上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


前回の記事 バター猫のパラドックス

・猫は常に足を下にして着地する ・・・(a)
・バターをぬったトーストは、常にバターの面を下にして着地する ・・・(b)

この両方を同時に満たすと、何が起こるのでしょうか。

反重力説
猫の足とトーストのバターの面が共に地面に着地しようとする。そのため落下するにつれその速度は次第に下がり、バターと足が地面に同時に付くために、猫は高速で回転し始める。そして地面から少し浮いた場所で安定状態になり、反重力が発生する。

バター猫を落とした場合
バター猫
猫が足から落ちようとする力(FC)と、パンがバターの面から落ちようとする力(FBT)により、猫は回転する。
またFCは猫の足の裏から、FBTはバターから発生する力なので、
バター猫のパラドックス
ここでΘ = π + 3μ√2 となる時、
バター猫のパラドックス2
となり、猫が重力を拒絶する力を獲得することがわかる。

Cat + Butter Toast = Antigravity(反重力)
バター猫2

猫が浮遊した状態を保つためには、エネルギー保存の法則が大きな壁になります。外部からエネルギーが供給の候補としては太陽エネルギーなどが有力視されています。一応理論上は可能です。
参照:http://uncyclopedia.org/wiki/Murphy's_law_application_for_antigravitatory_cats


永久運動説
リード大学のPG Klein氏によって主張された、バター猫のパラドックスに対する数学的な解釈です。モノレールと永久機関の原理になるとも考えられています。

1)猫が足から着地する確率は1(100%)

2)選択的重力の法則により、トーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する。そのため、パンの落下によるカーペットの損耗は以下のような単純な式で表すことができる。
  p=s*t
pはカーペットの受ける損害、sはバターの塗られた面積を表す汚れの質(stain。例えばチキンティッカマサラならsの値は大きくなり、水なら0)を表す。
ここで、tはカーペットとパンに塗られているバター等との色の類似性を表す。たとえ強烈なオレンジ色のチキンティッカであっても、同じ色のカーペットに対して与えるダメージは相対的に小さくなると考えられる。(注:チキン~は鶏肉を使ったインドのカレーです)

以上のことから、カーペットの受けるダメージを表すpが最も大きな値をとるのは、白いカーペットとチキンティッカマサラの組み合わせの時だということがわかる。

このときpの値は1となり、猫が足から着地する確率と同じ値になる。
そのため猫が足から着地する力とチキンティッカの面が着地しようとする力がつりあい、猫は空中で安定状態を迎えることになる。

以上のことから、モノレールの下に白いカーペットを敷き、猫の背中にチキンティッカを塗ったパンをくくりつけておけば、列車は自動的に無限の動力を獲得することが出来る。
参照:http://www.physics.leeds.ac.uk/pages/PerpetualMotion


自由な発想は大事なのです。

↓一番の馬鹿はこの記事を書くのに3時間も費やした管理人↓
FC2ランキング 

WRYYYYYYYYYYYYYY!!
バター猫3

Rion君の考えた『正解』
buttercats.jpg
ネコ頑張りすぎ。

追記:2003年、上の永久機関説を基にした短編アニメが学生アカデミー賞を獲得しました。バター猫のパラドックスを実践している動画はたくさんありますが、怒られそうなので載せないでおきます。

関連項目:
>>マーフィーの法則 [1]
>>ヘンペルのカラス
>>1=2の証明
>>ゴールデンラズベリー賞
>>世界最速の鉄道
>>テセウスの船
>>抜き打ちテストのパラドックス
>>シャーロキアン
>>シュレディンガーの猫
>>ハムスター雑学
>>封筒のパラドックス
>>【クリスマス中止のお知らせ 2】
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





図解してみた。これが正解ではないだろうか?

http://file.kanjaku.blog.shinobi.jp/buttercat.jpg
【2008/07/02 01:50】 - Rion #EBUSheBA[ 編集]
だっはっは~!
反重力説も、永久運動説も理論的なこじつけは出来ても、実際にねこにバタートーストを乗っけて落としてみれば、もう結果は明らかですよね?

***以下銀解説***
猫は落下時に反転しつつも、器用に背中のトーストをすばやく外し、それを全部平らげる。すると食べたバタートーストが腸内で異常発酵し、おならガスとなって噴出!結果ものすごい推進力を得て、はるか宇宙の彼方まで飛び去ってしまう。

最近NASAでは、おならエネルギーでロケットを推進させる研究に着手したとか、しないとか・・・v-12
【2008/07/02 20:10】 - 銀四郎 #-[ 編集]
いま、職場で読んでいて大笑いしてしまいました(爆)
いや、この時間帯はもう姉と私だけなので、昼間に見なくて良かったと胸をなでおろしましたよ♪
もう面白くってしょうがない!
こんな風に自由に思考遊びするのって楽しいです♪
いちいち頭の中に絵になって出てくるし、想像してたら爆笑せずに入られませんでしたよ。
ちゃんと絵でも説明されていて、しかも物理の数式まで出てきて余計笑いました(⌒▽⌒)
真面目に遊ぶってこんなんかな~と♪
【2008/07/04 20:18】 - ミッチョン #00J7NHAA[ 編集]
>Rion
表情で笑った。ネコ頑張りすぎだろ、これw

>銀四郎さん
なるほど、モノレールの動力ではなくスペースシャトルの代替エネルギーだったわけでe-353e-353
ただしこの場合『器用に』がくせ者ですね。
ネコはどう頑張っても背中に手(足?)が届かないような気がするのです・・・e-464
背中がかゆい時はそれこそ『ネコの手』も借りたいことだろうと思います(若者に多い誤用だそうです。今度取り上げます)。

>ミッチョンさん
お仕事おつかれさまです。
普段はしないような方法で物事をとらえることは、頭の若さを保つ上でも非常に大切だそうです。
上のコメントにあるRion君のように、一緒になって真面目に馬鹿を考えてくれる友人がいると倍楽しめます。

ミッチョンさんもよく猫・ハムちゃんの写真にセリフを入れて漫画にされてますよね~。
頭にもいいにゃんこ漫画、これからも楽しみにしてますe-251
【2008/07/06 23:48】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
腹、抱えて笑ってしまいました。
真面目なこと言ってるのか、ふざけたこと言ってるのか。
ギリギリな感じが大好きです。(内容的には七割以上はチンプンカンプンですけど、エヘ)

男だけど、Rionさんの絵に惚れたよ、くそぅ。可愛すぎる。

更新される頃に、またそっとのぞきに来ます。
【2008/07/14 05:02】 - 久綾 #-[ 編集]
>久綾さん
コメントありがとうございます。

>真面目なこと言ってるのか、ふざけたこと言ってるのか。
上でミッチョンさんがおっしゃっているように、『真面目に遊ぶ』という表現がしっくりくるように思います。

息抜き程度にこっそりのぞいてやってください。
【2008/07/19 10:41】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
補足ですがチキンティッカマサラはインドではなくイギリス発祥の食べ物だと思われます。
【2009/01/04 20:07】 - ケツざる #-[ 編集]
個人的に猫は普通に着地するはずだと思います。
その後に猫は逃げ出し、絨毯にバターを塗ったくるでしょう。

マーフィーならそうするはず。
【2009/01/26 22:48】 - LU #5BK6ZyK2[ 編集]
>ケツざるさん
なるほど。見事な雑学をありがとうございます。


>LUさん
マーフィーを良くご存知のようで。
確かに彼ならそっちのほうがぽいですね。
【2009/02/04 17:35】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/04/01 21:20】 - - #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


管理人の承認後に表示されます【2010/11/26 02:35】
| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。