上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


解離性同一性障害(DID)という精神疾患があります。
その旧称・多重人格障害(MPD)という名前が示すとおり、1人の体の中に独立した性格、記憶、属性をもつ別個の人格が現れるという症状が特徴です。

ほとんど全ての人は、成長するにしたがって「自分の体は自分だけのものであり、他者とは別の存在である」という自己同一性を形成していきます。1つの体に宿るのは1つの人格とそれに伴った記憶であり、それはいつでも連続して人の中に存在し続けています。
参照:>>心の理論
    >>テセウスの船

しかし、この同一性が何らかの理由によって損なわれてしまうことがあります。
その原因となるのが人の持つ「解離」という能力です。

解離とは、周囲の出来事が自分の認識している範囲と異なる場合、無意識に自分の思考や感覚の一部を切り離してしまう現象です。
身近な例で言えば、
・空想に耽っている状態
・白昼夢
・何かに集中していて他の事に気が付かない
・高速道路を運転中、話をしながら車線を移動する能力
などがあります。

上には病的でない例を挙げましたが、解離とは「意識、記憶、同一性など本来は統合されている機能が分離している状態」を指します。
激しい心的外傷を受けた場合などでは、自分の心を守るために「この心的外傷は自分に起こったものではない」として記憶や感覚を解離してしまうことがあります。自我が過度な負担に耐えられないと判断した場合などです。
病的な解離の例としては、
・刺激に対して痛みを感じない(感覚の解離)
・周りの出来事が他人事のように感じる(離人感)
・行動した形跡があるのに記憶が無い(解離性健忘)
・知らないうちにまったく別の場所にいる(解離性遁走)

特に子どもの頃などに繰り返し強い心的外傷を受けた場合(例えば性的虐待など)においては、つらい経験をするたび「別の誰か」にその負担を転嫁して自我を守ろうとします。そうして少しずつ解離の度合いが進むと、いままで副次的なものでしかなかった「別の誰か」の比重が大きくなっていきます。自分を守るために切り離していた感覚が無視できないほど大きくなり、独自の記憶や意識を持つ独立した人格のような働きを持つようになった状態 ― それが解離性同一性障害です。

続きます
>>ジキル博士とハイド氏 2
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





ひええ~~っ!禁止ワードがあるとのことで、せっかく書いたコメントが投稿できませんでしたYO~!もう一度書く気力が失せたので、今日はこれで失礼します!!
【2007/09/18 22:47】 - 銀四郎 #-[ 編集]
>銀四郎さん
すいませ~んっe-277e-263
いやがらせののコメントが来るたびに禁止ワード指定していたので、結構いろいろひっかかるかもですe-268e-268実際自分で投稿出来ないことがあって、ちょっと不便です(e-277笑)少しは緩めようかなぁと思っています。
コメントありがとうございますe-466
【2007/09/19 08:22】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
久しぶりにコメントします~(ほぼ毎日来てたので、気分的には一週間ぶりぐらいな感じですね)e-319
私、「空想にふける」と「何かに集中していて他のことに気がつかない」は、覚えがあります。
子供のころからマンガ家に憧れていたので、ほぼ全部マンガがらみですが(笑)
マンガ読んでいて呼ばれても全然聞こえてないとか、仕事(絵描くことの延長線上の仕事)に集中していてすぐそばで行われていたことにまったく気がつかなかったとか。

それにしても、ほぼ同じタイミングで似たような記事を書いてることにビックリしました(笑)
しかもスタンスは真逆~e-277
私はオカルティズムのスタンスですね。
私のようなのは、どのように解釈されてしまうのだろうかと、ちょっと気になりました(笑)
【2007/09/21 00:23】 - ミッチョン #00J7NHAA[ 編集]
>ミッチョンさん
「記事かぶってる~e-330」ってなってました 笑
私が一般的な事例について扱ったのに対して、ミッチョンさんはご自分の実感について述べられています。でもこれは決して科学的⇔オカルト的というような対置関係にあるのではなく、似たようなものを別の視点から見ているだけだと思っています。どちらも物事を考えるにあたって、非常に重要なスタンスです。
余計なお世話かもしれませんが....ミッチョンさんは「自分」「怒る人」と話をされたことがあるとおっしゃっていました。その対話自体が現在のミッチョンさんの意識・記憶に残っているので、連続した同一性の下で行われたと解釈できると思います。なので、DIDではなく、その人も自分の中にある気持ちの一面、とも言えるかもしれません。

ちょうどバトンでミスをしたところなので、よくワカラナイことはこれぐらいに留めておきますe-254
【2007/09/21 09:21】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
こんばんは♪
コメントありがとうございました!

・・・妄想家です私!
けっこう、現実逃避してます(笑)
ある意味、別の人格に憧れますね(^-^)

まぁくつさんはどうですか?

ではまた来ます♪
【2007/11/26 16:01】 - チーズ #Ouk1KsT2[ 編集]
>チーズさん
コメントありがとうございますです~[e-420]
私はそりゃもう逞しい妄想力の持ち主でして[e-284](笑)ウワサの脳内メーカーでも「妄」の字が頭ん中埋め尽くしておりました[e-277]
しかも残りは欲って一体....

>別の人格に憧れます
私の場合、水球中は完全に別の人間になっているそうです。普段は温厚なのに、試合中は「リーグ有数の凶悪な選手」だとか[e-271]でも「水球は嫌がられてナンボのもんじゃぃ!!」と開き直っています[e-254]
【2007/11/26 16:02】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。