上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「世界最大の自走式機械 バケットホイールエクスカベーター」

巨大機械といえばまずロケットや宇宙ステーションなどが思い浮かびます。
しかし、人類は地上でも超巨大な機械を生み出してきました。

現在稼動しているなかで最も大きな自走式機械は、ドイツ製露天掘り用採掘機:バケットホイールエクスカベーター(Bucket Wheel Excavator=BWE)です。
とくにMAN Takraf社が製造したRB298は地上最大の自走式機械としてギネスブックに認定されています。
Bucket Wheel Excavator


気になるその大きさですが、
全長  240m
全高  96m
総重量 1万3500t
消費電力 16メガワット
(キロワットではない!)

これは1978年に完成した有名なクルップ社製のBagger288のデータです。設計に5年、建造にさらに5年、総工費130億円をつぎ込んだ高価な走る採掘機です。
この大きさになると製造ではなく「建造」なのですね。

初代ガンダムは全高18m、総重量43.2t、ジェネレーター出力1380kwという設定でした。
しかしこのBWEはガンダムの13倍強の大きさと312倍の重さを誇り、出力に至ってはガンダム120機分に相当する電力を食いつぶしています。
参照:>>ガンダム00

しかもその巨体に似合わず自走式=牽引ではなく内蔵されたモーターで稼動しているので、12本のキャタピラを駆使して分速10mの速度で移動することができます。ただし操作には巨大な外部電力(ガンダム120機分)と5人の作業員が必要になります。
そのためトイレ、風呂、台所完備です。なんなら住めます。
↓走ってます
バケットホイールエクスカベータ2

名前の由来は、ホイールについているバケット(入れ物)。
直径21.6mのホイールには容積各6.6m318個のバケットが付いていて、地面に押し当てることで削り取るようにして採掘を行います。
ガリガリ削っていく部分


あまりにも巨大なため、Google Mapでも映っています。

2001年2月にドイツのHambach炭田を掘りつくした際には、22キロ先のGarzweiler炭田まで3週間かけて自力で移動したそうです。70人の作業員と1500万マルク=1.3億円の費用をかけたとか。

スターウォーズやマトリックスでも登場した巨大機械。
なんだかSFの世界の話ですが、今日もBWEは世界のどこかで大地を削っています。

↓大きな機械ってスゴイ!と思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>世界最長の生物
>>世界最大のクロスワード
>>世界最速のコンピューター
>>世界最大落差の滝
>>史上最高額面の紙幣
>>世界一長い楽曲
>>世界最古の計算機
>>芝刈り機レース
>>世界最大のダイヤモンド
>>大きすぎて絶対に書き表せない数
>>世界最大の投資ファンド
>>世界最速の鉄道
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





ご、ごつい機械だv-12
2枚目の写真の右下に黄色いトラックだか何だかがありますが、あれも目の前で見たらけっこう大きい気がするのですが、可愛らしく見えてしまう…e-263
こんな大きなものが動くことがスゴイです。
建物が動いてるみたいですもんね(もう、ただただ感心)

ふと、そのうち家ごと引っ越すとかできそうな気がしました。(←限りなくマンガ的な発想・笑)
【2007/09/01 02:29】 - ミッチョン #-[ 編集]
ここまで大きいと見たいという気さえ起きませんv-403
これを動かすほどの価値のある作業は実在するのでしょうか。燃料代すらばかにならないんでしょうね・・・
【2007/09/02 22:40】 - ハム好きM #-[ 編集]
お久しぶりです!
いやぁ、ここまででかいとね。笑
シャトル打ち上げの際の台も車で、坂道も水平になる様になってるんですってね!

ハリーは大きいおっ☆★が大好きです、、、爆
【2007/09/03 01:51】 - ハリー #-[ 編集]
>ミッチョンさん
家ごと引っ越すため、家を運搬する車なら開発されてますよ~e-125
思いつくこと、技術的に可能なことならなんだって追い求めるのが人間の性質みたいです

これで動くわけなので、間近で見ると「ハ〇ルの動く城」ぐらいのインパクトがあるのではないでしょうか。そういやハウルは声優さんがいまいちだったという記憶しかありません....ミッチョンさんはご覧になりましたか??

>ハム好きMさん
そうですね~。
GoogleMapで見れるので、わざわざ見に行く気は起きないですね 笑
ここまで巨大化したのは、やっぱり経済学でいう「規模の効果」に期待したからではないでしょうかe-390e-267大地を削るにあたってはその重量そのものが大切なエネルギーとなります(重力によって地面に向かって常に下向きの力がかかるためです)。なので軽い採掘機が複数あるよりも、重いのが1つあったほうが効率がいいのでは...と考えていますe-254
まぁ「でっかいのを作ったぞ!」っていう名誉欲みたいなのもあるんでしょうね。

>ハリーさん
お久しぶりです~
しばらく訪問できていなくて申し訳ないですe-466e-330
シャトルの打ち上げ台って、もしかしてクローラートランスポーターでしょうか??かの「ゴールデン・スリッパ」....いずれ取り上げる予定なので、ご期待くださいe-420

私もおっきぃお。は°〇は大好k(以下略
こちらはいまのところ取り上げる予定が無いのですが、
いろいろ雑学はあるのですこしだけ期待しておいてください。
やっぱり形も重要だt
【2007/09/03 11:44】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。