上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


前回の記事 イグノーベル賞

変わった研究に対して送られるイグノーベル賞受賞者です。


■1998年
・生物学賞 ピーター=フォング(米)
 ハマグリにプロザック(抗うつ剤)を与え、彼らの幸福に貢献したことに対して。

・物理学賞 ディーパック=チョプラ(米、善くあるためのチョプラセンター所長)
 人生、自由、そして経済的幸福の追求に適用する際における、量子物理学のユニークな解釈に対して。
( 『人生に奇跡をもたらす7つの法則』『迷ったときは運命を信じなさい』などの著作がある代表的な疑似科学者)
参照:>>シュレディンガーの猫
    >>ラプラスの悪魔

・文学賞 マラ=シドリ(米)
 彼女の輝ける論文、『発話恐怖症に対する防衛方法としての放屁』に対して。

■1999年
・生物学賞 P=ボスロンド(米、チリ・ペッパー研究所理事)
 辛くない唐辛子の作成に成功したことに対して。

・平和賞 シャール・フーリエ、ミカエル・ウォン(南阿)
 自動車強盗を火炎放射器で撃退する自動車泥棒警報器を発明したことに対して。
(当時のヨハネスブルグの治安は最悪)

■2000年
・計算機科学賞 クリス=ニスワンダー(米)
 猫がコンピュータのキーボード上を歩くのを検出するソフトウェア「パゥ・センス」を発明したことに対して。
(パゥ=ネコなどの肉球のある動物の手)

・平和賞 イギリス海軍
 海兵隊に実弾を使うことを止めさせ、代わりに「バーン!」と叫ばせたことに対して。
(射撃訓練における実弾使用を減らし、ある程度の予算削減効果があったそうです)

■2001
・医学賞 ピーター=バルス(加)
 彼の衝撃的な医学論文、『落下するココナッツによる負傷』に対して。
(バルス!)

・技術賞
 ジョン=ケオフ(豪)   2001年に車輪の特許を取得したことに対して。
 オーストラリア特許庁 ケオフに開発特許2001100012を認可したことに対して。
(新しい特許制度の下ではほとんど審査が行われないという不備を指摘するため、ケオフが『環状の運搬補助装置』という名前で車輪を特許申請、受理された事件を指しています。まさに車輪の再発明)

■2002年
・衛生学賞 Eセグラ、R=アステ(西)
 猫と犬の洗濯機を発明したことに対して。

・文学賞 B=シルヴァーズ、D=クレイナー(米)
 彼らの鮮やかな論文、『小論文を読む際に、前もって引いておいた不適当な強調線が読み手に与える影響』に対して。

・平和賞 佐藤慶太(タカラ株式会社社長)、鈴木松美(日本音響研究所所長)、小暮規夫(小暮動物病院常任理事)
 コンピュータによって自動的にイヌ語をヒト語に翻訳する機械「バウリンガル」を発明し、種のあいだの平和と調和を促進したことに対して。

バウリンガル
バウリンガル

■2003
・物理学賞 J=ハーヴェイ、J=カルヴェーノ、W=ペインズ、S=コール、M=ローレンス、D=スチュアート、R=ウィリアムズ(豪)
 彼らの逆らい難い論文、『様々な物質の表面上で羊を引きずる際に必要な力の分析』に対して。

・心理学賞 J=キャプラーラ、C=バーバラネリ、F=ツィンバルド
 彼らの論文、『政治家の特異的に単純な性格』に対して。

・境界領域研究賞 S=ギルランダ、R=ヤンソン、M=エンクイス(瑞)
 当たり前といえば当たり前の結論を導いた論文、『ニワトリはどちらかというと美人を好むらしい』に対して。

