上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「世界最大のクロスワードパズルは64371語」

2005年2月28日付 IOLニュース
「ロシアのカップルが64371語からなる世界最大のクロスワードパズルを完成させた模様。このパズルの作成者はボリソグレブスク在住のスヴェトラーナさんとセムヨン・ベリャーエフさん。『今までのギネス記録を1000語以上は更新した』とスヴェトラーナさんは言う。『作成に2人掛で7年もの歳月を費やしたこのパズル。全部解くには2年以上かかるだろう』」

そんな面倒な問題誰も解かないだろうから、適当に作ってもわからないのでは。

以前のギネス記録はカナダの男性が作成した82951文字、大きさ3.55m2の問題。ヨコのカギが12489個、タテのカギが13125個あるそうです。単純な正方形と考えると一辺1.88m、ちょうど2畳分の大きさになります。

クロスワード


ちなみに、日本に初めてクロスワードが紹介されたのは1924年のことです。翌1925年には『サンデー毎日』に「新智識遊戯“嵌め字”」としてオリジナルのクロスワードが登場しています。

クロスワードの訳語としては他にも「十字判断」「十字語合わせ」「十字語謎」「十字嵌め字謎解き」などがあり、翻訳に苦労していた様子が伺えます。

広辞苑第五版には23万語の単語、約1400万文字が掲載されています。日本語で作ったらここらへんが限界になるのでしょうか。
64000語で7年かかったそうなので、広辞苑の単語を全て使ったら作成に25年、解くのに7年、大きさは600m2=畳340枚分という壮大なアートが出来上がります。一辺約25m四方です。

近年のスパコン並みに場所を取るクロスワードパズル。
いつか挑戦する猛者が現れることを祈ります。
参照:>>世界最速のコンピューター

↓クロスワードを作るのも楽じゃない、と思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>世界最大のダイヤモンド
>>ゾウを冷蔵庫に入れる方法
>>モンティ・ホール問題
>>三人の殺し屋問題
>>経済学的思考
>>1秒
>>だまし絵 [1] [2] [3] [4]
>>おもしろ法律 [1] [2] [3]
>>風で動くアート
>>世界最大の自走式機械
>>ゴールデンラズベリー賞
>>バレンタインデー中止のお知らせ
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





クロスワードパズル好きですが、ものすごすぎる…。作る方もすごいけど、もしもいつかこれを解いた人が現れたら、ものすご~く尊敬してしまいそうです。もちろん解く側のギネス記録になりますよね。
そしてそれを正解かどうかの確認にまた何年かかけたりして…。(頭がウニウニになってきた←ややこしいことは考えられない)
【2007/04/09 23:52】 - ミッチョン #-[ 編集]
『作成に2人掛で7年もの歳月を費やしたこのパズル。全部解くには2年以上かかるだろう』」

って作った本人達は全ての答え埋めれるでしょうか( ・ω・)モニュ?
【2007/04/10 22:25】 - 俵‐YA!! #-[ 編集]
>ミッチョンさん
>解いたほうもギネス記録
そういやそうですよね(^^;)
解くことを前提に作られてる気がしなかったので、全然考えてませんでした 笑

>俵-YA!!さん
7年も同じ問題に向き合ってたらいやでも暗記できる気がします(*´∀`*)
というか頭から離れなくなるかも。。。
【2007/04/11 15:08】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
「十字嵌め字謎解き」って笑えますねw
たしかに日本語訳は難しいな・・・。
私なら「単語交差嵌め」とかにするかな・・なんて考えてしまいました。
【2007/12/01 17:38】 - ハミパン #Ouk1KsT2[ 編集]
>ハミパンさん
「十字~」って格闘技の絞め技にありそうだなぁ、と。
「嵌め」に頼らず和訳しようとしたのですが、「嵌」が頭から離れなくて挫折しました。
【2007/12/01 17:39】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。