上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


バター猫のパラドックス

猫は非常に優れた平衡感覚を持っています。そのため逆さにしてある程度の高さから落としても、必ず足から落ちます。

・猫は常に足を下にして着地する ・・・(a)

またこの世界はマーフィーが支配しているので、バターをぬったトーストを落とした場合、必ずバターの面を下にして着地します(選択的重力の法則)。

・バターをぬったトーストは、常にバターの面を下にして着地する ・・・(b)

ではバタートーストを(バターの面を上にして)猫の背中にくくりつけて一定の高さから落とした場合、どのような事態が観測されるのでしょうか。


これがバター猫のパラドックス(Buttered cat paradox)です。
2つの有名な言い伝えをくっつけた皮肉になっています。
両方を同時に満たすためにいろいろと論理をこねくり回して楽しむ思考ゲームです。

(a)猫は常に足を下にして着地する
猫は三半規管とは別に、水平線を検出するための能力が発達しています。そのため揺さぶられたりして三半規管が働かなくても、体のバランスを保つことが出来るといわれています。

(b)バターをぬったトーストは、常にバターの面を下にして着地する
これは選択的重力の法則と呼ばれるマーフィーの法則の一種で、バタートーストの法則として知られています。誰もが一度は経験したことのある「くそったれ!」と感じる経験則です。他にも選択的重力の法則としては、『落としたものが手の届かない場所に行く確率は、その価値に比例する』、などがあります。
参照:マーフィーの法則 [1]

もし(a)・(b)の両方を満たそうとすると、矛盾が生じてしまいます。猫が足から着地すればバターの面は上になり、バターの面が着地すれば猫は背中から落ちたことになるからです。

両方とも正しいと仮定した場合、一体何が起こるのでしょうか。

なんと続いてしまいます
>>バター猫のパラドックス 2


参照:猫のオスカーのある一日
    シュレディンガーの猫
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。