上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


ジョーク集 [3] 民族性編

■民族性ジョークの基本

アメリカ人:独善的、傲慢
イギリス人:料理が不味い、紳士気取り
イタリア人:スケベ、臆病、馬鹿
ドイツ人:権威主義、ユーモアセンスなし
日本人:金持ち、馬鹿真面目
フランス人:好色、グルメ
ポーランド人:馬鹿
ロシア人:酒好き、貧乏
イスラエル人:ドケチ




アメリカ人が言った。
「アダムとイブは経済的に非常に満ち足りた生活をしていた。
 エデンの園はアメリカにあったに違いない」

イギリス人が言った。
「アダムはリンゴの実をイブに与えている。
 こうした紳士的な振る舞いを見ても、天国はイギリスにあったと考えられる」

するとロシア人が言った。
「食べ物はリンゴしかなく、着る物もなかった。
 それでも彼らはそこが天国であることを疑わなかった。
 そんな場所、わがロシアをおいて他に考えられない!」



電球ジョーク

Q:電球を付け替えるのに何人のイギリス人が必要か
A:0人。主人が紅茶を飲んでる間、外国人の召使が取り替える

Q:電球を付け替えるのに何人のイタリア人が必要か
A:2人。男がナンパに行ってる間、彼のママンが取り替える

Q:電球を付け替えるのに何人のフランス人が必要か
A:2400万人と1人。1人が取り替え、残りはその間ストをしている

Q:電球を付け替えるのに何人のロシア人が必要か
A:11人。1人が電球を持ち、他の10人は部屋が回転して見えるようになるまでウォッカを飲む

Q:電球を付け替えるのに何人のポーランド人が必要か
A:26人。1人が電球を持ち、残りの25人が家を持ち上げてぐるぐる回す

Q:電球を付け替えるのに何人のウクライナ人が必要か
A:この国のどこに電球があるっていうんだい?

Q:電球を付け替えるのに何人のKGBが必要か
A:2人。1人が取り替え作業を行い、もう一人が機密保持のため彼を射殺する

Q:電球を付け替えるのに何人の原子力エンジニアが必要か
A:7人。1人が取り替えて、残りの6人が古い電球をどう処理すべきか1万年ほど頭を悩ませ続ける

Q:電球を付け替えるのに何人の警官が必要か
A:0人。ポリ公なんざ必要なときそこに居たためしがない



あるアメリカ人の脳に腫瘍があることが分かった。
残された手段は脳移植しかない。

担当医の説明によると、日本人の技術者の脳は 50ドル/100 g、
イギリス人の由緒ある貴族の脳は 60ドル/100 g、アメリカ人の脳はなんと 13,000ドル/100 g。

アメリカ人
「それじゃボッタクリでしょう。何でアメリカ人の脳がそんなに高いのですか?」

医者
「あなたね、100gの脳を集めるのに何人のアメリカ人がいると思ってるんですか」



「失礼ですが、牛肉が不足している問題について意見をお願いします」
このようにインタビューしたところ、

ロシア人「牛肉って何ですか?」
日本人「不足って何ですか?」
イスラエル人「問題って何ですか?」
中国人「意見って何ですか?」
アメリカ人「失礼って何ですか?」
と返ってきた。



3人で食事をする際、
日本人は予算が足りるかどうかを考え、
オランダ人は割り勘したらいくらになるかを考え、
ユダヤ人はなんとお礼を言うか考える。

(割り勘=”go Dutch”)


イギリスでも遂に車を右側通行にすることになった。
政府はどのようにしてレーンの切り替えをすべきか検討したが良い案が見つからず、
各国に知恵を拝借することにした。

数日後、返答があった。

フランス「隣人として貴国の状況に同情申し上げる。
    しかし当方ではいいアイデアが浮かばなかった」

ドイツ「我らドイツは世界でもっとも計画的な国家であるが、
   然様な前例はなく、如何とも返答しかねる」

ロシア「周知のとおり我々は移行に伴う過渡期の経験には事欠かない。
   とりあえず第一歩として、まずトラックだけを右側通行にすることを推奨したい」



イタリア軍は一週間かけて60km進軍した。
そしてイギリス軍の反撃を受けて60kmを一日で後退した。

イタリア軍の戦車には前進1速・後進6速のギアがついているらしい。



1815年、ナポレオンが流刑先のエルバ島を脱出しマルセイユ付近に上陸。
パリに向かって進軍し、再び皇帝の地位に返り咲いた。
その期間のナポレオンの動向を伝える官製新聞「ル・モニトゥール」の見出し。

「凶悪な食人鬼、巣窟より脱出」
「コルシカの鬼、ジュアン湾に上陸」
「怪物、ジァップに到着」
「虎、グルノーブルで一泊」
「簒奪者、リヨンを通過」
「暴君、首都に60里に迫る」
「皇帝、フォンテーヌブローに」
「皇帝陛下、チュイルリ宮にご帰還。臣民、歓呼で迎える」



