上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


世界三大奇虫も残すところウデムシのみとなりました。
参照:>>世界三大奇虫 ヒヨケムシ編
    >>世界三大奇虫 ビネガロン編

ウデムシ Amblypygi
ウデムシ
分類:節足動物門鋏角亜門クモ綱ウデムシ科
生息地:熱帯、亜熱帯地方
別称:Tailless whip scorpions(尾無しサソリモドキ)、カニムシモドキ

世界で約130種確認されているクモの仲間。小さいもので体長5mm、大きいものは4cmを超える。特徴は名前の通り非常に大きなウデ(触肢)と体長の2倍以上に達する長い脚。手足が長いため体長以上にかなり大きく見える。
触肢は鎌状に大きく張り出していて、内側には鋭い歯が並んでいる。肉食性で、主に小さな昆虫を餌とする。ビネガロンと同じく触角のように見えるのは長い前脚である。前脚の第一対は触覚として体の前方に出して使い、獲物を探し出すと長い触肢で捕らえて強力な鋏角(アゴ)で砕いて食べる。歩行用の脚は後ろの3対で、横歩きしているのが見られる。

Cricket Hunt(コオロギ狩り)

前足を触角のように使っているのがわかります。

ウデムシやビネガロンはただの獰猛な生き物ではなく、節足動物の中では数少ない社会的な行動を取る種類だと言われています。母親は卵を孵化するまで腹に抱え、産まれた子どもたちを背中に乗せて大きくなるまで育てる、という研究結果も出ています。また、雄同士をケージなどに一緒に入れておくとグループを作って行動するようになるそうです。

日本語版Wikipediaには「ビネガロン(サソリモドキ)は共食いするから常に1匹で行動する」って書いてあった気がするのですが、、、英語圏のビネガロンはもっと社交的なんでしょうか。

>>訂正<<
前回ビネガロンのところに載せていた動画はウデムシの映像でした。Taillessを見落としていたため、Whip Scorpionと同一視していました。訂正します。
Tailless Whip Scorpion=ウデムシ


追記:いままで世界三大奇虫として取り上げておいてなんなのですが、どうやらこの言葉はかなり最近出来たものらしいです。世間一般に広がる日まで待ちましょう。

↓動画のウデムシが意外と可愛かったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>世界三大奇虫 ヒヨケムシ編
>>世界三大奇虫 ビネガロン編
>>世界一脚の数が多い生き物
>>世界最長の生き物
>>トゲアリトゲナシトゲトゲ
>>ペンギン将棋倒し
>>猫のオスカーのある一日
>>LUCA
>>アノマロカリス
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





相変わらず見た目はグロテスクで、前の写真が間違ってたと言われても、確認できましぇ~ン!
それにしても社会的な行動するんですか?う~ん、見た目の割りには、けっこうまとも?な輩なんですネ~~!!
【2007/04/26 21:37】 - 銀四郎 #-[ 編集]
>銀四郎さん
社会的な行動ってことは群れ作るってことですからね~。
実は群れになってる画像もあったのですが、「癒し」という方向性と異なるため却下しました(´u`。)
【2007/04/27 00:29】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。