上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


「最初の生命 LUCA」

とはいっても哲学や宗教における創生談話とかではないのでご了承ください。

生命がどのようにして誕生したかお話しするには、何が生物非生物を分けるのか決めなければなりません。
その線引きとなる基準として、
『時間が経てば壊れてしまうのがモノ(=非生物)
 時間が経てば壊れるが、その前に増えるので、
 見かけ上壊れないように見えるのが生物』
という考え方が「生命の起源および進化学会」では定義されています。
わかったようなわからないような。

ただ1つ言えるのは、普通の物質と命を持つ生物の間には非常に大きな隔たりがあるということです。当たり前のことかもしれませんが、大事なことです。
地球が誕生したのが46億年前。
最初の生物が誕生したのが40億年前。
モノが生命になるには6億年ほどかかったことになります(地球外から飛来した説などを考慮しなければ)。

ただの物質である細胞が、生命として活動するようになる。
これが生命の誕生だと考えられています。

生命誕生に最も大きな役割を果たしたのは、自己複製と代謝という能力の獲得だと考えられています。
細胞が自分を増やす能力と、複製に必要なエネルギーを自ら生み出せるようになれば、それはもう生命として活動していると言えるでしょう。

自己複製を行うにはDNAが必要です。
しかし、DNA単体では最初の生命とは言えません。
DNAは複製に必要な設計図であり、それ自身では複製という化学反応を促進する機能を持っていないからです。

化学反応を促進するにはたんぱく質が必要になります。
しかし、たんぱく質だけでも最初の生命とは言えません。
たんぱく質は化学反応を促進することは出来ても、それ自身では自己複製する機能を持っていないからです。

そして問題なのが、DNAもたんぱく質もそれ単独では出現しえない物質だということです。
まさにニワトリと卵の関係です。

しかし、確かに最初の生命は誕生しました。

続きます
>>LUCA 2

追記:「最初の細胞」
 長い時間をかけて、少しずつ無機物から有機物が合成されていきました。有機物の分子は、親水性の部分と疎水性の部分を両方持ち合わせていることがあります。詳細は省きますが、それらは水中に放置すると親水部を外側にして球体を形成します。これが原始の細胞です。
…………………………………………………………………………………………



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。