アメリカ人が日本のスーパーで叫んだ。
「コーヒーが9ドル、サンドイッチが10ドル、アイスクリームは12ドル、ピザはなんと14ドルだ!
 アメリカの強盗はストッキングを頭に被ってるのに、日本ではちゃんと足に履いてるんだな!」



Q:ポーランド人の社会の窓が開いてるのはどんな時か
A:11まで数えなければならない時

Q:1人の子供を誘拐するするのに何人のポーランド人が必要か
A:12人。1人が子供を誘拐して、残りの11人が身代金要求の手紙を書く

Q:どうしてポーランド人夫婦は子供を4人だけしか欲しいと思わなかったのか
A:世界で生まれる子供の5人に1人は中国人だと新聞で読んだから

Q:どうやったらポーランドの戦艦を沈めることができるか
A:水の中に入れる

Q:もっとも頭の悪いロシア人がポーランドに移住するとどうなるか
A:両国の平均IQが上昇する



イギリス料理の作り方

(1)鱈とジャガイモを茹でる
(2)1にケチャップをかけ、よく噛んで食べる
(3)2を皿の上に勢いよく嘔吐する



アイオワのコヨーテについて聞いたかい?
自分の足を3本も噛み切ったけど、まだ罠に掛かったままだったそうな。

アイオワのアイスホッケーチームについて聞いたかい?
春季練習中、全員溺れちまったんだと。

アイオワでは何故911をかけないのか?
11のボタンが見つからないから。

アイオワジョークはなぜ短いのか?
長すぎるとミネソタ人が覚えられないから。



アメリカには二種類の人間がいる。

世界はアメリカを中心に回っていると思っている奴と、
アメリカだけが世界だと思っている奴。



ある男がバーに入り、バーテンに言った。
「ポーランド人についてのとっておきのジョークを仕入れたんだ。聞きたいかい」
バーテンは言った。
「いいか、まずおれはポーランド人だ。おまえの横、そいつもポーランド人だ。
 あそこのドアのところにいるボクサーも、こっちでおまえを睨んでる奴もポーランド人だ」
男は周りを一瞥してから言った。
「オーケイわかった。みんなわかるようにゆっくり喋ってやるからな」



カトリック、プロテスタント、ユダヤ教徒の三人の若い軍人が
ポーカー賭博の疑いで軍法会議にかけられた。

カトリック「マリア様に誓って賭け事などやってません!」
プロテスタント「マルチン=ルターに誓ってポーカーなどやっておりません!」
ユダヤ教徒「私一人でポーカーをできるはずありません」



イギリス人、フランス人、アメリカ人、イラク人の乗った飛行機がエンジントラブルを起こした。
荷物は全て捨てたがそれでも高度はどんどん下がっていく。
機長が「何人か飛び降りないと無理です!」と言った。

すると、まずイギリス人が立ち上がり、
「女王陛下の栄光のために!」と言って飛び降りた。
それを見てフランス人が、
「イギリス野郎に負けてられるか!」と言って飛び降りていった。
最後にイラク人が、
「イラクの未来のために!」とアメリカ人を放り捨てた。



イスラエルで祭りがあった。
国民はそれぞれ皮袋いっぱいのぶどう酒を持ち寄り、一つの大きな樽に入れることになった。
祭りが始まり、ぶどう酒を飲むため各人は大きな盃を持って列に並んだ。
そして最初の一人が樽をのぞきこむと、全部水だった。



もしも、明日世界が滅亡するなら

会社に行って仕事を明日までに終わらせる日本人
最後のベットを共にする女性を探すイタリヤ人
明日までに新技術を開発して滅亡を防ごうとするドイツ人
明日の午後のティータイムに呼ぶ人を考えるイギリス人
軍事力で何とかしようとするアメリカ人
世界の終焉を芸術にしようとするフランス人
どれだけウオッカを飲んでも二日酔いにならないと喜ぶロシア人




ジョーク集 [1] [2] [3]
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





アイルランドが大好きなボクとしては、

アイルランド人:頑固、酒飲み、訛りがきつい

も加えてほしいです。笑
【2009/04/01 00:25】 - Japanesekeane #tHX44QXM[ 編集]
いつも読ませてもらってます。
なかなか更新されないので、何かあったのかと心配しましたよ(^_^)v

【2009/04/02 02:19】 - うっちー #xEbBP1EA[ 編集]
やっぱりジョーク集面白いですね♪
脳移植のとこですでに激爆。
でも、民族性ジョークの基本にある『日本人:金持ち、馬鹿真面目』は、だんだん当てはまらなくなってきてる…と、思ってしまいました~(▽*)
【2009/04/05 19:37】 - ミッチョン #00J7NHAA[ 編集]
>Japanesekeaneさん
アイルランド人ジョークもたくさんありますよね。
扱いがあまりにも酷いのですが。


>うっちーさん
気長にお待ちください。


>ミッチョンさん
結構古い時代のイメージですからねー。
ただ、新しい日本を発信しないせいで、いまだに「日本人は着物にちょんまげ」と真面目に信じている人がいる時代です。ステレオタイプを自ら作り上げるあたりに日本人の創造性のなさを感じます。
【2009/04/23 23:25】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/02/05 10:36】 - - #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。