上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「分子を組み立てるウイルスの性質を使って高性能電池が開発された」

電池の基本的な性能は使用する電解質電極によって決定されます。

同じ電解質を使って酸化還元反応を起こす場合、電極の表面積が大きい方がより多くのエネルギーを蓄える=高エネルギー密度化する事ができます。
そのため電極として使用可能なナノチューブの開発が重要になってきます。

先日、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、遺伝子操作したウイルスを利用する事で従来よりも薄く、大容量の高性能電池の作成に成功したと発表しました。

研究チームによると、電極になる酸化コバルトと金をタンパク質のコートに引きつけるようウイルスの遺伝子を操作。ウイルスが電力を通すワイヤーに沿って並ぶよう誘導した。

その結果、直径6ナノメートル(=0.000006mm)というきわめて薄いナノワイヤーの作成に成功したそうです。

また作成された酸化コバルトと金の極細ワイヤーを電極に使用したところ、従来の2~3倍の容量を持つリチウムイオン電池が出来ました。

ナノワイヤーを作成するには高温高圧状態を作り出すための大掛かりな施設が必要になります。新しい方法ではその必要がありません。しかも一度遺伝子操作したウイルスを作ってしまえば、あとは増殖させるだけでナノチューブ作成の道具が手に入る事になり、製造コストも抑えられるそうです。

「Made by Virus」のロゴが入った電池がブランドになる日が来るかもしれません。

関連項目:
>>シュレディンガーの猫
>>ムーアの法則
>>世界最速のコンピューター
>>世界最古の計算機
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。