上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…………………………………………………………………………………………


人は、鏡を覗き込むとそこに自分の像が写ることを知っています。これは成長する過程で経験的に学習されたもので、全ての人にかなり強固に根付いています。

鏡に写る像が自分だと認識する能力は、ヒトなどの大型霊長類やイルカだけが持つ特殊な能力だと考えられてきました。ところが最近になってゾウも自分の像を理解することが判明しました。

実験に参加したのはニューヨーク市のブロンクス動物園で飼育されているメスのアジアゾウ3頭。実験ではそれぞれ目の上の部分に白いペンキで「×」を描き、2.5m四方の鏡を用意して行動を観察しました。

その結果、そのうちの1頭・ハッピーが鏡に映った自分を見て、ペンキで描かれた×印を繰り返し鼻で触る行動を示しました。

他の2頭もマークに触ることはありませんでしたが、鏡を見ながら自分の口の中を調べるなど、鏡に映っている自分を認識している様子を見せたそうです。

これで自己認識能力を持つことが確認されたのはヒト、オランウータン、チンパンジー、イルカ、ゾウの5種類になったそうです。
コーランを朗読する少年の前で膝を折る象
グレゴリー・コルベール「コーランを朗読する少年の前で膝を折るゾウ」

昔からゾウは高い精神活動を行う生き物として知られていました。上の写真でも、少年との間に何らかの心の交流があるように感じます。今回の実験で改めてゾウの能力の高さが証明されたのだと思います。ハッピーちゃんはいまでも鏡の前でおめかしをしているのでしょうか。

次回は人間の自己認識の形成について書こうと思っています。今回はその前フリということで、「ゾウって賢いなぁ」ということを書いてみました。
参照:>>自己認識


追記:ゾウはあの長い鼻を非常に巧みに使うことができます。水を飲むのもエサを食べるのも、全て鼻を器用に動かして自在にこなします。以前見た番組ではりんご、ピーナッツ、果ては豆腐までもを上手に口に運んでいました。つかめること以上にゾウが豆腐を食べることが驚きでした。
ちなみに、ゾウも子どもの頃はあの長い鼻を持て余すそうです。一人前に使えるようになるには6年ほど修行を積む必要があるとか。遊んでるうちに自分の鼻が絡まってしまった子ゾウの写真を見たことがあるのですが、あの後どうしたのでしょうか。ご存知の方がいらしたら是非教えてください。

関連子目:
>>心の理論
>>ゾウを冷蔵庫に入れる方法
>>A10神経
>>リスとどんぐり
>>大きくなると縮むカエル
>>ヘンペルのカラス
…………………………………………………………………………………………





象が自分の像を認識するとは知りませんでした。
他にも分かってるだけで結構いるんですね!
鏡に映った姿を見て、どう思うのか?

鏡については最近、自分の娘も見てますが
認識はまだまだのようです。

【2007/08/01 12:41】 - 俵-YA!! #-[ 編集]
>俵-YA!!さん
子どもの自己認識の形勢については、
ちょうど次の記事で書いたところですe-420
ぜひ参考にして、抱きしめてあげてくださいe-415
【2007/08/02 17:09】 - まぁくつ #Ouk1KsT2[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Powerd by ratato
Copyright © 2016 知らなくても生きていける雑学がならぶブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。