上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


最高を称える賞があれば、最低を表彰する賞もあります。
以前ご紹介したゴールデンラズベリー賞は、映画界最高の賞・アカデミー賞のパロディでした。同じように、世界で最も栄誉ある賞の1つ・ノーベル賞にも、その対極に位置する賞・イグノーベル賞があります。
参照:ゴールデンラズベリー賞

イグノーベル賞は、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる」一風や二風変わった研究に対して送られる賞です。
何のためにやってるのかわからないおかしな研究が受賞することもあれば、日のあたることの少ない地道な科学研究に対して送られることもあります。

受賞内容を見てもらえば早いかと思います。
受賞者の名前の横にあるのは受賞の際につけられた二つ名です。

■1991年
・化学賞 ジャック=ベンベニスト(多作な宗教勧誘者にして、学術誌『ネイチャー』への熱心な寄稿者)
 水、H2Oが知能を持つ液体であるということをしつこく発見し続けたことと、水は物事の痕跡が完全に消え去った後でも、その出来事を長い間記憶することができるという彼の満足するような結果を導いたことに対して。
(ネイチャー誌に『信じられないような出来事を信じる時が来た』という再現性のない実験を羅列した論文を掲載した事を指しています)

・教育賞 J=ダンフォース=クエール(時間の浪費者にして空間の占領者、あとは米国副大統領)
 科学教育の必要性を誰よりもよく立証したことに対して。
(パパ・ブッシュの時の副大統領。文法の破綻した意味不明の発言や簡単な単語のつづり間違い、基礎的な教養の欠如で有名)

■1992
・医学賞 F=カンダ、E=ヤギ、M=フクダ、K=ナカジマ、T=オオタ、O=ナカタ
 先駆的な研究である「足の臭いの原因物質の解明」、特に「自分の足が臭いと思っている人の足は臭く、思っていない人の足は臭くない」という結論に対して。

・文学賞 ユーリ=ストルチコフ(モスクワ有機元素化合物研究所の、誰にも止める事の出来ない執筆者)
 1981年から1990年の間に948報、平均で3.9日ごとに1報以上の割合で科学論文を発表し続けたことに対して。

■1993
・数学賞 ロバート=フェイド
 ミハイル=ゴルバチョフが反キリスト教徒である正確な確率(710,609,175,188,282,000分の1)を導き出したことに対して。
(ゴルビーは当時のソビエトの最高指導者にして最後の大統領。ちなみに本物のノーベル平和賞受賞者)

・文学賞 E=トロパル、R=カリフ、F=ヴァンドワーフ、P=W=アームストロング、他972名
 論文のページ数の100倍以上も著者がいる論文を執筆したことに対して。その他の著者の出身国は以下の通り(15カ国、省略)。

・医学賞 ジェイムス=F=ノーラン、トーマス=J=スティルウェル、ジョン=P=サンズ=ジュニア (慈愛に満ちた医療者)
 彼らの痛々しい研究論文、『ジッパーに挟まれたペニスの緊急処置法』に対して。
(是非とも国から補助k)

■1995
・心理学賞 シゲル=ワタナベ、ジュンコ=サカモト、マスミ=ワキタ
 ピカソとモネの絵画を見分けられるようにハトを訓練し、成功したことに対して。

・文学賞 デイヴィッド=B=ブッシュ、ジェイムズ=R=スターリング
 研究論文『直腸内の異物:事例報告と世界の文献の総説』に対して。論文では以下のものについての事例が報告されている。
「電球7つ、ナイフの砥石、懐中電灯2つ、ばね、かぎタバコ入れ、ストッパーのついたオイル缶、11個の異なる種類の果物や野菜や食べ物、宝石職人用のこぎり、凍ったブタのしっぽ、ブリキ製カップ、ビールグラス、さらにある特筆すべき患者は、メガネ、スーツケースの鍵、タバコ入れ、雑誌を一度に収納していた」

■1996
・生物学賞 A=バーハイム、H=サンドヴィク(諾、ベルゲン大学)
 彼らの研究、『エール、にんにく、およびサワークリームが、ヒルの食欲に与える影響』に対して。

・物理学賞 R=マシューズ(英、アストン大学)
 彼の行ったマーフィーの法則についての研究、特にトーストはほとんどの場合バターを塗った面を下にして落下するということを実証したことに対して。
参照:バター猫のパラドックス

・生物多様性賞 C=オカムラ(岡村長之助)(名古屋、岡村化石研究所)
 恐竜、馬、ドラゴン、その他1000以上の、どれも全長0.25mm以下の絶滅した「小さい種」の化石を発見したことに対して。
(東北地方を中心とする地域の3億年前の地層からミニ原人やミニ動物を多数『発見』したと発表し、自著を世界中の大学や研究機関に送りつけるなどしてなど古生物学界に混乱を巻き起こした人物。主な著書に『人類および全脊椎動物誕生の地-日本』など)

・文学賞 『ソーシャル・テキスト』誌の編集者
 著者の言っていることには全く意味が無く、さらには全く根拠もないような論文を、自分達では理解もしないまま熱心に出版したことに対して。
(当時の哲学者や社会学者が、科学用語をしっかり理解しないままに引用して自著の権威付けに使っていた事を批判するため、物理学者アラン=ソーカルがでたらめな数式や用語を羅列したインチキ論文を作成して権威ある雑誌に投稿したところ、見事に掲載されてしまったというソーカル事件を指しています)
参照:>>ソーカル事件

続きます
>>イグノーベル賞 2
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





>平均で3.9日ごとに1報以上の割合で科学論文を発表し続けた
>E=トロパル、R=カリフ、F=ヴァンドワーフ、P=W=アームストロング、他972名
 論文のページ数の100倍以上も著者がいる論文を執筆した

いや~、世界にはいろんな人がいるな~と思った中で、特に興味をそそられたのがコレ。
どっちも大変そう(笑)

他にも気になるのがゴロゴロしてて書ききれない(爆)
【2008/07/30 09:04】 - ミッチョン #00J7NHAA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。