上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「Oパーツ:アンティキティラ島の機械」

アンティキティラ島の機械の使い方がわかったそうです。
今日は、この機械がなぜ「場違いな遺物(オーパーツ)」と呼ばれるのか。その理由をご紹介したいと思います。

この「機械」は1902年、ギリシャのアンティキティラ島沖水深40mの海底に沈む難破船で発見されました。
引き上げられた青銅製の4つの歯車は紀元前150~100年ごろに作られたと見られ、古代ギリシャ文字で暦や星座名が刻まれていました。

発見された歯車


しかし部品は断片的にしか見つからず、文字や数字も判別不能のものが多かったため、何のためにどうやって使われていたのかは長らく不明でした。

1973年になってX線による調査が行われました。
その結果、歯車の中には32枚の小さな歯車が組み込まれていることが発見されたのです。

しかも、発見された歯車は600年後に造られたものより遥かに優れた精度を持っていました。高度な数学と機械工学に基づいて作られる現代の歯車に匹敵するほどの出来だったといいます。

さらに、差動歯車機構という技術が使われていることもわかりました。
これは作動する部品に力を割り振ったり、動作の差を利用して回転数や回転速度を調節する技術です。
不思議なことに、この機構は1575年にドイツで造られた天文時計で初めて使われたと言われています。

そのうえ。
発見された差動機構の歯車の回転比を計算したところ、
「天動説における地球を中心とした太陽と月の公転比」=「19:235」
となっていることがわかったのです。

「太陽が地球の周りを19周すると月は地球の周りを235周する」
古代ギリシャの人々が高度な天文学的な知識を持っていたことがわかります。

アンティキティラ島の機械が天体観測装置であることは73年の調査でわかりました。しかし、どのようにして使うのかは謎とされてきました。

ごく最近の2004年に行われた調査でイギリスチームがついにその謎を解くことに成功しました。X線やコンピューターを使って数枚の歯車を復元したところ、古代バビロニアで開発されていた月と太陽の運行計算式をもとに月食と日食を予測する機械であることがわかったのです。

このバビロニアの天体運行計算式も紀元前1700年には考え出されていたそうです。いかに古代文明で天文学が発達していたかわかります。
それと同時に、アンティキティラ島の機械にはさまざまな「場違いな」技術が使われていることがわかったのです。

Oパーツは古代文明の技術の高さと、それらがどこかに消えてしまった不思議について考えさせてくれます。

「アンティキティラの機械」(復元品)
アンティキティラ島の機械

追記:アンテキティラの機械と似たもので「ビザンチームの日時計暦」というのもあります。

↓この記事がおもしろいと思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>LUCA
>>シュレディンガーの猫
>>世界最速のコンピューター
>>世界最速の鉄道
>>ガンダム00
>>世界最大の自走式機械
>>ルルドの泉
>>モンティ・ホール問題
>>ブロッケン現象
>>世界最速の鉄道
>>おもしろ自動販売機 [1] [2]
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





1902の発見以来、約100年かけて
このOパーツの解明ができたって
いうのも現代文明がすれば古代文明が
計り知れないものだったと思われますね(・∀・)チゴイネ!

まだまだ解明されてないOパーツ
不思議だらけですね!!
【2007/12/01 17:29】 - 俵-YA!! #Ouk1KsT2[ 編集]
古代文明おそるべし。。。
昨日プラネタリウムに行ってみて、
天文学に興味をもったばかりでした。

この記事を読むと紀元前の人類が
同じ空を見上げて、すごい規則性を発見して、さらにそれを測る機械まで作ってしまうなんて驚かずにはいられません。
【2007/12/01 17:29】 - ハミパン #Ouk1KsT2[ 編集]
>俵-YA!!さん
Oパーツ興味深いです◎◎
歴史を学ぶものとしては是非解明してほしいのですが、ミステリー好きとしては残っててくれたほうが嬉しい。
複雑な気分です。

>ハミパンさん
昔の人たちは何世代もかけて天体の法則性についての知識を蓄積していったそうですe-332e-420星の動きは最も大きな神秘の一つだったのかとe-75
星は眺めてるだけでお話が作れるので好きです。
【2007/12/01 17:30】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
ヨーロッパは、民族大移動のあたりで一度 文化の断絶があって、知識水準が退化している面が多々ありますよね。例えば、ヘレニズム時代のプトレマイオス朝エジプトではエラトステネスが地球球体説を前提に地球の円周をわずかな誤差で算出していたのに、中世では、地球円盤説というか、もう地図だか何だかすら判らないTO図に逆戻りしていたり…。数学・天文学・医学などの自然科学は中世ヨーロッパよりギリシャ・ローマ時代のほうが よっぽどレベルが高かったと思います。
でも確かに、文明の断絶があって 先人の知識の伝承が社会から途絶えたら…、私も、混乱収束後の世界で再び 石油からプラスチックを作り出したり地球の裏側と瞬時に連絡をとる電信装置の基盤を組み立てたりする技術を後世に伝えていくなんてなんて、到底 出来ないと思います。
【2008/03/06 09:26】 - ユマ #ZWpFUC8A[ 編集]
>ユマさん
私の専攻は近現代史なので少し守備範囲とはずれがあるのですが、Oパーツに代表される遺物の中には、昔の人々が非常に高度な知識を持っていたことを示すモノが含まれているように感じます。
ただし、当時の知的水準がいかに高くても、その知識は理論と実証に基づく現代的な学問体系の上に成立していたわけではなく、地道な観察と長い間の経験により理論と同じ結果を導き出していたのではないか、と私は感じています。代表的なところでは星の位置に基づく農業などでしょうか。シリウスが空のこの位置にくれば種を蒔く、この星座がここにあれば洪水の季節、などなど。当時の人々は何故星がそこにあるように見えるのかなどは知らず、また知る術もなかったため、たとえ現代と変わらぬ天文学に関する高度な知識を持っていたとしても、その意味合いには大きな差があるように思うのです。
またちょうどユマさんがおっしゃったように、中世のキリスト教的世界観が古代からあった『純粋な』観察に基づく天文学を歪めてしまったように、人類の営みには数々の『分断』が観察されています。昔の文明を作った人々は、『どこから来て、どこへ行』ったのか。いまとなっては確かめることの出来ないことも多い、不思議だらけの話だと思います。
【2008/03/24 15:40】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。