上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


今日は世界最大のダイヤにまつわるお話です。

ご存知のようにダイヤモンドは天然で存在するいちばん硬い物質です。4月の誕生石で、石言葉は「永遠の絆・純潔」。

ステキですなー。
誕生石が石英な私からすると、4月生まれの人がうらやましいです。

ダイヤモンドは炭素でできています。
つまりあんなものは鉛筆の芯です。炭です。ひがみです。
本来は黒い塊である炭素の結晶が、地球内部の高温高圧によって分子の配列が変化し、キレイなダイヤモンドの結晶になるわけです。

ダイヤはダイヤモンド原石として発見されます。

今回ご紹介するのは、いままで発見されたいちばん大きなダイヤモンド原石についてです。

その名前は「カリナン」。
1905年に南アフリカで発見されました。

カリナンはカット前の原石で3106カラット=621.2グラムもありました。
大きさは101mm×63.5mm×50.8mm。
それまで世界最大だったエクセルシオール(995.2カラット)と比べると、いかに型破りの大きさだったかがわかります。

いきなり3倍超の大きさですからねー。
野球で言うと球速500キロ超えるルーキーが現れたようなもんです。

そのあまりの大きさのために当初はダイヤの原石だと信じてもらえなかったとか。

非常に大きく高価だったため、買い手が現れないまま2年間ほど美術館で展示品として過ごしています。

最終的には南アフリカ政府が買い取り、当時のイギリス国王エドワード7世に贈呈されました。そして国王からアムステルダムのI.J.アッシャー社(ロイヤルダイヤモンドアッシャー社)にカットが依頼されたのです。

そのカットを任されたのが勤続20年の研磨職人、アンリ・コーでした。
コーは当時世界最高の技術を誇っていたアッシャーの中でも最も優秀な職人で、それまでにも多くの有名なダイヤを研磨してきました。

しかし、さすがのコーも史上最大のダイヤ原石を前に非常に苦悩します。彼は何日も不眠不休で、原石をどのようにカットすべきか考えました。

結果、まず原石を大きく二つに割ることになりました。

そしてついにカットの日。

いざ割る段階になってみると彼は急に怖くなって、なかなか刃を入れることができません。

そしてようやく原石を割る一撃を加えた瞬間、彼は極度の緊張とプレッシャーで気を失って倒れてしまいました。

しばらくして目を覚ましたコーは、原石がキレイに二つに割れているのを見て再び失神してしまいます。

こうして無事に割れたカリナンは、アッシャー社が用意した特注の機材と3人の研磨職人による1日14時間×8ヶ月の努力によって、世界一有名なダイヤモンドになります。

ちなみに作業を担当したコーさんはダイヤが完成してからストレスによる神経衰弱にかかり、原石が発見された南アフリカで療養生活に入っています。
ご苦労さまです。

気になるカットの成果ですが、合計1063カラット=212.6グラム、9つの大きい石と96個の小さな石、計105個もの宝石が生まれました

すごいなー1063カラットかぁ、さすがコーさん、
105個もできるなんてすごいなぁ。。。すごいなぁ。。。

・・・合計1063カラット?

原石3106との差分2043はいづこに?

2043カラットの行方も気になりますが、当時の人は大らかだったのでしょうか。完成した大きな9つの石にはそれぞれカリナンⅠ世~Ⅸ世の名前が与えられ、Ⅰ世とⅡ世はエドワード7世に献上されています。

105個のうち最も大きいものがカリナンⅠ世=「ザ・グレート・スター・オブ・アフリカ(偉大なアフリカの星)」です。530.2カラットもあります。

カリナンⅠ世はカットされたダイヤモンドとしては長らく世界一の大きさを誇っていました。

現在、カリナンⅠ~Ⅸ世はイギリス女王エリザベス二世が所有しているとされています。「ザ・グレート・スター・オブ・アフリカ」はロンドン塔内に展示されており、見学することができます。

現在世界最大の研磨済みダイヤモンドは「ザ・ゴールデン・ジュビリー」で、545.67カラットあります。しかもこのダイヤの原石はカリナンと同じ南アフリカのプレミア鉱山で発見された「名もない褐色の石」なので、カリナンとは兄弟の関係と言えます。タイのプミポン国王の治世50周年を記念して1997年にタイ王室に献上されたそうです。

追記:コー氏の逸話は作り話で、気絶したのは横で見学していたアッシャーの社長だ、という説もあります。

↓ブリリアントカットのダイヤモンド
20070316110205.jpg
ダイヤモンドの名は、ギリシア語の"adamas" (征服できない)に由来します。

↓コーさんは偉い!と思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>世界最大のクロスワード
>>世界最古の計算機
>>世界一脚の数が多い生き物
>>ペンギン将棋倒し
>>世界最大落差の滝
>>口紅
>>世界最大の自走式機械
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





面白い話ですね( ´_ゝ`)フーン
思わずポッチとしました

職員さんの気持ちが分かります・・・
【2007/12/01 17:20】 - 俵-YA!! #Ouk1KsT2[ 編集]
こんにちは、コメントありがとうございました!!  私も、結構雑学好きなので、又遊びにきますね!! お身体に気を付けて、御元気で(^_^)v
【2007/12/01 17:20】 - ちゃーみー♪ #Ouk1KsT2[ 編集]
>俵-YA!!さん
ポッチありがとうございますっ 笑
私がカットする職人なら南アフリカあたりに逃げ出してることと思います。

>ちゃーみーさん
雑学らしい雑学増やしていくのでよろしくお願いします。
健康の心配まで・・・ありがとうございます('-'*)♪幸い私は誰かに分けてあげたくなるくらいの完璧な健康体です。感謝感謝ですミ☆
【2007/12/01 17:21】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
初めまして。
ギネスブックに載っていたのですが、この宇宙で最も大きいダイヤモンドは、名前は忘れたのですが1つの星らしいです。
【2008/11/16 12:00】 - 匿名 #OARS9n6I[ 編集]
>匿名さん
オンライン版(英語)でしか確認していないのですが、「世界最大のカット済みダイヤモンドの記録」は上記の「名もない褐色の石」になっています(555.55カラット。研磨完了前なので記事の数字よりも少し大きいです)。

ttp://www.guinnessworldrecords.com/records/science_and_technology/amazing_science/largest_cut_diamond.aspx

ダイヤで出来た星は…英語記事の中では確認できませんでした。でも常に更新され続けるのが記録というものなので、そのうちupされるかもしれないです。記事書き直さないと…
【2008/11/16 23:46】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。