上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


前回の記事
>>Organ2/ASLSP

前回までの楽曲は演奏時間の単位が「日」でした。
しかし長い曲TOP3ともなるとスケールが違います。

第3位はアルネ・ノールヘイムの「スカンジナビア館のテーマ曲」で総演奏時間は102年。1970年の大阪万博のときに作られた曲で、テープによるループ音楽です。
参考:日本万国博覧会 スカンジナビア館パンフレット

演奏時間が一気に「年」まで来ました。
ここまでくると、
「全部聞けやしないのになぜにそんな曲を作った?」
という非常に素朴な疑問が浮かびます。
でもまだあと2つあります。

第2位はカールハインツ・シュトックハウゼンの「336年」(仮題)。演奏時間はお察しの通り、336年です。
また出ました、シュトックハウゼン。前回書いた演奏時間の長い曲第5位「光」(28時間)の作者です。作品番号がつけられていない曲でもあります。

ベスト5のうちシュトックハウゼンが2つを占めたのですが、第1位は2~4位を合計したよりも遥かに長い楽曲です。

演奏時間の長い曲、栄えある第1位はジョン・ケージOrgan2/ASLSP」です。
ASLSP = As SLow aS Possible = 「可能な限りゆっくりと」
その名前に恥じぬ演奏時間は、なんと639年

当初は1985年にピアノ曲として作曲され、1987年にオルガン曲に編曲されました。ケージ氏自身は80分以内でも演奏可能(通常演奏で20分)な楽曲として作ったそうです。

作曲者が没した後、2001年9月5日からドイツ、ハルバーシュタットのブキャルディ廃教会で演奏が開始されました。総演奏時間639年というのは、この教会にあるオルガンが1361年に完成してからの年数をもとに算出したそうです。

電気と機械のパイプによって演奏され、2001年から2640年まで続けられる予定です。
つまり現在も延々と演奏されています。
↓総演奏時間639年になる楽譜の表記はこんな感じです

楽譜に「2006年まで」とかいう表現があるの初めて見ました。

お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、最初に登場する音符は2003年2月2日の「ソ#,シ,ソ#」というコードです。演奏開始は2001年9月5日なので、ちょうど1年半ほどは無音パートなわけです。
どうしてって聞かれても、そう楽譜に書いてあるから仕方ないです。

2001年9月5日の無音パートに始まり、2003年2月2日に最初のコードを演奏。2004年7月5日に1オクターブ下のミが追加され、2006年5月5日まで続いたあとパイプの取替えにより第2のコード「シ、ド、ファ#」に進行しました。
次に音が変わるのは2008年7月5日の予定です。

Organ2/ASLSP公式ページの右上には残り演奏時間が秒単位で表示されています。
⇒http://www.john-cage.halberstadt.de/new/index.php

残り約200億秒といったところでしょうか。
参照:>>1秒

Organ2/ASLSPを賃金労働者が639年かけて演奏した場合、日本における最低賃金の全国加重平均である時給673円(2007年度)で計算すると、1人あたり37億6721万円かかります。これが高いか安いかは判断の分かれるところです。
ちなみにルクセンブルクならおよそ倍の70億円超。
ビル・ゲイツ(時給1250万円)にやらせた場合だと、総支払賃金は699兆7050億円になります。所得税だけで280兆円=日本の国家予算の3.5年分。税収確保のためにビル争奪戦が各州間で勃発するのは必至です。
参照:>>2007年度世界長者番付

ASLSPの演奏のコンセプトは「変化の早い現代社会における平静と緩慢な時の流れの再発見」だそうです。

哲学的ですなぁ。という感想しか出てきません。
この演奏は誰でも聴きに行くことが出来ます。演奏途中での入退室自由です。時間に余裕がある方は一度鑑賞してみてはいかがでしょうか。


追記:ここにあげたのは「終わりの定められている曲の中で」最も長いものです。
他にもヨハン・シュトラウス2世の「常動曲」などは最後の小節と最初の小節が繋がっているため、指揮者がやめる気になるまで何回でも繰り返して演奏することが出来るそうです。そんな殺生な。

↓Organ2/ASLSPの略し方がおかしい、と思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>1秒
>>日本一長い名前の植物
>>大きすぎて絶対に書き表せない数
>>長いタイトルの本
>>世界最長の生き物
>>共感覚
>>プチプチをつぶす心理
>>風で動くアート
>>芸術の価値
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





いや~この世界はついて行けないなぁという感想です。
でも真面目に取り組んでいる人がいるんですね。
【2007/05/15 21:14】 - ミッチョン #-[ 編集]
>ミッチョンさん
音楽でも美術でも、学問として追求していくと一般人の感覚からどんどん乖離してしまう傾向があるように思います。
現代芸術よりも古典のほうがわかりやすいです。
【2007/05/18 08:57】 - まぁくつ #-[ 編集]
1日8時間っていう労働基準法の規定は適用されるのでしょうか??
演奏でお金もらってたら労働なのかな。。

こういう発想ができるまぁつく君!!
君ってサスガ。。。

チョット社労の仕事したことあるから一言
http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/065.htm

詳しい事は勉強②
【2007/05/21 23:11】 - 俵-YA!! #-[ 編集]
>俵-YA!!さん
社会保険労務士のお仕事をなさっていたのですかv-74
専門にしている方がいるとも知らず、ノリで書いてしまいました。
労働条件の変遷とかも経済史のなかで学んでいけたら、と思っています。
【2007/05/22 14:19】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。