友』としての行動を示しているだけ」という説を唱えています。かつて魔女達と繋がりの深かった猫たちが使うことのできる精神との会話を行っている、というのです。
「猫の脳波は常にα波であり、β波の状態になることはありません。そして、全ての精神活動はαの状態でのみ行われます。特にα波に敏感なオスカーは人の脳波を読み取ることで人の死が近いことを察知し、その人を癒そうとしているのではないでしょうか。その人が次の世界に安心して向かうことができるように」

実際オスカーは病院の3階から出ることはありません。各階ごとにドアには鍵がかけられているためです。しかしオスカーは患者が息を引き取った後も一緒に寄り添い、葬式の列が行くのを見送るそうです。

病室の前のオスカー
オスカー

カボット氏の主張に対して、テノ医師はもう少し現実的な方法でオスカーの行動を説明します。
「オスカー自身が不吉な前兆であると考えるのは違います。彼は病院の中で生活することで病院スタッフの動きの法則性を理解し、死が近い患者のいる部屋で行われる終末医療の現場に流れる暗い空気を癒すため、ベッドの上に登ったり鼻を鳴らしたりするのではないでしょうか」

実際にオスカーが死を予言し、数時間後に家族を亡くした人の中には、猫が最期の時間に傍にいることで大きな癒しが得られた、と話す人もいます。

オスカーのいる介護施設には6匹の猫が飼われていますが、死を予言するような行動をとるのはオスカーだけです。
しかしドーズ医師がオスカーの能力について医学誌で紹介した後、世界中から「似たような力を持つ猫を知っている」という手紙やメールが届くようになりました。
もしかしたら猫にとってはもっと一般的な力なのかもしれません。

参考記事:Daily Mail 7/27
上手く訳せなかったところには(?)をつけました。

死に備えるだけの時間はたくさんあります。しかし、おそらく最期の最期、先が見えるようになる(あるいは見えなくなる)まで、人が自分の死には向き合うのは難しいことだと思います。
オスカーは自分や家族の死の内面と向き合うための準備をする時間をくれるのではないか。
そんなことを考えました。


追記:記事のタイトルは、ドーズ医師が医学誌に載せたコラムの表題から来ています。

↓猫には不思議な力があると感じたら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>シュレディンガーの猫
>>ハムスター雑学
>>ルルドの泉
>>ペンギン将棋倒し
>>ピーターラビット
>>リスとどんぐり
>>LUCA
>>脚のない鳥
>>ラプラスの悪魔
>>雀入大水為蛤
>>ジキル博士とハイド氏
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





会社からお邪魔しま~すe-319
(現在私の横にある温度計31.5℃。暑いんですe-330)

オスカーの話、ずっと以前にTVでやっていたような気がします。(なんか聞いたことあるので)
確か犬にも飼い主の心臓発作とかを事前に察知して教えるコがいたと思います。(2件聞いた記憶が…)
犬にしろ猫にしろ、彼らが人間には感じ取れない何かを感知しているのは事実なんですよね。

e-284ぜんぜん次元の違う話ですが、まだ十代の頃に貰ってきた猫は日頃私とベッドの取り合いで戦っているのに、私が何かで泣いていたら、ひざの上に乗ってきて涙をペロペロなめてくれて、それが慰めてくれているような気がして余計泣いちゃったことがありましたっけ。

そんなわけで地獄の使者だとはぜんぜん思いませんです~。
【2007/08/24 17:53】 - ミッチョン #-[ 編集]
この話題は最近新聞で読んだばかりです。猫に死を予知できる能力があっても不思議ではないような気がします。そういえば自分の家族の知り合いの家で、病気(重病)の為やせてしまったご主人に対して、どこからか拾ってきた魚を枕元に置き、しきりにそれを食べるように促していた猫ちゃんがいたそうです。その猫なりに、ご主人が死なないように目いっぱい気付かってくれてたんだと思います。猫は自分自身の死期も早くから悟りますし、人の死に対して敏感だとしても何の不思議もないのかもしれませんね!
【2007/08/26 20:06】 - 銀四郎 #-[ 編集]
そんな猫がいるんですか~
猫は大好きなんですけど、
死を予言(?)するんですか、
そういえば前かっていた猫がいて、
そいつをかわいがっていた祖母が亡くなったとたんに
さみしがり屋になりましたね。
これもなんか関係が……
というか本当にたださみしかっただけだと思いたいしそうだろうとも思いますが。

とりあえず猫は癒されますよね。(脱線中
【2007/08/26 21:29】 - 斜陽 #99DFA69w[ 編集]
>ミッチョンさん
お仕事ご苦労様ですe-466もう暦の上では残暑のはずなのですが、いまだに本格的な暑さが続いていますね。

オスカーは有名になったので、テレビとかで取り上げられてるかもしれないです。
心臓発作を知らせる犬の話ですが、実際に何頭か確認されているそうです。現在では訓練で教え込むことができるのでは、と考えられています。他にも糖尿病の人に低血糖を知らせる能力を持つ犬や、癌細胞をかぎ分けてその転移を教える犬もいるとか。

ネコちゃんとベッドのとり合いとか、本当にうらやましいです。
一緒に生活している動物が人の気持ちを理解したような行動を示すことがありますよねe-284e-267やっぱり人間の愛情が形となって返ってきたのではないでしょうかe-254

>銀四郎さん
朝〇で記事になってましたね~。「先にやられた!」って感じでしたe-251
ネコが飼い主のもとに捕まえた獲物を持ってくるのは、「狩りの下手な仲間のために分けてやろう」ってお情けだ、と聞いたことがあります。でも普段はそんな風に人を見ているネコであっても、苦しんでいる仲間を助けるために精一杯の優しさを見せることがあるのでは、と思っています。ご家族の知り合いの場合でも、そんな心遣いを感じてしまいます。
動物は人間がすでになくしてしまった第六感みたいなのを持ってるのかもしれませんね。

>斜陽さん
たとえネコ本人に亡くなった人の死をいたんだりする気持ちがなかったとしても、彼らは寂しいという気持ちを素直に体で表現します。その様子が、遺された人の心の傷を少しでも軽くするのではないでしょうか。
そんな気ままさがネコの癒しなんだと感じますe-247
【2007/08/27 13:51】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。