上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


以前話題になったGoogleの面接試験問題の中に、誕生日問題として知られるパラドックスとよく似た問題があります。

■原題
「あなたは友人たちとパーティをしており、あなたを含めて10人いる。友人の一人が賭けを提案してきた。『この中で君と同じ誕生日の人がいたら君に1ドルあげよう。同じ誕生日の人がいない時は私が1ドルもらおう』。あなたはこの賭を受け入れるか?」

答え:
1)ある人が自分と違う誕生日の確率:364/365=0.997
2)自分以外の9人全員が違う誕生日の確率:0.9979=0.976
3)賭けの期待値は、1×(1-0.976)-2×0.976=-1.928<0
より、賭けは受けないほうがいいとわかります。

口頭試問とはいえ、余りにも簡単すぎます(計算ではなく考え方そのものが)。
ちょっと趣向を変えてみましょう。

誕生日のパラドックス問題
「あなたは友人達とパーティーをしている。友人の一人が賭けを提案してきた。『この中で少なくとも一組同じ誕生日のペアがいる場合、君に1ドルあげよう。いなければ私が1ドルもらう』あなたがこの賭けを受け入れるべきなのは、パーティーに何人以上いる場合だろうか?」

直感として浮かんでくる数字はいくつでしたか?
考え方としては元の問題によく似ています。

答え:
全員の誕生日が異なる確率を考えます。すると1人目の誕生日は365通り、2人目は1人目とは違う誕生日なので364通り、3人目は363通り....式で表すと、
p=365/365×364/365×363/365…{365-(n-1)}/365
 =365!/365n(365-n)!
ここで、あなたが賭けに乗るべきなのは勝つ確率が50%以上の時です。
p<0.5になる最小の数を求めると23だとわかります。

つまり、23人集まれば50%以上の確率で同じ誕生日の人がいることになります。
これが誕生日の「パラドックス」と呼ばれる所以です。
直感と実際の確率にズレがあるのです。

続きます
>>誕生日のパラドックス 2
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





お久しぶりです(^-^)
誕生日のパラドックス…
面白いですね!
感心しちゃいました(^-^)
勝つ為には緻密な計算が必要って事ですね(笑)

ところで…
まぁくつさんは大阪でしたよね。
私は東京なんですが…
この間、大阪の天王寺動物園に行きました!コアラが可愛かったです(^-^)

大阪っていい所ですね~(^-^)

私のブログ…久々に更新しましたので良かったら、時間のある時に寄ってみてください。お待ちしています!(^-^)/
【2007/11/26 16:03】 - チーズ #Ouk1KsT2[ 編集]
>チーズさん
お久しぶりですe-247
返信が遅れて申し訳ないですe-277e-330
向こうから返事はかけなくても、やっぱりコメントをいただくと嬉しいです。

大阪にいらっしゃる機会があったのですねe-420南の天王寺も温かみがあっていいですが、そのちょっと北のキタやミナミ(大阪人独特の表現なのです;)も見所がたくさんあります。東京よりも雑然とした感じが興味深いところですe-284

また東京にもチーズさんのところにも寄らせていただきますe-415
【2007/11/26 16:04】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。