・生物学賞 C=モーライカー(蘭)
 野生のアヒルの中に同性愛の屍姦愛好者がいるということを示す、世界で始めてとなる科学的な証拠を示したことに対して。

■2004年
・公衆衛生賞 J=クラーク(米)
 床に落ちた食べ物を食べても安全かどうかについての「5秒ルール」の科学的妥当性の研究に対して。

・工学賞 D=J=スミスおよび彼の父、故F=J=スミス(米)
 「バーコード頭」という髪型の特許(米国特許#4022227)を取得したことに対して。

・平和賞 井上大佑(日、大阪府)
 カラオケを発明し、人々がお互いに許容しあうための全く新しい方法を提供したことに対して。
(歌によって与える苦痛をお互いに受け入れることを指しています。ちなみに井上さんはタイム誌の『今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人』にも選ばれています)

■2005年
・物理学賞 J=メインストーンおよび故T=パーネル(豪)
 1927年に故パーネルが始めて以来、ずっと辛抱強く行われている実験に対して。
(粘度の高い黒タールをろうとに入れ、ゆっくりゆっくり垂れていく様子を観察するという実験。長年にわたる観察の結果、約9年ごとに一滴おちることが判明。実験開始からの80年間で10滴ほどが落ちたことになります)

・化学賞 E=カスラー、B=ゲッテルフィンガー(米)
  「人間はシロップの中と水の中ではどちらの方が早く泳げるのか?」という長年の科学的疑問に解を与えるため、念入りな実験を行ったことに対して。

■2006年
・鳥類学賞 A=シュワブおよび故F=R=A=メイ(米)
 なぜキツツキは(あれだけ頭を打ち付けているのに)頭痛がしないのかを研究したことに対して。
(参考:メイの主著『キツツキと頭部傷害について』)

・音響学賞 D=ハルパーン、R=ブレイク、J=ヒレンブランド(米)
なぜ人々は黒板に爪を立てる音を嫌がるのか解明するための実験を行ったことに対して。

・数学賞 N=スヴェンソン、P=バーンズ(豪)
 集合写真を撮る際に、誰も目をつぶっていない状態で写真を撮るためには、何人いる場合何枚撮れば確実か、を計算したことに対して。

・物理学賞 B=オドリ、S=ノイキルヒ(仏)
 乾いたスパゲティを曲げると、何故2つではなくそれ以上の数の破片になってしまうのか、という研究に対して。
(ほんと不思議!)

■2007年
・医学賞 B=ウィットコーム(医師)、D=メイヤー(パフォーマー)
 彼の鋭い論文、『剣を飲み込む芸とその副作用』に対して。

・言語学賞 J=B=トロバロ、N=S=ガジェス(西)
 ラットは日本語の逆さ言葉を話す人とオランダ語の逆さ言葉を話す人とを聞き分けられない場合があるという発見に対して。
(普通に話せばわかるという前提で話が進んでいます)


まさに研究者魂。


関連項目:
>>君は牛を二頭持っている
>>マーフィーの法則 [1]
>>ヘンペルのカラス
>>1=2の証明
>>ゴールデンラズベリー賞
>>世界最速の鉄道
>>おもしろ法律 [1]
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





イグノーベル賞。いやあ実にもってくだらない研究の数々ですよね~!読んでて頭が痛くなりました。それにしても犬猫語翻訳機のバウリンガルも「イグノーベル平和賞」を受賞してたんですか?これにはちょっとビックリしますたYO~!!
【2008/07/19 19:29】 - 銀四郎 #-[ 編集]
うーん、いろんな人がいろんな研究や実験をやっているってことが、よ~くわかりますね(笑)
ここで一番感心したのは2005年の物理学賞。
80年間で10滴…考えただけで気が遠くなるのです…。

【2008/08/08 00:00】 - ミッチョン #-[ 編集]
>銀四郎さん
バウリンガル実際に使ってみたいですね~。使っても多分普通のことしか言ってないんでしょうけどね~。好奇心。

>ミッチョンさん
たま~にマイナーな分野のまともな研究が受賞しているようです。全ては真面目な研究の成果なので、その学術的な価値は置いといて、まさに研究者魂といえるものだと思います。
【2008/08/25 20:19】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。