上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「世界最大の投資ファンド アブダビ投資庁」

ついにこの日が来たか、という感じです。
このほどアメリカ金融最大手・シティグループがアブ・ダビ・インベストメント・オーソリティ(アブダビ投資庁)から75億ドル(約8000億円)の出資を受け入れると発表しました。これにより同投資庁のシティ持ち株比率は5%弱に達する見込みとなりました。

シティは低所得者向け住宅融資(サブプライムローン)問題による保有有価証券の評価損などで1兆円規模の損失を計上。さらなる追加損失もうわさされる中で同社株の下落は止まらず、資本増強により経営の健全性に対する不安を払拭するのが狙いと見られています。

ここで登場するアブダビ投資庁(ADIA)というのはいわゆる投資ファンドの1つです。
それだけなら騒がれる要素は少ないのですが、問題はその後ろ盾にあります。彼らの背後にはアラブ首長国連邦(AEU)の財務庁が付いているのです。政府の影響下にある彼らは一般に政府系投資ファンド(SWF)と呼ばれています。

AEUは言わずと知れた石油の一大輸出国であり、その最大の輸入国は日本です。GDPの40%を石油・天然ガスの輸出に依存するAEUは、近年の天然資源の値上がりもあって巨額のオイルマネーで潤っています。

しかし、彼らは既に未来を見据えての行動を開始しています。将来天然資源が枯渇した時にも彼らの子孫が安心して暮らせるようにと、現在手にしているオイルマネーを投資に振り向けているのです。

そしてその大役を担っているのがアブダビ投資庁です。100%アブダビ首長政府出資である同投資庁の運用総額はなんと100兆円。間違いなく世界最大の投資ファンドです。
世界第2位といわれるシンガポール投資銀行の運用総額が33兆円(もう1つの政府系ファンドテマセクを合わせても44兆円程度)であることを考えても、中東オイルマネーの巨大さに圧倒されます。
参照:>>2007年度世界長者番付

ブルジュ・アル・アラブ@ドバイ
ブルジュ アル アラブ
いろんな意味で世界で最も高いホテル。1人1泊15万円~

投資ファンドは運用総額・投資先ともに不透明なことが多いのですが、とくに政府系投資ファンドではその傾向が顕著になるといわれています。
世界最大のアブダビ投資庁ですらその資産内容は非公開(100兆円は外部評価)です。投資内容は株式が50~60%で残りが債権や不動産、ということ以外は全て不明。

先ほどのG7でも特に政府系投資ファンドの活動に対して一定の規制を行うという議論が行われた模様です。

続きます
>>アブダビ投資庁 2
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。