上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


寒い日が続くようになってきました。
いよいよ本格的に冬が始まるといった感じです。

二十四節季で冬は立冬(11月7日ごろ)から立春(2月4日ごろ)の前日までとされています。
冬の間の節季は立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒と移ってゆきます。

この記事を書いている11月22日からはいよいよ小雪が始まります。
「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」の立冬から、「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」の小雪へ(『暦便覧』)。暦の上でも本格的な寒さが始まるようです。

二十四節季をさらに細かく分ける七十二候で立冬の期間を見ると、

初候 「山茶始開(つばき はじめて ひらく)」
    「水始氷(みず はじめて こおる)」
次候 「地始凍(ち はじめて こおる)」
末候 「金盞香(きんせんか さく)」
    「野鶏入水為蜃(やけい みずにいり おおはまぐりと なる)」

上が日本の略本暦、下が中国の宣明暦です。季節ごとに変化する気象や動植物の行動を表しています。古の人々が自らの生活と密接な関係を持つ自然を、つぶさに観察していたことがわかります。

金盞香=水仙の花が咲く
水仙
参照:>>水の器
    >>卯の花くたし

中でもおもしろいのが「野鶏入水為蜃=雉が海に入って大ハマグリになる」です。
10月8日ごろを表す七十二候・寒露にも「雀入大水為蛤=雀が海に入ってハマグリになる」という言葉が登場します。

これらは実際に起こる事柄を表しているのではなく、「秋の終わりごろになると雀たちが群れを成して海にやってくる。蛤が雀の化身だからだ」という中国の古い言い伝えを基にしています。
意味としては「あれだけたくさんいた雀たちを見かけなくなるのは、寒さを逃れた雀たちが海に入って蛤になっているからではなかろうか」というステキなユーモアです。雀と蛤の模様が似ていることも一役買っているのでしょう。

 蛤とならざるをいたみ菊の露  夏目漱石

(句意)秋のある日、雀の死骸が草むらに落ちていた。蛤になれなかったこの子のために、せめて白い菊の下に埋めてあげよう。

冷え込みが始まる時期にふとした暖かさを感じさせてくれます。

続きます
>>雀入大水為蛤 2
…………………………………………………………………………………………



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。