上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


半導体技術はものすごい速さで進化しています。その成長の速さに関して「ムーアの法則」という有名な予言があります。

「(同一面積の)集積回路上のトランジスタ数は18~24ヶ月ごとに倍になる」
これがムーアの法則のうち、一番有名なものです。
Intelの共同創業者であるゴードン・ムーアが提唱したとされる経験則です。トランジスタの性能が同じだとすると、18ヶ月で記憶容量は倍になる計算になります。

「法則」とは銘うっていますが科学的根拠があるわけではなく、ムーア氏が経験的に述べた予言にすぎません。しかし現在までのところ、この予言はほぼ現実に適合しています。

この予言は半導体産業の激烈な技術革新を牽引するインセンティブとして機能してきました。ある意味では自己実現的な予言だったといえます。

いままで半導体産業の目標として貢献してきたムーアの法則ですが、この予言には寿命があるといわれています。詰め込むトランジスタの数が指数関数的に増加していけば、どんなにチップを小さくしても追いつかなくなります。いずれはトランジスタの大きさが原子レベルにまで達し、それ以上の細分化は不可能になるためです。ムーアの法則にしたがってトランジスタの微細化が進めば、2020年頃には大きさが原子レベルに達します。このあたりがムーアの法則の限界だといわれてきました。

Moore`s Law
ムーアの法則

より小さいトランジスタを開発するために、現行のエレクトロニクスからナノテクノロジーへの乗換えが進むだろう、といわれています。

続きます
>>ムーアの法則 2
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。