上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


高松塚古墳の石室解体作業が大詰めを迎えています。
劣化の進む遺跡を保護するため、壁を切り取って保存するそうです。神経を使う作業、ご苦労様です。

高松塚古墳は7世紀末から8世紀初めにかけて作られたと考えられています。被葬者については諸説ありますが、美しい極彩色壁画や造りの精巧さから、かなりの権力者の墓であることがわかります。

石室の壁には有名な女子群像に加え、四方にそれぞれ四神=四象が描かれています。また天井には精密な星宿図(天体図)が見つかりました。

今日は壁に描かれている四神についてのお話です。

四神とは青龍、朱雀、白虎、玄武の事を指します。それぞれ天の4つの方角を司る神獣で、他にも季節や色などを象徴しています。代表的な考え方は以下の通り。

青龍:春、東、青
朱雀:夏、南、赤(朱)
白虎:秋、西、白
玄武:冬、北、黒(玄)

四神図
四神図
昔の中国や日本に住んでいた人々は、四神に基づいた世界観を持っていました。その考え方は現在にも姿を残しています。

例えば「青春」という言葉。青龍が表す春と青を使い、人の若年期を指しています。対応するものとしては壮年期を表す「朱夏(しゅか)」、熟年期の「白秋(はくしゅう)」、老年期の「玄冬(げんとう)」などがあります。それぞれ四象の概念から人生を四季に例えた言葉です。

また、熟達した技を持つ人を指して「玄人」、逆に経験が浅い人のことを「青二才」などと呼ぶのも四象に由来しています。

四神の名を冠した事物で一番有名なのはおそらく白虎隊でしょう。戊辰戦争の際に会津藩で組織された、15~17歳の武家の青年から成る部隊です。新政府軍との戦闘に動員され、会津若松城が落城したという誤報により20名余りが自刃したことで有名です(落城が誤解だったというのは有名ではないでしょうか?)。

後に白虎隊は若者達が非業の死を遂げた哀話として有名になります。しかしその名前に白虎とあるように、他にも朱雀隊(18~35歳)、青龍隊(36~49歳)、玄武隊(50歳以上)がありました。
お気づきの方もおられるでしょうが、四神と照らし合わせた場合、隊員の年齢層と部隊の名前が合致していません。会津藩は何を考えていたのでしょうか。(玄武には「春を準備する」=幼年期という意味があるともされていますが、それでも並び方はおかしい)

四神の名前がついている物事は、元来4つで1セットとして作られたものがほとんどです。「朱雀門や青龍刀は知ってるけど、玄武大路や白虎槍なんて聞いたことない!」と思われるかもしれません。しかしこれらは時とともに残りの3つが忘れ去られた結果だと考えられます。白虎隊の件しかりです。
あ、でも青龍偃月刀は柄の部分に青龍が描かれてただけだから、別に4つで1絡げじゃないのかもしれんです。

兎に角、私は玄武が一番好きです。おそらく少数派です。
独創的な姿の中にも、どこか色気を感じます。
今度玄武はなぜあんな姿になったのか書いてみたいと思います。


追記:高松塚古墳は1972年に発見されました。村の人がショウガを貯蔵するために穴を掘ったところ、古い石が出てきたことがきっかけになったそうです。人生何があるかわからんもんです。

↓この記事がおもしろいと思ったら↓
e_02.gif 

関連項目:
>>テセウスの船
>>だまし絵 [1] [2] [3] [4]
>>世界最古の計算機
>>南極
>>世界最大落差の滝
>>ルルドの泉
>>おもしろ自動販売機 [1] [2]
スポンサーサイト
…………………………………………………………………………………………





四神についてはマンガでその存在を知ったぐらいでよその国の神様だと思っていたので、高松塚古墳の壁に描かれていたと知って(しかもつい最近まで知らなかったですが)驚きました。ちゃんと日本に伝わっていて、生活の中に浸透していたんですね。
白虎隊の話は知っていましたが、他の隊もあるなんて考え付かなかったです。
そうか…青龍、朱雀、白虎、玄武の白虎隊だったのか…。四神のこともあまり知らなかったので単独のものだと思っていました。だから私の頭の中では白虎=幼いになっていましたね。(会津藩ホントに何考えてたんでしょう?)

ショウガを貯蔵するために掘ったら古墳が出てきたってのも、ホントにすごい話です。どっか掘ってみたくなったりして…
【2007/06/09 23:55】 - ミッチョン #-[ 編集]
今日の記事とは関係ないですけど・・・

過去記事の南極の話。
役に立ちました!!ありがとう!

リンクさせましたんで、駄目な時は言ってください。
http://kiyotoyuki.blog52.fc2.com/blog-entry-239.html
【2007/06/10 10:45】 - 俵-YA!! #-[ 編集]
>ミッチョンさん
私は「ふ〇ぎ遊戯」とかで読みましたe-284e-267
はい、少女マンガですがe-201e-330
古くからの考え方は、意外と身近に根付いているようです。
例えば京都とかは八卦の考えに基づいているのですが、そのなかにも四象は垣間見れます(かつての朱雀門とか)。
それにしても朱雀と青龍、白虎に比べて、玄武は華やかさに欠けるように思います。一番有名なのでも「玄武岩」ですからe-42

>俵-YA!!さん
ウチの記事を使っていただき、ありがとうございますe-420
これからも、役に立つと言って頂けるような記事を書いていきたいと思います。
【2007/06/12 12:54】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]
テレビゲームの方向から四神の存在を知りました。北が玄武、南が朱雀、東が青龍、西が白虎。深く知ったのは少女マンガですが。
【2007/06/13 13:39】 - ハム好きM #-[ 編集]
>ハム好きMさん
私も少女マンガから入りましたe-249
四象や風水の世界を知ると同時に、少女マンガの面白さにも目覚めるきっかけとなりました。。ふ〇ぎ遊戯e-388
若いときに何でも読んでおくものですねe-388
【2007/06/15 01:17】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。