上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「死を予言する猫」

アメリカ・ロードアイランド州の病院に飼われている1匹の猫が、「人の死を予言する」として注目を集めています。
「天使か?死神か?」という論争も生まれています。

州都プロビデンスにあるスティアー介護・リハビリテーションセンターの3階には、茶色と黒のぶちのある猫、オスカー君(雄、2歳)が住んでいます。
彼は2005年7月にこの施設で拾われて以来、25人もの死を「予言」してきたといいます。

Oscar:The cat that can predict death


オスカーの一番のお気に入りは、お医者さんの机の下で丸くなることと、誰もいない事務所の窓辺で日光浴をすることです。しかし彼はまた、日に何回か回診することを日課としています。

彼は入院患者たちの病室を自由に行き来し、中の様子を伺って患者のそばで鼻をひくひくさせた後、何もせずにまた出て行きます。

しかし日によっては突然患者のベッドにあがりこみ、鼻やのどを鳴らしたり、寄り添ってそのまま寝てしまうことがあります。
するとその患者は数時間後に必ず亡くなってしまうといいます。

回診するオスカー
catdeath22607_468x305.jpg

「オスカーが患者の横で丸くなっているのを確認すると、真っ先に医療記録の確認を行い、司祭を呼び、家族にはその人の最期が近いことが連絡されます」
こう話すのはこの施設で働くドーザ医師です。彼は『ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』でオスカーの能力について取り上げた人物です。
「私達も18ヶ月ほど前から、この猫が何か特別なことを行っているのを目撃するようになりました。ここで人が亡くなることは珍しくないので、彼が死を予言する数多くの現場を目撃しました。彼の予言は絶対なので、多くの患者とその家族が最期の時を共に過ごすことができたのです」

オスカーは患者の亡くなる2~4時間前に現れ、寄り添うようにして最期の時間を過ごします。彼がここに来てから亡くなった25人のうち、最期の時にその部屋にいなかったのはたった一例だけ―容態の急変を聞いて駆けつけた親族が、猫を部屋から出すように要請したため―だったそうです。

その時も、彼は部屋からつまみ出されると病室のドアを引っかいて大きな鳴き声を出し、明らかに「自分はその部屋の中にいたい」と主張しているようだったそうです。

続きます
>>猫のオスカーのある一日 2


参照:>>ヘンペルのカラス
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。